メインメニューを開く

レール (曖昧さ回避)

ウィキメディアの曖昧さ回避ページ

レール(rail)

目次

軌条編集

  • 鉄道線路軌道)の構成要素。一般的な線路では、枕木上に棒状の鋼製品を二本平行に並べて敷設する。この鋼製品をレールと呼ぶ。レールの内側の間隔を軌間(gauge)といい、各種の規格が用いられる。軌条を参照。
  • 転じて、鉄道自身を指す。

設備編集

  • 機器、装置を沿わせてラックなどの筐体に実装するためのガイド金具。
    装置をラックから引き出しやすくするために伸縮式の構造を持つものをスライドレールという。
  • 引き戸を戸車(引き戸側に取り付けた小型の軸受つき車輪)を介して乗せて動かすための細長いガイド部材。戸レールあるいはドアレール。

スポーツ編集

  • スキー場に設置された、手すりを模した鉄製の棒。ハンドレールとも。雪面から30cm~1m程度上げて設置されており、この上をスキースノーボードでバランスを取りながら滑る。ハンドレールなどを滑走する行為をジブ(jibing)と呼ぶ。その形状によって、ストレートレール(地面と水平でまっすぐなレール)、キンクレール(斜度がついたレール)、カーブレールなど、様々ある。詳細はスキー、スノーボードの項を参照。

関連項目編集

レールに関連する項目

レールを含む用語