メインメニューを開く

ロシア国立東洋美術館(ロシアこくりつとうようびじゅつかん、Искусство стран Востока、State Museum of Oriental Art)は、ロシアモスクワにある美術館である。

Japanese Map symbol (Museum) w.svg ロシア国立東洋美術館
Искусство стран Востока
East nations art museum in Moscow shot 01.jpg
ロシア国立東洋美術館の位置(モスクワ中心部内)
ロシア国立東洋美術館
モスクワ中心部内の位置
施設情報
所在地 ロシアの旗 ロシア モスクワ
位置 北緯55度45分23秒
東経37度35分59.4秒
座標: 北緯55度45分23秒 東経37度35分59.4秒
外部リンク http://www.orientmuseum.ru/
プロジェクト:GLAM

目次

概要編集

ロシア国立東洋美術館は、以前はルーニン家の家(Lunin's house)と呼ばれた建物に、1918年10月、政府管理によりモスクワに設立された、

ソ連およびロシア連邦時代において東洋美術の収集を目的とした唯一の美術館である。日本をはじめ、中国インドイラン中央アジアコーカサスの各共和国などの素晴らしい美術品が多数収集されており、およそ100か国以上の国々の作品16万点以上が収蔵されている。

中でも、日本の美術品は約8500点あり、そのうち484点の日本絵画コレクション(首藤定コレクション)が知られている。首藤定コレクションは当初は582点寄贈されたが、その後、文化省の命令によって57点の作品がロシア国内19か所の美術館、博物館に移され、また、1975年5月23日にソ連政府から、福田平八郎の作品41点が日本へ返還され、これらは京都国立近代美術館に収蔵された。また、浮世絵版画もストロガノフ美術大学の旧蔵品、イワノヴァニシェンスキー旧蔵品など約2000点が収蔵されている。

収蔵品編集

参考文献編集

  • ロシア国立東洋美術館所蔵首藤コレクション 幻の日本画名品展 細野正信 佐藤光信監修 「幻の日本画名品展」事務局、1999年

外部リンク編集