ロイ・リー(Roy Lee, 1969年3月23日 - )はアメリカの映画プロデューサー。リーの製作会社であるVertigo Entertainmentは、ワーナー・ブラザースファーストルック契約を結んでいる。

ロイ・リー
Roy Lee
Roy Lee
生年月日 (1969-03-23) 1969年3月23日(52歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニューヨークブルックリン区
職業 映画プロデューサー
活動期間 2002 -
テンプレートを表示

若いころ編集

リーは1969年、ニューヨーク州ブルックリンにあるウィッコフハイツ病院で、韓国人の両親のもとに生まれた。医者である父と、母は、アメリカに来てまだ3年しか経っておらず、まだ慣れていない状態であった。敬虔なクリスチャンである母は、彼が牧師になることを望んでいた[1]

ジョージ・ワシントン大学在学中に、リーは法律事務所のFried, Frank, Harris, Shriver & Jacobsonでインターンを務めた。 GWUを卒業後は、アメリカン大学ワシントン・カレッジ・オブ・ローのロースクールに入学し、企業法務の分野で活躍することを目指した。

キャリア編集

1996年、アメリカン大学のロースクールを卒業し、フリード・フランク弁護士事務所で8カ月間働いた後、ロサンゼルスに移り、アルファヴィルという制作会社で「トラッカー」として働いた。トラッカーは、スペック・マテリアルやディールメイキングをモニターする仕事である。当時のトラッカーは、電話で情報を共有し、常に更新し合うという無限のサイクルを繰り返していた。

オンライン・トラッキング編集

リーの"トラッカー"仲間の一人、Polly Cohen Johnsenは、Jersey Filmsのストーリー部門を更新していたが、彼らのトラッキング・グループをオンラインにするというアイデアを持っていた。リーは、Propaganda FilmsのJohnsenおよびGlenn Gregoryと協力して、毎日の電話でのやり取りをオンラインのトラッキング・グループに変えた。1997年、リーは20人の友人のためにTrackerというインターネット掲示板を立ち上げ、彼らは脚本を評価し、それぞれに関するトラッカー情報を投稿した。

その後半年以内に、リーはハリウッドの制作会社やスタジオのトラッカーたちのために、25のオンライングループを立ち上げた。すべてのグループに所属しているのはリーだけだったので、最高の情報を得ることができた。リーのプロジェクトは、スペック・スクリプト市場を一変させた。スペック・スクリプトやピッチは売れ続けていたが、弱いマテリアルはより早く、しばしば1日で却下され、多くのエージェントは不満を感じていた。オンライン・トラッキングは市場を加速させ、より誠実さをもたらし、開発担当者がより効果的にマテリアルを選別することを可能にし、エージェントやプロデューサーにはより良いマテリアルを表現するようプレッシャーをかけることができるようになった[1]

1999年、リーは友人であるクリス・ベンダーとJ・C・スピンクの2人が経営するタレントマネジメント会社であるBenderSpink社で働くことになった。彼はインターネット上のコンテンツ、つまりパソコンで再生されるショートフィルムの発掘を任された[1]。同年、Ed Kashibaとリーは、初心者の脚本家が自分の脚本を評価してもらうためのオンライン手法であるScriptshark.comを開発した。彼らはその後、パートナーとしてSean Connollyを迎えたが、最終的には2001年にサイトをiFilmに売却した。iFilmはその後、Scriptshark.comをThe New York Timesに売却した。Scriptsharkは2016年に閉鎖されたばかりである。

ヴァーティゴ・エンターテインメント編集

2001年秋、すべての主要スタジオで映画プロジェクトを立ち上げた後、リーはBenderSpinkを離れ、ダグ・デイヴィソンと一緒にVertigo Entertainmentを設立した。一緒にプロジェクトを進める際には、リーが売り込みを行い、デイヴィソンがフォローアップを担当した。リーが、当初、最も苦労したのは海外とのコンタクトであったという[1]

