メインメニューを開く

ロシアン・ルーレット (1991年の映画)

ロシアン・ルーレット』(原題:Company Business)は、1991年制作のアメリカ合衆国アクション映画

ロシアン・ルーレット
Company Business
監督 ニコラス・メイヤー
脚本 ニコラス・メイヤー
製作 スティーヴン=チャールズ・ジャッフェ
出演者 ジーン・ハックマン
ミハイル・バリシニコフ
音楽 マイケル・ケイメン
撮影 ジェリー・フィッシャー
編集 ロナルド・ルース
製作会社 パテ
配給 アメリカ合衆国の旗 メトロ・ゴールドウィン・メイヤー
日本の旗 松竹富士
公開 アメリカ合衆国の旗 1991年9月6日
日本の旗 1992年1月15日
上映時間 98分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $18,000,000[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗 $1,501,785[2]
テンプレートを表示

ヨーロッパを舞台に、CIAKGBの陰謀に巻き込まれた米ソの腕利きエージェントが戦いを挑むスパイアクション映画ジーン・ハックマンミハイル・バリシニコフらが出演。

あらすじ編集

かつてCIAの腕利きのエージェントだったサム・ボイドは、ある日突然CIA本部から呼び出され、元長官のジャッフェから非公式である仕事を依頼される。

それは、1969年にソ連でスパイ容疑で捕まった男ソベルと、7年前にアメリカで捕まったKGBのスパイ・グルシェンコに200万ドルをつけてベルリンで交換するというものだった。だがサムは、その資金源がコロンビアの麻薬組織であることに疑念を抱く。それはグルシェンコもまた同じであった。

いいしれぬ不安を抱いたまま、サムとグルシェンコはベルリンへ向かう。そして、交換場所に指定された地下鉄の廃墟で今まさに人質が交換されようという時、サムは敵陣営から歩いてくる男がソベルではないことに気付く。罠だと気付いたサムは取引を中止させるが、激しい銃撃戦が始まってしまう。サムとグルシェンコはその場を逃げ出して身を隠し、サムはジャッフェに報告を入れる。

サムとグルシェンコは指定された隠れ家に着く。だが、グルシェンコが用心深くドアを銃で撃った瞬間、隠れ家は爆発した。2人は騙されていたのだ。実はソベルはソ連で転向した後、アメリカに戻って大学教授になりすまして組織づくりをしており、グルシェンコの逮捕を知ったKGBは彼を偽装誘拐したのだった。そして、CIAはKGBと秘かに取引していた事実を葬り去るため、サムの抹殺命令を出していた。

共に国から裏切られ、命を狙われる立場になったサムとグルシェンコは手を組み、ヨーロッパ各地を逃避行しながら、反撃に転じる。

キャスト編集

脚注編集

外部リンク編集