ロクス・アモエヌス

ロクス・アモエヌス(ラテン語:Locus amoenus、「心地よき場」の意)は、一般的に、安全で快適な理想的場所を指す文学的な概念である。日陰の芝生、開けた林、のどかな島、時にはエデンの園エーリュシオンの意味を持つなどの通常は美しい場所の事を意味する[1]

エルンスト・ローベルト・クルツィウスは、『ヨーロッパ文学とラテン中世』(原著1953年)で、修辞学の伝統におけるロクス・アモエヌスの系譜とその共通要素を記述している[2]

特徴編集

3つの基本的な要素を持つ:木、草、水。 多くの場合、庭は離れた場所にあり、心の景観として機能する。 また、都市と農村生活の違いを浮き彫りにし、時間と死ぬ運命のプロセスからの避難場所にも用いられる。

いくつかの作品では、そのような庭園には、花、春、愛と繁栄の女神によって特徴づけられた、人間のセクシュアリティの再生力というニュアンスも与えられている[3][4]

関連用語編集

出典編集

  1. ^ J. B. Russell, A History of Heaven (1998) p. 21
  2. ^ E. R. Curtius, European Literature and the Latin Middle Ages (1953) p. 183-202.(E. R. クルツィウス『ヨーロッパ文学とラテン中世』南大路振一・岸本通夫・中村善也訳、みすず書房、1971年、第10章「理想的景観」、267-293ページ。)
  3. ^ For more information, see Evett, David. "Paradice's Only Map": The "Topos" of the "Locus Amoenus" and the Structure of Marvell's "Upon Appleton House." PMLA. 85.3(1970):504-513.
  4. ^ W. Shullenberger, Lady in the Labyrinth (2008) p. 260