リーは、アジアの配給会社に、「自分たちの映画は、字幕のせいでアメリカでは売れないだろうから、リメイク権を売ったほうが儲かる」と説明して、取引を成立させていた。そして、権利者には「自分が無償で代理して権利を守る」と確約した(アメリカのスタジオは、映画ができたときに彼の報酬を支払う)。かつて、アジアの会社のために交渉権を確保したリーは、スタジオに「誰かが苦労して撮った脚本で、誰かの本国でテストされてヒットした作品だと思ってくれ」と言った[1]

リーは、2002年ゴア・ヴァービンスキー監督の大ヒット作『ザ・リング』で、初めて映画のプロデュースを担当した。その後、サラ・ミシェル・ゲラー主演で、2002年日本映画呪怨』(清水崇監督)をベースにした2004年のお化け屋敷ホラー映画THE JUON/呪怨』をプロデュースした。2004年10月に公開されたこの作品は、ホラー映画としては最大のオープニング週末興行収入を記録した。

2006年10月に公開された『呪怨 パンデミック』は、アンバー・タンブリンとゲラーが主演し、清水監督がメガホンを執った。初週末の興行成績は2,200万ドルでトップとなった。同じく2006年10月には、マーティン・スコセッシ監督、レオナルド・ディカプリオマット・デイモンジャック・ニコルソン出演のワーナー・ブラザースの犯罪スリラー映画『ディパーテッド』が公開され、オープニング週末に2,700万ドルの興行収入を記録した。これはスコセッシ監督にとって過去最大のオープニング興行収入となった。その後、『ディパーテッド』は、第79回アカデミー賞で最優秀作品賞を受賞した。

彼はダグ・デイヴィソンと共にウルグアイ短編映画Ataque de Pánico!』のエグゼクティブ・プロデューサーを務めた[2]

