メインメニューを開く

ロジック日本の元競走馬アグネスタキオンの初年度産駒で、中央競馬GIを制した。馬名は論理学を意味するロジックから。

ロジック
Logic horse.jpg
2009年7月12日 阪神競馬場
品種 サラブレッド
性別
毛色 黒鹿毛
生誕 2003年3月17日(16歳)
登録日 2005年8月18日
抹消日 2009年8月26日
アグネスタキオン
エイプリルドラマ
母の父 サクラユタカオー
生国 日本の旗 日本北海道新冠町
生産 武田修一
馬主 ノースヒルズマネジメント
(前田幸治)
調教師 橋口弘次郎栗東
競走成績
生涯成績 23戦3勝
獲得賞金 1億8594万2000円
テンプレートを表示

目次

戦績編集

2005年10月8日デビュー。3歳春はクラシック戦線には進まずマイル戦主体のローテを組まれ、シンザン記念・アーリントンカップを好走。ニュージーランドトロフィー3着でNHKマイルカップへの優先出走権を獲得し、本番ではロスの少ない内埒沿いから末脚を伸ばし、ファイングレインとの叩き合いを制し、重賞初制覇をGI勝利で飾った。続く東京優駿(日本ダービー)では11番人気の低評価ながら中団からレースを進め5着となった。

しかし古馬との対戦となった秋初戦の毎日王冠にて殿負け、以後精彩を欠く内容が続き成績は急落。右前指骨剥離骨折や脚部不安による2度の長期休養を挟み6歳夏まで現役を続けたが中山金杯・大阪城ステークス4着が目立つ程度で、結局NHKマイルカップ以降は3着までに入ることもなく、2009年の小倉日経オープン12着後に右前浅屈腱炎を発症し現役引退となった。

引退後編集

京都競馬場で屈腱炎の治療と平行して誘導馬となるための訓練を受けたのち、2010年5月30日に誘導馬としてデビュー。平地GI競走の勝利馬が誘導馬となる初のケースである[1]。なお訓練時に去勢され、せん馬となっている。三木ホースランドパークにて乗馬として供用されたあと、現在は福島県南相馬市のFUKONO ECURIEで功労馬として繋養されている。

