ロウヒ (Louhi) は、フィンランド叙事詩カレワラ』のなかで活躍する大魔女。とても強い力を持つ、北方の陰鬱な地方ポホヨラの支配者だが、美しい娘を持ち、これをカレワラ (フィンランド) の鍛冶の名手イルマリネンに妻として与え、秘宝サンポを制作させた。しかしこの宝物は、カレワラの詩人で英雄ワイナミョイネンとイルマリネンによって盗み出され、彼らと後を追ってきたロウヒが激しく争ううちに、粉々にこわれてしまった。怒ったロウヒはその後、カレワラに悪疫や猛獣を送ったり、太陽と月を捕えて世界を暗闇に陥れるなど、さまざまの仕業によってワイナミョイネンを悩ませたとされる。

アクセリ・ガッレン=カッレラ『サンポの防衛』(1896年)
舟上で剣を振るうワイナミョイネンと戦う、翼を持った怪物として描かれているのがロウヒ。背中にはポホヨラの戦士たちを背負っている。

小惑星(3897) Louhiはロウヒにちなんで命名された[1]

参考文献編集

外部リンク編集