フィルモグラフィ編集

映画編集

邦題
原題
役割 備考
2002 ザ・リング
The Ring
製作総指揮 リング』(1998)のリメイク版
2004 THE JUON/呪怨
The Grudge
製作総指揮 呪怨』(2002)のリメイク版
2005 ザ・リング2
The Ring Two
製作総指揮
ダーク・ウォーター
Dark Water
プロデューサー 仄暗い水の底から』(2002)のリメイク版
2006 南極物語
Eight Below
製作総指揮 南極物語』(1983)のリメイク版
イルマーレ
The Lake House
プロデューサー イルマーレ』(2000)のリメイク版
ディパーテッド
The Departed
製作総指揮 インファナル・アフェア』(2002)のリメイク版
呪怨 パンデミック
The Grudge 2
製作総指揮
2007 インベージョン
The Invasion
製作総指揮 原作は「The Body Snatchers」
2008 処刑教室
Assassination of a High School President
プロデューサー
アイズ
The Eye
製作総指揮 the EYE 【アイ】』(2002)のリメイク版
シャッター
Shutter
プロデューサー 心霊写真』(2004)のリメイク版
ストレンジャーズ/戦慄の訪問者
The Strangers
プロデューサー
猟奇的な彼女 in NY
My Sassy Girl
製作総指揮 猟奇的な彼女』(2001)のリメイク版
The Echo プロデューサー Sigaw(2004)のリメイク版
REC:レック/ザ・クアランティン
Quarantine
プロデューサー REC/レック』(2007)のリメイク版
シャッフル2 エクスチェンジ
Possession
プロデューサー 『純愛中毒』Addicted(2002)のリメイク版
2009 ゲスト
The Uninvited
プロデューサー 箪笥A Tale of Two Sisters(2003)のリメイク版
呪怨 ザ・グラッジ3
The Grudge 3
製作総指揮
2010 ヒックとドラゴン
How to Train Your Dragon
共同製作
2011 REC/レック ザ・クアランティン2 ターミナルの惨劇
Quarantine 2: Terminal
プロデューサー
ザ・ルームメイト
The Roommate
プロデューサー
ミッシング ID
Abduction
プロデューサー
ザ・インシデント
Asylum Blackout
プロデューサー
2012 ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館
The Woman in Black
製作総指揮
2013 オールド・ボーイ
Oldboy
プロデューサー オールド・ボーイ』(2003)のリメイク版で、1996年に出版された出版された同名漫画の2度目の公式映画化。
2014 ハッピーボイス・キラー
The Voices
プロデューサー
LEGO ムービー
The Lego Movie
プロデューサー
GODZILLA ゴジラ
Godzilla
プロデューサー プリプロダクション中のプロデューサー。レジェンダリー・ピクチャーズはリーとダン・リンを解雇し、裁判で決着をつけることになった。
ヒックとドラゴン2
How to Train Your Dragon 2
共同製作
7500
Flight 7500
プロデューサー
ウーマン・イン・ブラック2 死の天使
The Woman in Black: Angel of Death
製作総指揮
2015 ラン・オールナイト
Run All Night
プロデューサー
ポルターガイスト
Poltergeist
プロデューサー ポルターガイスト』(1982)のリメイク版
Hidden プロデューサー
2016 ザ・ボーイ -人形少年の館-
The Boy
プロデューサー
ブレア・ウィッチ
Blair Witch
プロデューサー
Iris 製作総指揮
2017 スリープレス・ナイト
Sleepless
プロデューサー 『スリープレス・ナイト』Sleepless Night(2011)のリメイク版
レゴバットマン ザ・ムービー
The Lego Batman Movie
プロデューサー
ザ・リング/リバース
Rings
製作総指揮
ディザスター・アーティスト
The Disaster Artist
製作総指揮
Death Note/デスノート
Death Note
プロデューサー 2003年に発売された同名漫画の映画化。
IT/イット “それ”が見えたら、終わり。
It
プロデューサー 1990年に放送された『IT』シリーズを2部構成でリメイクし、1986年に出版されたスティーヴン・キングによる同名小説の2度目の映画化。
レゴニンジャゴー ザ・ムービー
The Lego Ninjago Movie
プロデューサー
2018 エクスティンクション 地球奪還
Extinction
製作総指揮
2019 ヒックとドラゴン 聖地への冒険
How to Train Your Dragon: The Hidden World
共同製作
ポラロイド
Polaroid
プロデューサー
レゴ ムービー 2
The Lego Movie 2: The Second Part
プロデューサー
ゴジラ キング・オブ・モンスターズ
Godzilla: King of the Monsters
製作総指揮
IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。
It Chapter Two
プロデューサー
ドクター・スリープ
Doctor Sleep
製作総指揮
2020 ザ・グラッジ 死霊の棲む屋敷
The Grudge
製作総指揮
ザ・ターニング
The Turning
プロデューサー

His House
プロデューサー
ザ・ボーイ -残虐人形遊戯-
Brahms: The Boy II
プロデューサー
2021 ゴジラvsコング
Godzilla vs. Kong
製作総指揮
TBA Cobweb プロデューサー
Don't Worry Darling プロデューサー ポスト・プロダクション
Minecraft: The Movie プロデューサー

テレビ編集

邦題
原題
役割 備考
2007 I'm from Rolling Stone 製作総指揮
2013〜2014 ベイツ・モーテル
Bates Motel
製作総指揮
2016 The Exorcist 製作総指揮
2017〜2020 プリンセス ユニキャット
Unikitty!
製作総指揮
2020 The Stand 製作総指揮

出典編集

  1. ^ a b c d e Tad Friend (2003年6月2日). “Remake Man”. Letter from California. The New Yorker. 2008年9月13日閲覧。
  2. ^ Sam Raimi Mentors Fede Alvarez for Alien Invasion”. 2021年9月閲覧。

外部リンク編集