レール7

レール7』(レールセブン)は、1985年4月から1991年3月までテレビ東京で放送されたテレビ番組である。

目次

概要編集

1985年3月までテレビ朝日で放送されていた『みどりの窓口』を、テレビ東京に移したものである。番組開始当初は日本国有鉄道(国鉄)提供、国鉄分割民営化により1987年4月1日からは東日本旅客鉄道(JR東日本)提供であった。

番組内容編集

鉄道ファンにとっては内容が簡潔なものであったが、鉄道ファン以外にはさほど詳細な知識は必要なく、鉄道自体に親しみを持ってもらう方策としては一定の役割は果たしていたといえる。

月 - 金曜
月曜から金曜には、鉄道に関する情報や、鉄道旅行などを取り上げていた。
曜日別特集の内容は、およそ7分程度と短い時間ながらも、要点がコンパクトにまとめられていた。鉄道事業者提供の強みもあって、月曜は駅訪問、火曜は現業機関や新型車両などの紹介が多かったが、1987年以降はスポンサーがJR7社のうちJR東日本だけになったことから、JR東日本エリアの情報が中心になっていた(寝台特急北斗星」がらみで北海道旅客鉄道(JR北海道)エリアの情報はあった)。
現業機関の紹介では、当時の東大宮操車場内の車両の整備風景も紹介されていたが、この時には普段はなかなか見ることの出来ない583系寝台解体シーンや、作業職員が直接ハシゴに登り、パンタグラフの上げ下げ・列車の屋根上機器点検等の模様も放送されていた。
土曜
土曜は旅行番組という色彩が強い内容で、この内容は番組の終了後に放送された『列車でいい旅』(1991年4月 - 1992年3月)にも引き継がれた。

放送時間編集

出演者編集

  • 福田直代(月曜 - 水曜)
  • 町井洋子(月曜 - 水曜)
  • 増田ひろみ(木曜 - 土曜)
  • 我妻洋子(月曜 - 水曜)
  • 多田友子(月曜 - 水曜)
  • 柳美子(木曜 - 土曜)
  • 彩野ひかる(木曜 - 土曜)

その他雑記編集