ロイ・グラウバー

アメリカの物理学者

ロイ・ジェイ・グラウバー(Roy Jay Glauber、1925年9月1日 - 2018年12月26日[1][2])は、アメリカ物理学者ハーバード大学およびアリゾナ大学教授。「光のコヒーレンスの量子理論への貢献」により、2005年ノーベル物理学賞を受賞した。

Roy Glauber
ロイ・グラウバー
Roy Glauber Dec 10 2005.jpg
生誕 Roy Jay Glauber
1925年9月1日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨーク
死没 (2018-12-26) 2018年12月26日(93歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 マサチューセッツ州ニュートン
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
研究分野 理論物理学
研究機関 ハーバード大学
ロスアラモス国立研究所 
出身校 ハーバード大学
論文 The relativistic theory of meson fields (1949)
博士課程
指導教員
ジュリアン・シュウィンガー
博士課程
指導学生
レオ・カダノフ
主な業績 量子光学
主な受賞歴 ノーベル物理学賞(2005)
公式サイト
www.physics.harvard.edu/people/facpages/glauber
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示
ノーベル賞受賞者ノーベル賞
受賞年:2005年
受賞部門:ノーベル物理学賞
受賞理由:光学コヒーレンスの量子論への貢献

概要編集

ニューヨーク生まれのアシュケナジム・ユダヤ人出身。

1941年ブロンクス科学高校を卒業し、ハーバード大学に進学。18歳でマンハッタン計画に参加した。ジュリアン・シュウィンガーの指導を受け1949年に博士号を取得した。1996年ハイネマン賞数理物理学部門受賞。1997年王立協会外国人会員選出。

彼の代表的な業績となる光のコヒーレンスに関する論文は1963年に出版された。彼の理論は、量子光学の幅広い分野で利用されている。

イグノーベル賞編集

グラウバーはまた、イグノーベル賞の授与式において、例年受賞者に対して投げられることが慣習となっている紙飛行機を掃除するための「モップ係」を務めている。

ちなみに、2005年のみイグノーベル賞授与式に出席する事ができなかったが、これはノーベル物理学賞を授与され、そちらの式典に出席したためであった。

出典編集

[脚注の使い方]
  1. ^ “R・グラウバー氏が死去 ノーベル賞の米物理学者”. 日本経済新聞. (2019年1月9日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO39802410Z00C19A1000000/ 2020年2月28日閲覧。 
  2. ^ Roy J. Glauber, 1925-2018 (英語). The Optical Society. (2018年12月26日). https://www.osa.org/en-us/about_osa/newsroom/obituaries/roy_j_glauber/ 2018年12月29日閲覧。 

関連項目編集

外部リンク編集