メインメニューを開く

ロシア・ハウス』(原題: The Russia House)は、1990年制作のアメリカ合衆国スパイサスペンス映画ショーン・コネリーミシェル・ファイファー出演。ジョン・ル・カレ同名小説(1989年)の映画化作品である。

ロシア・ハウス
The Russia House
監督 フレッド・スケピシ
脚本 トム・ストッパード
原作 ジョン・ル・カレ
製作 ポール・マスランスキー
ニール・カントン
フレッド・スケピシ
出演者 ショーン・コネリー
ミシェル・ファイファー
音楽 ジェリー・ゴールドスミス
撮影 イアン・ベイカー
編集 ピーター・ホーネス
配給 アメリカ合衆国の旗 MGM
日本の旗 松竹富士
公開 アメリカ合衆国の旗 1990年12月25日
日本の旗 1991年5月25日
上映時間 123分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 アメリカ合衆国の旗カナダの旗 $22,997,992[1]
テンプレートを表示

ソ連でもロケが行なわれた。アメリカ映画のロケがソ連で行われたのは『レッドブル』に次いで2作目である。

目次

あらすじ編集

ペレストロイカ体制下のソ連・モスクワで開催中のイギリス・オーディオ・フェアの会場でセールスマンのランダウは、カーチャと名乗る1人のロシア人女性からイギリスの出版社社長バーリー・ブレア宛てに3冊のノートを託される。

そのノートには東西のパワー・バランスを一気に崩しかねない、ソ連の核兵器システムの重大な欠陥が事細かに記されていた。ノートは英国情報部「ロシア・ハウス」の手に渡り、バーリーは尋問を受ける。彼はかつてソ連の作家村で「ダンテ」と名乗る作家と交流を持っていたからだ。

にわかスパイに仕立て上げられたバーリーはソ連へ渡りカーチャと接触、ダンテとも再会を果たすが、CIAKGBも参戦した英米ソ三つ巴のスパイ戦争に巻き込まれていく。

そんな中、バーリーとカーチャの間には、国境も政治的思惑も越えた愛が芽生えつつあった。

スタッフ編集

キャスト編集

※()は日本語吹き替え

その他、塚田正昭岡和男目黒裕一富田晃介福田信昭山口健火野カチコ紗ゆり

脚注編集

  1. ^ The Russia House”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2012年4月7日閲覧。

外部リンク編集