メインメニューを開く

レーヴディソールRêve d'Essor)は日本競走馬。おもな勝ち鞍は2010年阪神ジュベナイルフィリーズ。クラブ法人サンデーレーシングの所有馬で、募集価格は3600万円(40口)。馬名はフランス語で「飛翔の夢」。

レーヴディソール
Reve-d'Essor20101016.jpg
欧字表記 Rêve d'Essor
品種 サラブレッド
性別
毛色 芦毛
生誕 2008年4月8日(11歳)
登録日 2010年5月5日
抹消日 2012年2月29日
アグネスタキオン
レーヴドスカー
母の父 Highest Honor
生国 日本の旗 日本北海道安平町
生産 ノーザンファーム
馬主 (有)サンデーレーシング
調教師 松田博資栗東
調教助手 藤原吾郎
厩務員 小園隼人
競走成績
生涯成績 6戦4勝
獲得賞金 1億5493万3000円
勝ち鞍 GI阪神ジュベナイルフィリーズ(2010年)
GIIデイリー杯2歳ステークス(2010年)
GIIIチューリップ賞(2011年)
テンプレートを表示

戦績編集

2歳編集

 
阪神ジュベナイルフィリーズ優勝時

2010年9月11日のメイクデビュー札幌中舘英二を鞍上に迎え、1番人気で出走。レースでは中団のインを追走し、最後の直線で先に抜け出したノーザンリバーを差し切って初勝利を挙げる。

2戦目は重賞初挑戦となった10月16日京都デイリー杯2歳ステークス福永祐一とのコンビで1番人気で出走。道中後方待機から、大外一気の末脚を繰り出し、残り100m付近で他馬をまとめてかわして重賞初勝利を挙げた[1]。牝馬でのデイリー杯制覇はデイリー杯3歳ステークス時代のシーキングザパール以来14年ぶりとなった。

その2ヶ月後、12月12日阪神ジュベナイルフィリーズでは1番人気に応えてGI勝利を収めた[2]。また、この競走ではG1史上初めて芦毛馬が1~3着を独占した[3]。阪神ジュベナイルフィリーズを含む重賞2勝を挙げたことから、この年のJRA賞最優秀2歳牝馬に満票で選出された[4]

3歳編集

明け3歳の緒戦として2011年3月5日チューリップ賞に出走。2005年の菊花賞で記録したディープインパクトの79.03%を上回る81.4%[5]の単勝支持率、オッズ1.1倍の断然の1番人気に支持された。レースでは道中後方から4番手を追走すると、最終コーナーで外に持ち出し、直線では鞭を使うことなく後続に4馬身差をつける圧勝となった[6]。その後は桜花賞出走に向けて調整されていたが、3月30日の1週前追い切り後に右前脚のトウ骨遠位端部分の骨折が判明。全治見込み半年以上と診断され、牝馬三冠を棒に振ってしまう[7]。その後、11月13日エリザベス女王杯で復帰。実質の追い切り2本だけという内容ながら、実績が下支えして単勝3番人気で出走、結果は11着だった[8]12月18日愛知杯に1番人気で出走、後方を追走し直線で懸命に追い込んだがフミノイマージンの4着に終わった。

4歳編集

2012年1月5日京都金杯出走に向けて調整されていたが、右後肢の飛節に不安が見つかり回避[9]。その後、1月20日剥離骨折が判明、秋以降の復帰を目指すことを発表した[10]。しかし、2月29日付で競走馬登録を抹消、ノーザンファームで繁殖牝馬となる[11]

繁殖編集

馬名 生年 毛色 馬主 厩舎 戦績 出典
第1子 アラバスター 2013年 芦毛 ハービンジャー サンデーレーシング 栗・松田博資 6戦1勝 [12]
第2子 馬名未定 2016年 芦毛 ロードカナロア     幼駒 [13]

競走成績編集

競走日 競馬場 競走名 距離(馬場) 頭数 オッズ
(人気)
着順 タイム
(上り3F)
着差 騎手 斤量
[kg]
1着馬(2着馬)
2010.09.11 札幌 2歳新馬 芝1500m(良) 14 1.4(1人) 01着 1:32.3 (34.3) -0.8 中舘英二 54 (ノーザンリバー)
0000.10.16 京都 デイリー杯2歳S GII 芝1600m(良) 12 2.4(1人) 01着 1:33.6 (33.7) -0.2 福永祐一 54 (アドマイヤサガス)
0000.12.12 阪神 阪神JF GI 芝1600m(良) 18 1.6(1人) 01着 1:35.7 (33.9) -0.1 福永祐一 54 ホエールキャプチャ
2011.03.05 阪神 チューリップ賞 GIII 芝1600m(良) 12 1.1(1人) 01着 1:34.5 (33.6) -0.7 福永祐一 54 (ライステラス)
0000.11.13 京都 エリザベス女王杯 GI 芝2200m(良) 18 7.3(3人) 11着 2:12.9 (35.2) -1.3 福永祐一 54 スノーフェアリー
0000.12.18 小倉 愛知杯 GIII 芝2000m(良) 16 1.7(1人) 04着 1:59.7 (34.6) -0.3 福永祐一 55.5 フミノイマージン

