ロイド・ヴェルフト

ロイド・ヴェルフト・ブレーマーハーフェン(Lloyd Werft Bremerhaven)は、ブレーマーハーフェンにある造船所。1863年にノルデッシャー・ロイド英語版によって設立され、主に所有する商業船の修理のために使われていた。

ポーラーシュテルンの入るドライドック
フローティングドック
1899年当時

2015年にゲンティン香港がロイド・ヴェルフトの過半数の株式を買収し[1]、2016年には残る30%の株式も買収し、同時期に買収したノルディックヤードのヴィスマール造船所、ワーネムンデ造船所、シュトラールズント造船所の3造船所を含めロイド・ヴェルフト・グループとした[2]

外部リンク編集

  ウィキメディア・コモンズには、ロイド・ヴェルフトに関するカテゴリがあります。

脚注編集

  1. ^ Genting Hong Kong Announces Order of Two “Global Class” Ships for Star Cruises, the Largest to be Built in Germany, for Delivery Between 2019 and 2020”. Star Cruises. Genting Hong Kong Limited (2016年5月10日). 2016年5月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年5月11日閲覧。
  2. ^ Genting Hong Kong Takes Remaining Stake in Lloyd Werft”. World Maritime News. 2016年5月11日閲覧。

Hans Jürgen Witthöft, Lloyd Werft—150 Jahre Schiffbaugeschichte, Köhler Verlagsgesellschft, Hamburg 2007, 978-3-7822-0957-1