競走成績編集

年月日 競馬場 競走名 頭数 枠番 馬番 オッズ
(人気)
着順 騎手 斤量 距離(馬場) タイム
(上り3F
タイム
勝ち馬/(2着馬)
2005 10. 8 京都 2歳新馬 8 5 5 2.3 (1人) 1着 武豊 55 芝1400m(良) 1:23.7 (34.7) -0.2 (ドリームパートナー)
10. 29 京都 萩S OP 8 1 1 4.6 (3人) 3着 安藤勝己 55 芝1800m(重) 1:50.0 (34.8) 0.9 フサイチリシャール
11. 20 京都 2歳500万下 8 1 1 2.3 (2人) 1着 武豊 55 芝1400m(良) 1:22.7 (34.8) -0.2 (ウインレジェンド)
12. 17 阪神 さざんかS OP 9 5 5 3.3 (2人) 2着 武豊 56 芝1400m(良) 1:22.0 (35.3) 0.0 イースター
2006 1. 9 京都 シンザン記念 GIII 9 7 7 3.0 (2人) 3着 武豊 56 芝1600m(良) 1:34.9 (35.1) 0.5 ゴウゴウキリシマ
2. 25 阪神 アーリントンC GIII 15 4 6 9.4 (5人) 2着 武豊 56 芝1600m(良) 1:35.3 (35.3) 0.6 ステキシンスケクン
4. 8 中山 ニュージーランドT GII 12 6 8 5.3 (2人) 3着 内田博幸 56 芝1600m(良) 1:33.7 (35.2) 0.2 マイネルスケルツィ
5. 7 東京 NHKマイルC GI 18 3 6 8.7 (3人) 1着 武豊 57 芝1600m(良) 1:33.2 (35.0) 0.0 ファイングレイン
5. 28 東京 東京優駿 GI 18 2 3 46.3 (11人) 5着 幸英明 57 芝2400m(稍) 2:28.5 (35.4) 0.6 メイショウサムソン
10. 8 東京 毎日王冠 GII 16 4 8 11.1 (5人) 16着 武豊 57 芝1800m(良) 1:46.6 (35.4) 1.1 ダイワメジャー
11. 4 京都 カシオペアS OP 13 5 6 4.0 (3人) 8着 武豊 57 芝1800m(良) 1:47.3 (33.4) 0.5 スーパーホーネット
11. 19 京都 マイルCS GI 18 2 4 36.7 (9人) 17着 ルメール 56 芝1600m(良) 1:34.1 (35.6) 1.4 ダイワメジャー
2007 1. 6 中山 中山金杯 GIII 16 5 10 24.4 (11人) 4着 内田博幸 56 芝2000m(不) 2:04.0 (38.9) 1.6 シャドウゲイト
2. 17 京都 京都記念 GII 14 4 6 35.4 (7人) 8着 ルメール 56 芝2200m(稍) 2:17.9 (35.9) 0.7 アドマイヤムーン
3. 10 阪神 大阪城S OP 12 4 4 10.7 (6人) 8着 安藤勝己 56 芝1800m(良) 1:47.4 (34.3) 0.2 スーパーホーネット
4. 1 中山 ダービー卿CT GIII 15 7 12 6.4 (2人) 11着 内田博幸 56 芝1600m(良) 1:34.0 (35.7) 0.9 ピカレスクコート
5. 5 新潟 新潟大賞典 GIII 16 7 14 21.6 (12人) 8着 藤岡佑介 56 芝2000m(良) 1:58.1 (34.3) 0.4 ブライトトゥモロー
2008 2. 9 小倉 小倉大賞典 JpnIII 16 1 2 73.3 (12人) 9着 北村友一 56 芝1800m(良) 1:48.3 (35.8) 0.6 アサカディフィート
3. 15 阪神 大阪城S OP 16 1 2 15.3 (8人) 4着 上村洋行 56 芝1800m(良) 1:46.6 (35.2) 0.5 オースミグラスワン
4. 13 福島 福島民報杯 OP 16 7 13 10.9 (5人) 12着 北村友一 56 芝2000m(良) 2:01.5 (37.9) 1.3 フィールドベアー
5. 11 京都 都大路S OP 18 6 12 15.8 (7人) 15着 上村洋行 57 芝1600m(稍) 1:36.1 (35.8) 1.3 フサイチアウステル
2009 7. 12 阪神 プロキオンS GIII 16 5 9 103.4 (13人) 9着 上村洋行 58 ダ1400m(良) 1:24.1 (37.0) 1.4 ランザローテ
8. 23 小倉 小倉日経OP OP 16 3 5 25.7 (11人) 12着 上村洋行 58 芝1800m(良) 1:46.9 (36.0) 1.2 マストビートゥルー

血統表編集

ロジック血統サンデーサイレンス系 / 5代までアウトブリード (血統表の出典)[§ 1]
父系 ヘイロー系サンデーサイレンス系
[§ 2]

アグネスタキオン
1998 栗毛
父の父
*サンデーサイレンス
Sunday Silence
1986 青鹿毛
Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
父の母
アグネスフローラ
1987 鹿毛
*ロイヤルスキー
Royal Ski
Raja Baba
Coz o'Nijinsky
アグネスレディー *リマンド
イコマエイカン

エイプリルドラマ
1989 鹿毛
サクラユタカオー
1982 栗毛
*テスコボーイ
Tesco Boy
Princely Gift
Suncourt
アンジェリカ *ネヴァービート
スターハイネス
母の母
ファインドラマ
1974 鹿毛
シンザン *ヒンドスタン
ハヤノボリ
スイートベリー トサミドリ
*スイートヘレン F-No.2-e
母系(F-No.) 2号族(FN:2-e) [§ 3]
5代内の近親交配 5代内アウトブリード [§ 4]
出典
  1. ^ JBISサーチ ロジック 5代血統表2017年9月2日閲覧。
  2. ^ netkeiba.com ロジック 5代血統表2017年9月2日閲覧。
  3. ^ JBISサーチ ロジック 5代血統表2017年9月2日閲覧。
  4. ^ JBISサーチ ロジック 5代血統表2017年9月2日閲覧。


曾祖母の父トサミドリからアグネスタキオンに至るまで4代続けて内国産種牡馬が重ねられており、日本のGI級優勝馬ではめずらしい存在である。

脚注編集

外部リンク編集