ロサンゼルス郡都市圏交通局E線E Line)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス郡を走るライトレール(LRT)である。ロサンゼルス郡都市圏交通局が運営する。7thストリート・メトロセンター駅~ピコ駅間はA線と線路を共用する。

E Line
カルバーシティ駅とE線の車両
カルバーシティ駅とE線の車両
基本情報
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
所在地 ロサンゼルス郡
種類 ライトレール
路線網 メトロレール
駅数 12(営業中)
開業 2012年4月28日
運営者 ロサンゼルス郡都市圏交通局
路線諸元
路線距離 13.8 km(営業中)
軌間 1,435 mm
線路数 複線
電化方式 直流750V 架空電車線方式
テンプレートを表示

歴史編集

2012年4月28日に第一期区間である7th ストリート/メトロセンター駅カルバーシティ駅間が開業。2016年5月22日に第二期区間の終点であるサンタモニカまで延伸した。

路線のうちピコ駅ージェファーソン / USC駅の先のフィゲロアトンネルまでは新たに敷設され、トンネルの先で1953年まではパシフィック電鉄のサンタモニカエア線として、その後1988年まで貨物輸送が行われていた路線跡に合流している。サンタモニカ駅までは、一部を除きその線路跡をトレースして新たに建設された。

2020年、路線名がエキスポ線Expo Line)からE線へと改称された。

 
エクスポラインの開業部分(第一期)と延伸部分(第二期)

使用車両編集

開業当初は日本車輌製のP865/P2020形、シーメンス製P2000形、アンサルドブレーダー社(現・日立レールイタリアS.A.)製P2550形を用いられていたが、先に日本車輌製P865/P2020形の老朽引退と度重なる納期遅延で投入打ち止めとなったP2550形に代わりサンタモニカ延伸対応投入の新型車両が近畿車輛製P3010形が現在幅を利かせている。このため、LA初の日本製電車として君臨した日車製P865形が現役引退をした。現在活躍している電車はP2000形、P2550形、P3010形の3形式である。

関連項目編集