メインメニューを開く

概要編集

ヒプノシスキーフと並び、多くのプログレッシブ・ロック・アルバムのアート・ワークを担当した事で、そのバンドのファンから親しまれているアート・デザイナー。幻想的な作風を用いて、色づかいや枠線の描き方に東洋絵画風の要素が見られる。

特にイエス関連の作品で知られ、ディーンのイラストがもつ透明で幻想的なグラフィック・イメージが、イエスの追求した音楽性をリスナーに喚起させる力が強く、イエスもそれを高く評価して、一時はイエスの第六のメンバーとも言われた。詳細はイエスとの出会いを参照。

略歴編集

1944年、4人兄弟(弟:マーティン、妹:ペニー、妹:フィリッパ)の長男として、イングランドケント州アシュフォードに生まれる。父親がイギリス軍のエンジニアであったため、キプロス香港などを転々とする幼年期、少年時代を過ごした[2]。1959年になって一家がイギリスに戻ると、アシュフォード・グラマー・スクールを経て、母親が結婚前にカンタベリー州の芸術学校で服飾デザインを学んでいた影響からか、1961年、カンタベリー州の王立家具デザイン学校の3年コースに入り、そこで銀細工の加工と家具のデザインを学んだ[2]。1965年、ロンドンの英国王立芸術大学(ロイヤル・カレッジ・オブ・アート)に入学し、デザインの国家免許を取得。1968年、同校を卒業した後、工業デザイナーとして働き始める[2]

1968年、ロニー・スコット・ジャズ・クラブ英語版の改装に携わった関係で、エイドリアン・ガーヴィッツらのバンド ガン英語版のアルバム『GUN(邦題『悪魔天国』)』のカバー・デザインを依頼され、それが好評であったため、以降、ジャケット・デザインの仕事も手がけるようになった[2][3]。『Us and Them: Symphonic Pink Floyd』におけるディーン自身のライナー・ノーツによれば、ピンク・フロイド在籍時のシド・バレットとアパートをシェアリングしていたという。

1971年、イエスの4作目のアルバム『こわれもの』のジャケット・デザインを担当すると、商業的にも成功するイエスのアルバム・ジャケットの多くを手がけるようになり、プログレッシブ・ロックのファンの間における知名度が上がって、イエスのほか、ユーライア・ヒープジェントル・ジャイアントのジャケット・デザイン、或いはヴァージン・レコードのロゴやレーベルのデザインなどを次々と手がけていく[2][3]

1970年代前半は、イエスのステージ・セットにも携わっており、そのためツアーにも帯同することが多く[2]、1973年3月の来日公演におけるイエスの記者会見では、当初、イエスの専属カメラマンを装って会場に姿を現したが、目ざとい記者に見破られ、メンバーと一緒にインタビューを受けさせられるハプニングが起きた[4]

1976年にリリースされたジョン・アンダーソンのソロ・アルバム『サンヒローのオリアス英語版』のジャケットは、ロジャー・ディーンがデザインを担当したイエスの『こわれもの』に描かれた絵が元になっており[5]、実際にはサンヒローのオリアスのジャケットもロジャー・ディーンが手がける予定だったが、この時既にロジャー・ディーンは初の個人画集『Views』の作成に取り掛かっており、時間的な余裕がなかったため、知人のデイブ・ロウというイラストレイターに依頼したものである。

1975年、自身初の画集『Views』をイギリスで出版[2]。初のジャケット・デザインを担当したガン (Gun)のアルバムから、この時点での最新作であるスティーヴ・ハウのソロ・アルバム『ビギニングス』までを、その制作過程まで含めて収録している。

2009年に公開されたアメリカ映画『アバター』に登場する空中に浮かぶ岩、翼竜などの世界観がロジャー・ディーンの描いてきたものにそっくりであることを指摘する人が多いが、ロジャー・ディーンはこの映画には一切の関わりを持っていない。ロジャー・ディーン本人もそっくりであることを自身のホームページで言及している[6]

イエスとの出会い編集

イエスのアルバムジャケットのデザインを担当した経緯は、2012年にリリースされたブルーレイ及びDVDビデオ『イエスソングス 40周年記念HDニューマスター版』に特典映像として収録されたインタビュー映像で、ロジャー・ディーン本人及びスティーヴ・ハウクリス・スクワイアが説明している。最初はロジャー・ディーン自身がアトランティック・レコードフィル・カーソンに自分の作品を売り込みに行き、フィル・カーソンがそれを気に入って、担当しているレッド・ツェッペリンとイエスのどちらかのアルバムに起用することを考え、その時『こわれもの』を制作していたイエスに紹介した。クリス・スクワイアのコメントによれば、その売り込みの時点で『こわれもの』に使用された絵は完成しており、厳密な意味でイエスとロジャー・ディーンが初めて行った共同作業は『危機』だった。また同インタビューにおけるロジャー・ディーンのコメントによれば、『究極』も『マグニフィケイション』も担当するつもりだったが、『究極』はメンバーと意見が合わず、『マグニフィケイション』はイエスのマネージメントサイドから別の人に頼むと告げられた。

