ロイ・チャオ(喬宏、Roy Chiao、1927年3月16日 - 1999年4月14日)は、香港の俳優。

ロイ・チャオ
中国語 喬宏
繁体字 喬宏
簡体字 乔宏
生誕 (1927-03-16) 1927年3月16日
上海
死没 (1999-04-14) 1999年4月14日(72歳没)
ワシントン州シアトル
国籍 アメリカ合衆国
英語名 Roy Chiao
職業 俳優
活動期間 1955年 - 1999年
パートナー 劉燕萍
喬義生(父)
テンプレートを表示

人物編集

上海生まれ。父親は中国国民党の要職を務めた人物。少年時代は上海のアメリカン・スクールで学び、朝鮮戦争では通訳として従軍した。朝鮮戦争終結後、日本でセールスマンをしていたこともある。そのため、上海語・広東語・北京語など中国各地の言語のほか、英語・日本語も堪能。特技はボクシング・ダイビング・乗馬・飛行機操縦。プロテスタントを信仰。

俳優としてのデビューは1949年台湾映画だが、正式に俳優として活動を始めたのは1955年(出演作は翌1956年公開)。大きくたくましい体格とワイルドな風貌を生かした役柄で人気を得、とりわけ1960年代の映画に数多く出演した。1970年代にはテレビにも進出。

アメリカ映画への出演経験を買われて『燃えよドラゴン』に起用され、少林寺の高僧にしてリー(ブルース・リー)の師匠にあたる人物を演じた。小型飛行機を操縦できるため、ハンの島の空中撮影にも協力した。

マイケル・ホイ監督・主演の『Mr.BOO!』シリーズなどのコメディ作品や、『インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説』(上海でクラブを経営するギャングのラオ・チェ役)ほか英語圏の海外作品など、独特の風貌や得意の語学を生かして幅広く活躍した。

1990年以降は心臓の病気のため仕事を減らしていた。1995年、クルマの運転中に心臓発作に見舞われたが、緊急手術によって一命を取り留めた。翌1996年に復帰したが、1999年4月15日アメリカシアトルでクルマでの帰宅途中に4度目の心臓発作を起こし、72歳で死去した。

主な出演作品編集

外部リンク編集