ロイヤルパープル (ブランド)

ロイヤルパープル(Royal Purple)は、カルメット・スペシャルティ・プロダクツ・パートナーズ英語版が展開するアメリカ潤滑油ブランド。

Royal Purple
種類 潤滑油
所持会社 カルメット・スペシャルティ・プロダクツ・パートナーズ英語版
使用開始国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
主要使用国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カナダの旗 カナダ
日本の旗 日本
ウェブサイト Royal Purple
テンプレートを表示

歴史編集

化学合成油開発者のジョン・ウィリアムズ(John Williams)が1986年に創業したのが始まりである。ロイヤルパープルの名はその製品(オイル)の色が紫色であることから名づけられた。2004年には製品の容器を紫色にする商標をアメリカにて取得。2012年にカルメット・ルブリカンツ社(当時)に3.35億ドルで取得され同社の一部門となっている。

製品の特色編集

同社の潤滑油製品においては、ブランド名の由来となった紫色の液色のほかにも「Synerlec®」(シナーレック)と呼ばれる同社独自の添加剤の採用を特徴としている(潤滑油類に限らず冷却水添加剤にも採用されている)。ただし、紫色の液色や「Synerlec®」は一部採用されていない製品もある[注 1]

日本における取り扱い編集

日本では株式会社ティー・ケー科学開発[1]電源開発株式会社(J-POWER)、レッドツリー株式会社[2]の3社が正規輸入元となっている。なお、老舗である株式会社ティー・ケー科学開発、電源開発株式会社の2社においては、一般に流通する自動車用潤滑油類(モーターオイルATF、冷却水添加剤等)の販売業務を、それぞれ有限会社ウィズプロジェクト[3]、株式会社アイエーテック[4]に一任している。また、電源開発扱いの工業用潤滑油類も同社グループのジェイパワー・エンテック株式会社[5]に委託されている。

市場に流通する自動車用潤滑油類の販売価格にはバラ付きがある。これは輸入元3社がそれぞれ独立した企業であり、資金力や輸入量(株式会社ティー・ケー科学開発、電源開発株式会社の2社は産業用オイルも手掛ける)に差があるためで、物自体は正規輸入品であればどれも同じ製品である。

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ API-Licensed Motor Oil等。

出典編集

外部リンク編集