ロイヤル・ヨルダン航空

ヨルダンのフラッグキャリア航空会社

ロイヤル・ヨルダン航空(ロイヤル・ヨルダンこうくう、英称:Royal Jordanian Airlinesアラビア語:الملكية الأردنية)は、ヨルダンの航空会社である。

ロイヤル・ヨルダン航空
الملكية الأردنية
Ordon.jpg
IATA
RJ
ICAO
RJA
コールサイン
JORDANIAN
設立 1963年12月9日
ハブ空港 クィーンアリア国際空港
マイレージサービス Royal Plus
会員ラウンジ Crown Lounge
航空連合 ワンワールド
保有機材数 25機
就航地 58都市
本拠地 アンマン
代表者 Samer A. Majali (CEO)
外部リンク http://www.rj.com/
テンプレートを表示

概要編集

ヨルダン・ハシミテ王国アンマンを本拠地にしている。首都アンマンに本社を置く。ヨルダンのフラッグ・キャリアである。

旧名称は「アリア・ヨルダン航空 (Alia)」で、アリア王妃の名前をとって名付けられた。

アラブ航空会社機構 (Arab Air Carriers Organization) の一員で、同機構の加盟会社が作っているアラベスク航空アライアンスのメンバーでもある。2007年からワンワールドにも加盟している。

航空券の座席予約システム(CRS)は、アマデウスITグループが運営するアマデウスを利用している。 [1]

沿革編集

1963年、当時のヨルダン王国の国王であったフセイン1世によって設立された。 1963年の年末ごろになってカイロとクウェートが最初の就航地に選ばれた。 1965年にカラベル10Rを3機導入にするにあたって、ローマに就航した。週末だけの運航であったが、これが初めてのヨーロッパ進出となった。 1966年、IATAに加入するにあたって、ロンドンとパリに路線を拡大した。 アリア・ヨルダン航空は、1960年代後半から1970年代にかけて、路線ネットワークを中東各地からヨーロッパ・東南アジア方面へと拡大した。1980年代には北米路線も開始した。 1977年、アメリカ大陸初進出となるニューヨーク線を開設。さらにその2年後にはヒューストン線も開設した。 1986年、アリア・ヨルダン航空は「ロイヤル・ヨルダン航空 (Royal Jordanian)」に社名変更をした。その後の2001年2月5日には、社名を「Alia – The Royal Jordanian Airlines Company」と改めたが、既にロイヤル・ヨルダン航空の名称が定着していたため、社名はすぐにまた「ロイヤル・ヨルダン航空」に戻された。

 
ロイヤル・ウイングス

1996年には、チャーター部門を独立させてロイヤル・ウイングス英語版社を設立した。

2007年にワンワールドに加盟。世界規模の航空連合へ加盟する最初の中東の航空会社となった。2013年にワンワールドに加盟したカタール航空とともに、西アジア地域におけるワンワールドの中心的メンバーとなっている。2014年、ボーイング787を受領。