アルバムカヴァー提供作品編集

イエス・ファミリー編集

イエス編集

エイジア編集

その他のイエス・メンバー関係編集

  • バジャー : 『ワン・ライヴ・バジャー』 - One Live Badger (1973年)
  • スティーヴ・ハウ : 『ビギニングス』 - Beginnings (1975年)
  • スティーヴ・ハウ : 『スティーヴ・ハウ・アルバム』 - The Steve Howe Album (1979年)
  • スティーヴ・ハウ : Not Necessarily Acoustic (1994年)
  • スティーヴ・ハウ : 『ホームブリュー1』 - Homebrew (1996年)
  • スティーヴ・ハウ : 『ホームブリュー2』 - Homebrew 2 (2000年)
  • スティーヴ・ハウ : 『エレメンツ』 - Elements (2003年)
  • スティーヴ・ハウ : Homebrew 3 (2005年)
  • スティーヴ・ハウ : Homebrew 4 (2010年)
  • スティーヴ・ハウ : 『コンプリート・オブ・ホームブリュー』 - Complete of Homebrew (2010年)
  • スティーヴ・ハウ : Homebrew 5 (2013年)
  • スティーヴ・ハウ : 『アンソロジー』 - Anthology (2015年)
  • スティーヴ・ハウ : Homebrew 6 (2016年)
  • スティーヴ・ハウ : Anthology 2 (2017年)
  • アンダーソン・ブルーフォード・ウェイクマン・ハウ : 『閃光』 - Anderson Bruford Wakeman Howe (1989年)
  • アンダーソン・ブルーフォード・ウェイクマン・ハウ : 『イエス・ミュージックの夜』 - An Evening Of Yes Music Plus (1993年)
  • Various Artists : 『テイルズ・フロム・イエスタデイ』 - Tales from Yesterday (1995年)
  • リック・ウェイクマン : 『地底探検〜完結編』 - Return to the Centre of the Earth (1999年)
  • リック・ウェイクマン : Live In Nottingham (2002年)
  • リック・ウェイクマン : Two Sides Of Yes - Volume II (2002年)

その他のアーティスト編集

  • アース・アンド・ファイアー : 『アース&ファイアー・ファースト』 - Earth and Fire (1970年)
  • アトミック・ルースター : 『イン・ヒアリング・オヴ・アトミック・ルースター』 - In Hearing Of Atomic Rooster (1971年)
  • アレクシス・コーナー : 『ブートレグ・ヒム!』 - Bootleg Him! (1972年)
  • オシビサ : 『オシビサ』 - Osibisa (1971年)
  • イット・バイツ : 『イート・ミー・イン・セント・ルイス』 - Eat Me In St. Louis (1989年)
  • ウィッシュボーン・アッシュ : Live In Bristol (2002年)
  • オシビサ : 『ウォイヤヤ』 - Woyaya (1971年)
  • ガン : 『Gun』 (1968年)
  • キース・ティペット・グループ : 『Dedicated To You, But You Weren't Listening』 (1971年) ※With マーティン・ディーン(ロジャー・ディーンの弟)
  • キャタピラー : 『Changes』 (1972年) ※マーティン・ディーンがデザイン
  • グラス・ハマー : 『The Inconsolable Secret (邦題:悲しみの淵に潜む秘密)』 (2005年)
  • グラス・ハマー : 『If』 (2010年)
  • グラス・ハマー : 『Cor Cordium』 (2011年)
  • グラハム・コリアー : 『Mosaics』 (1971年)
  • クリアー・ブルー・スカイ : 『Clear Blue Sky』 (1970年)
  • グリーンスレイド : 『グリーンスレイド』 (1973年)
  • グリーンスレイド : 『ベッドサイド・マナーズ』 (1973年)
  • デイヴ・グリーンスレイド : 『Cactus Choir』 (1976年)
  • エマ・バントン : 『Free Me』 (2004年)
  • グレイシャス : 『This Is...Gracious!!』 (1971年)
  • グレイヴィ・トレイン : 『Staircase To The Day』 (1974年)
  • サード・イアー・バンド : 『Music From Macbeth』 (1972年)
  • ジェントル・ジャイアント : 『オクトパス』 (1972年)
  • ジェントル・ジャイアント : 『In A Glass House』 (1973年) ※写真・マーティン・ディーン
  • ジャンコ・パートナーズ : 『Junco Partners』 (1970年)
  • ジョン・ダマー・バンド : 『 "Blue" 』 (1971年、1972年) ※変形穴あきジャケット
  • ジョン・ロッジ : 『Natural Avenue』 (1977年)
  • スナッフ : 『Snafu』 (1973年)
  • デル・リチャードソン : 『Pieces Of A Jigsaw』 (1973年)
  • ドクター・ストランジェリー・ストレンジ : 『Heavy Petting』 (1970年) ※変形穴あきジャケット
  • ナイトウィング 『My Kingdom Come』 (1984年)
  • ニトロ・ファンクション : 『Nitro-Function』 (1971年)
  • ニュークリアス : 『Elastic Rock』 (1970年) ※変形穴あきジャケット
  • ニュークリアス : 『We'll Talk About It Later』 (1970年) ※変形穴あきジャケット
  • バッジー : 『Squawk』 (1972年)
  • バッジー : 『Never Turn Your Back on a Friend 英語版』 (1973年))
  • パトゥ : 『Hold Your Fire』 (1971年) ※百面相ジャケット
  • パラディン : 『Charge!』 (1972年)
  • ピート・デロ・アンド・フレンズ : 『Into Youe Ears』 (1971年)
  • ベイブ・ルース : 『First Base』 (1972年)
  • フォーカス : 『Focus X』 (2012年)
  • マグナ・カルタ英語版 : 『Lord Of The Ages』 (1973年)
  • マシュー・スウィート : 『Come To California』 (1997年)
  • マシュー・スウィート : 『Blue Sky On Mars』 (1997年)
  • ミッドナイト・サン : 『Walking Circles』 (1971年)
  • ミッドナイト・サン : 『Midnight San』 (1972年)
  • ユーライア・ヒープ : 『悪魔と魔法使い』 (1972年)
  • ユーライア・ヒープ : 『魔の饗宴』 (1972年)
  • ユーライア・ヒープ : 『シー・オブ・ライト英語版』 (1995年)
  • ユーライア・ヒープ : 『Acoustically Driven』 (2001年)
  • ライトハウス : 『One Fine Morning』 (1971年)
  • ライトハウス : 『Thoughts Of Moving On』 (1971年)
  • ラマセス : 『Space Hymns』 (1971年) ※6面ポスタージャケット
  • ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団 : 『Us and Them: Symphonic Pink Floyd英語版
  • マイク・アブサルム : 『Mike Absalom』 (1971年) ※6面ポスタージャケット
  • マシュー・スウィート : 『ブルー・スカイ・オン・マーズ』 (1997年) ※ロゴデザインのみ
  • TM NETWORK : 『Major Turn-Round』 (2000年、日本のバンド) ※タイトルロゴデザインのみ
  • エレクトリック・シープ : 『SWEEP』 (2006年、日本のバンド)
  • Yuka & Chronoship : 『DINO ROCKET OXYGEN』 (2013年、日本のバンド) ※オリジナルロゴ&タイトルのみ