血統表編集

レーヴディソール血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 ヘイロー系サンデーサイレンス系
[§ 2]

アグネスタキオン
1998 栗毛
父の父
*サンデーサイレンス
Sunday Silence
1986 青鹿毛
Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
父の母
アグネスフローラ
1987 鹿毛
*ロイヤルスキー Raja Baba
Coz o'Nijinsky
アグネスレディー *リマンド
イコマエイカン

*レーヴドスカー
Reve d'Oscar
1997 芦毛
Highest Honor
1983 芦毛
Kenmare Kalamoun
Belle of Ireland
High River Riverman
Hairbrush
母の母
Numidie
1993 鹿毛
*バイアモン Blushing Groom
Lodeve
Yamuna Green Dancer
Yeovil
母系(F-No.) 1号族(FN:1-p) [§ 3]
5代内の近親交配 Sir Gaylord 5×5=6.25%(母系) [§ 4]
出典
  1. ^ JBISサーチ レーヴディソール 5代血統表2017年9月12日閲覧。
  2. ^ netkeiba.com レーヴディソール 5代血統表2017年9月12日閲覧。
  3. ^ JBISサーチ レーヴディソール 5代血統表2017年9月12日閲覧。
  4. ^ JBISサーチ レーヴディソール 5代血統表2017年9月12日閲覧。

半姉阪神ジュベナイルフィリーズ2着のレーヴダムール(父ファルブラヴ)、半兄に青葉賞を制したアプレザンレーヴ(父シンボリクリスエス)とレーヴドリアン(父スペシャルウィーク)、半弟に青葉賞を制したレーヴミストラル(父キングカメハメハ[14]がいる。

脚注編集

  1. ^ “【デイリー杯2歳S(GII)】(京都)~レーヴディソール 無傷の2連勝で重賞制覇”. ラジオNIKKEI. (2010年10月16日). http://keiba.radionikkei.jp/keiba/entry-191639.html 2015年9月7日閲覧。 
  2. ^ “【阪神JF(GI)】(阪神)~レーヴディソール 無傷の3連勝でGI戴冠”. ラジオNIKKEI. (2010年12月12日). http://keiba.radionikkei.jp/keiba/entry-194573.html 2015年9月7日閲覧。 
  3. ^ “レーヴV芦毛1~3着はG1初/阪神JF”. nikkansports.com. (2010年12月13日). http://www.nikkansports.com/race/news/p-rc-tp0-20101213-713167.html 2015年9月7日閲覧。 
  4. ^ “2010年度JRA賞発表~年度代表馬はブエナビスタ”. ラジオNIKKEI. (2011年1月6日). http://keiba.radionikkei.jp/keiba/entry-195744.html 2015年9月7日閲覧。 
  5. ^ 【チューリップ賞】重賞での単勝支持率新記録 サンスポ 2011.3.6
  6. ^ “【チューリップ賞(GIII)】(阪神)~レーヴディソール 4馬身差で圧勝”. ラジオNIKKEI. (2011年3月5日). http://keiba.radionikkei.jp/keiba/entry-198644.html 2015年9月7日閲覧。 
  7. ^ “レーヴディソール骨折、6ヶ月以上の休養へ”. ラジオNIKKEI. (2011年3月30日). http://keiba.radionikkei.jp/keiba/entry-199941.html 2015年9月7日閲覧。 
  8. ^ “ディソール11着にも「偉い馬」/エ女王杯”. nikkansports.com. (2011年11月14日). http://www.nikkansports.com/race/news/p-rc-tp0-20111114-863172.html 2015年9月7日閲覧。 
  9. ^ “レーヴディソールが京都金杯を回避”. nikkansports.com. (2012年1月3日). http://www.nikkansports.com/race/news/f-rc-tp0-20120103-884567.html 2015年9月7日閲覧。 
  10. ^ “ディソール今度は右前膝骨折 復帰秋以降”. nikkansports.com. (2012年1月21日). http://www.nikkansports.com/race/news/p-rc-tp0-20120121-892672.html 2015年9月7日閲覧。 
  11. ^ “ディソール引退 2度の故障に泣く”. nikkansports.com. (2012年3月1日). http://www.nikkansports.com/race/news/p-rc-tp0-20120301-910952.html 2015年9月7日閲覧。 
  12. ^ アラバスター|JBISサーチ”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2015年9月7日閲覧。
  13. ^ _________|JBISサーチ”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2016年6月16日閲覧。
  14. ^ 2015年青葉賞レース結果 - netkeiba.com 2015年5月6日閲覧

外部リンク編集