就航都市編集

下表には、コードシェア便による就航路線は含まれない。

ロイヤル・ヨルダン航空 就航都市(2015年7月現在)[2]
都市 空港 備考
東アジア
  香港 香港国際空港 バンコク経由
東南アジア
  タイ バンコク スワンナプーム国際空港
  インドネシア ジャカルタ スカルノ・ハッタ国際空港 クアラルンプール経由(2016年より新規就航)
  マレーシア クアラルンプール クアラルンプール国際空港 バンコク経由(2016年より直行便化)
南アジア
  インド ムンバイ チャットラパティー・シヴァージー国際空港
デリー インディラ・ガンディー国際空港
  スリランカ コロンボ バンダラナイケ国際空港
西アジア
  イラク バグダード バグダード国際空港
バスラ バスラ国際空港
アルビール アルビール国際空港
スレイマニヤ スレイマニヤ国際空港
  イスラエル テルアビブ ベン・グリオン国際空港
  ヨルダン アンマン クィーンアリア国際空港 ハブ空港
アカバ アカバ・キング・フセイン国際空港
  クウェート クウェート クウェート国際空港
  カタール ドーハ ハマド国際空港
  サウジアラビア タブーク タブーク空港 2015年7月15日より[3]
ダンマーム キング・ファハド国際空港
ジッダ キング・アブドゥルアズィーズ国際空港
マディーナ プリンス・モハンマド・ビン・アブドゥルアズィーズ国際空港
リヤド キング・ハーリド国際空港
  シリア ダマスカス ダマスカス国際空港
アレッポ アレッポ国際空港
  アラブ首長国連邦 アブダビ アブダビ国際空港
ドバイ ドバイ国際空港
  イエメン サナア サヌア国際空港
アデン アデン国際空港
アフリカ
  エジプト アレクサンドリア ボルグ・エル・アラブ空港
カイロ カイロ国際空港
シャルム・エル・シェイク シャルム・エル・シェイク国際空港
  ケニア ナイロビ ジョモ・ケニヤッタ国際空港
  リビア トリポリ トリポリ国際空港
ベンガジ ベニナ空港
ミスラタ ミスラタ空港
  スーダン ハルツーム ハルツーム国際空港
  チュニジア チュニス カルタゴ国際空港
ヨーロッパ
  オーストリア ウィーン ウィーン国際空港
  キプロス ラルナカ ラルナカ国際空港
  ドイツ フランクフルト フランクフルト空港
ベルリン ベルリン・テーゲル空港
ミュンヘン ミュンヘン国際空港
  スペイン バルセロナ バルセロナ・エル・プラット国際空港
マドリード アドルフォ・スアレス・マドリード=バラハス空港
  フランス パリ シャルル・ド・ゴール国際空港
  イギリス ロンドン ロンドン・ヒースロー空港
  ギリシャ アテネ アテネ国際空港
  ハンガリー ブダペスト フェレンツ・リスト国際空港
  イタリア ローマ レオナルド・ダ・ヴィンチ国際空港
ミラノ ミラノ・マルペンサ国際空港
  オランダ アムステルダム アムステルダム・スキポール空港
  ロシア モスクワ ドモジェドヴォ空港
  スイス チューリッヒ チューリッヒ空港
ジュネーヴ ジュネーヴ・コアントラン国際空港
  トルコ イスタンブール アタテュルク国際空港
アンカラ エセンボーア国際空港
  ウクライナ キエフ ボルィースピリ国際空港
北アメリカ
  カナダ モントリオール モントリオール・ミラベル国際空港
  アメリカ合衆国 シカゴ シカゴ・オヘア国際空港
ニューヨーク ジョン・F・ケネディ国際空港
デトロイト デトロイト・メトロポリタン・ウェイン・カウンティ空港
南アメリカ
オセアニア
休・廃止路線

拠点を置くアンマンを中心として、およそ40ヶ国・60都市に就航している。上記の他にも、提携航空会社とのコードシェア便がいくつか存在する。

日本には、東京国際空港関西国際空港福岡空港などにチャーター便で乗り入れた事もあったが、定期乗り入れは実現していない。

提携航空会社編集

2015年7月現在[4]。◎はワンワールド加盟、△はスカイチーム加盟会社。

アンマン発着便編集

その他編集

保有機材編集

運航機材編集

2019年8月現在、ロイヤル・ヨルダン航空が保有する機材は以下のとおりである。

ロイヤル・ヨルダン航空の保有機材[5]
機材 保有数 発注数 座席数 備考
C Y Total
エアバスA319-132 5 - 14 96 110 機内インターネットサービス対応
JY-AYPはワンワールド特別塗装機
エアバスA320-232 6 - 16 120 136 機内インターネットサービス対応
エアバスA321-231 2 - 20 147 167 機内インターネットサービス対応
ボーイング787-8 7 - 24 247 271
エンブラエル ERJ-175 2 - 12 60 88
エンブラエル ERJ-195 2 - 12 88 100
貨物機材
エアバスA310-300F 1 - -
25 0

※同社が発注したボーイング社製航空機の顧客番号(カスタマーコード)はD3で、航空機の形式名は787-8D3 などとなる。

退役済機材一覧編集

退役済機材一覧
機材 保有数 退役年
エアバスA300 1 2001
エアバスA310 13 2012
エアバスA330-200       3 2017
エアバスA340-200 4 2014
ボーイング707-320C 4 1996
ボーイング727-200 4 1990
ボーイング747-2D3B 2 1990
ダグラス DC-7 2 1967
ハンドレページ ダートヘラルド 2 1960年代
ロッキード L-1011 トライスター 2 1991
フォッカー F27 3 1970
フォッカー F28 2 2009
シュド・カラベル 10R 3 1960年代
デ・ハビランド・カナダ DHC-8 2 2005
47

サービス編集

全ての便でクラウンクラス(ビジネスクラス)とエコノミークラスの2クラス制となっている。

ビジネスクラスの機内食は、コース料理が提供されており、エコノミークラスの中距離線にはフルミール、短距離線では軽食を提供している。ヨルダンの国教イスラム教であるが、機内ではアルコール飲料を提供しており、ヨルダン産のワインをはじめシャンパンビールリキュールなどを取り揃えている。

また、各座席にはパーソナルテレビがあり、100を超える映画音楽ラジオゲームを楽しむことができる。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ Airlines using Amadeus” (英語). アマデウスITグループ. 2015年9月27日閲覧。
  2. ^ Route Map
  3. ^ Tabuk on RJ network starting mid-July”. Royal Jordanian Airlines (2015年7月6日). 2015年9月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年7月12日閲覧。
  4. ^ Codeshare
  5. ^ OUR FLEET ROYAL JORDANIAN”. 2019年8月25日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集