アートワーク編集

  • HARVEST(EMI)、VERTIGO、NEPENTHA(VERTIGOの姉妹レーベル)、FLY(蠅のイラスト)、CARNABY(後期:蟹のイラスト)レコードなどのロゴとレーベル面のイラスト。
  • ヴァージン・レコードの初期のロゴとレーベル面のイラスト。
  • Yessongs (ビデオ・イエスのライブ・ビデオのアートワークを担当)
  • イン・ザ・ビッグ・ドリームアンダーソン・ブラッフォード・ウェイクマン・ハウのプロモーション・ビデオのアート・ワークを担当)
  • テトリスTETRiS)のタイトルロゴ(特に2002年以降のガイドラインに対応した作品のほとんどで使用されている)。
  • パソコン用画像処理ソフトウェア Kai's Power Tools英語版の監修。開発者のカイ・クラウス英語版とロジャー・ディーンはイエススティーヴ・ハウのCDのジャケット作成に共同参加している。なお、日本において Kai's Power Tools の初めのバージョンを販売していたソフトウェア会社ビーピーエス(2001年に解散)の会社名ロゴ・マークのデザインもロジャー・ディーンの手によるものだった。同社の発売していたゲーム・ソフト『スーパー ブラック オニキス』のパッケージなどのイラストも担当していた。
  • ABWHフォント

画集編集

  • Views(1975年)
  • Album Cover Album(アルバムカヴァー作品集、1977年)- ストーム・ソーガソンとの共著
  • The Flights of Icarus(1977年)
  • Magnetic Storm(1984年)
  • Curved Space(1994年)
  • Dragon's Dream(2008年)
  • ロジャー・ディーン カレンダー(2008年〜2015年度版)

脚注編集

参考文献編集

オリジナル編集

  • Views(画集・1975年 / 新版・2009年)
  • Album Cover Album(写真集・1976年 / 新版・2008年)※レコード・ジャケットの歴史を紹介
  • Magnetic Storm(画集・1984年 / 新版・2009年)
  • Views(DVDビデオ・2002年)
  • Dragon's Dream(画集・2009年)
  • YesSongs 40周年記念HDニューマスター版(ブルーレイ・ビデオ / 2012年)

日本語編集

  • ロジャー・ディーン『Dragon's Dream ロジャー・ディーン幻想画集』佐々木千恵訳、ブルース・インターアクションズ、2009年。ISBN 978-4-86020-370-2
  • ロジャー・ディーン『ヴューズ - ロジャー・ディーン作品集』風間英美子訳、日本テレビ放送網、1987年。ISBN 4-8203-8732-4
  • 黒田史朗『イエス』音楽之友社(1073-232170-0777)、1979年。

関連項目編集

外部リンク編集