レークセーノール

ウィキメディアの曖昧さ回避ページ

レークセーノール古希: Ῥηξήνωρ, Rhēxēnōr)は、ギリシア神話の人物である。長母音を省略してレクセノルとも表記される。主に、

が知られている。以下に説明する。

カルキオペーの父編集

このレークセーノールは、アテーナイアイゲウスの妻カルキオペーの父[1]

ナウシトオスの子編集

このレークセーノールは、パイアーケス人の王ナウシトオスの子で、アルキノオスと兄弟。1女アレーテーの父。レークセーノールは結婚して間もなく、アポローンの矢に当り、若くして世を去った。残された娘のアレーテーはアルキノオスと結婚した[2]

ディオメーデースの部下編集

このレークセーノールは、アルゴスの王ディオメーデースの部下の1人である。オウィディウスの『変身物語』によると、トロイア戦争後、アプロディーテーを怒らせたアクモーンや、それ以外のディオメーデースの部下リュコス、イーダース、ニュクテウスとともに白鳥によく似た鳥に変身した[3]

脚注編集

  1. ^ アポロドーロス、3巻15・6。
  2. ^ 『オデュッセイアー』7巻63行-66行。
  3. ^ オウィディウス『変身物語』14巻504行-509行。

参考文献編集