メインメニューを開く

ロジャー安川(-やすかわ、1977年10月10日 - )は日系アメリカ人レーシングドライバー・スポッター。アメリカ合衆国カリフォルニア州出身。身長171cm、体重68kg。マネジメントはSpeed of Japanに委託している。

ロジャー安川
Roger Yasukawa 2008 Indy Japan 300.jpg
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生年月日 (1977-10-10) 1977年10月10日(42歳)
出身地 カリフォルニア州ロサンゼルス
親族 Minoru Yasukawa, worked for McLaren and Leyton House F1 teams.[1][2]
IRL IndyCar Seriesでの経歴
デビュー 2003
所属 Conquest Racing
車番 36
過去所属 Super Aguri Fernandez Racing
Rahal Letterman Racing
Playa Del Racing
Dreyer & Reinbold Racing
CURB/Agajanian/Beck Motorsports
出走回数 40
優勝回数 0
ポールポジション 0
シリーズ最高順位 12th (2003)
過去参加シリーズ
2002
2000-2001
1999
1998
1997
Toyota Atlantic Championship
Barber Dodge Pro Series
Formula Palmer Audi
Skip Barber Formula Dodge
Formula Vauxhall Junior

父はF1レイトンハウスマクラーレン等で要職を歴任した安川実

略歴編集

アメリカで生まれ、日本とイタリアで育つ。モータースポーツ業界で働く父の影響を受け、1990年カートを始める。日本で育つうちに英語はすっかり忘れていたため、1から勉強し直したという。1997年にイギリスのジュニア・フォーミュラであるフォーミュラ・ボクスホール・ジュニアに参戦して本格的に四輪レース活動を開始。1998年にはアメリカのフォーミュラ・ダッジシリーズのシリーズチャンピオンを獲得。以後アメリカでチャンプカーインディカー・シリーズの下位カテゴリに参戦する。

2003年鈴木亜久里率いる「スーパーアグリ・フェルナンデス・レーシング」からインディカー・シリーズにフル参戦を開始するが、1年でシートを失う。その後2005年にドレイヤー&レインボールド・レーシングから再度インディカー・シリーズにフル参戦するが結果を残せず、2006年以降はスポット参戦するのみの状態が続いた。

 
2008年インディ500のプラクティスにて

モナコグランプリル・マン24時間レースとならぶ世界三大レースのひとつであるインディ500に2003年から2007年までの5年連続で参戦した。2008年は6年連続での出場に挑戦したが予選落ちとなって記録は途絶えた。

翌2009年はコンクエスト・レーシングからインディ500参戦のために交渉を行ったものの、ブルーノ・ジュンケイラにシートを奪われてしまい出場できなかった。なおインディジャパン300にはドレイヤー&レインボールド・レーシングから参戦した。

2010年から佐藤琢磨の専属スポッターとして契約し活動する。そして第16戦インディジャパンではコンクエストレーシングからスポット参戦し、20位完走の結果を残した。

2014年に安川はドライバーとしての復帰を探るため、一時的に佐藤とのコンビを解消した。しかし後に佐藤の直談判により、再びコンビ復活と相成った。

2017年の第101回インディ500では終始、的確な状況説明で佐藤のドライビングを支えインディ500優勝における重要な役目を果たした。スポッターは通常英語のみ使用するが佐藤琢磨がブリックヤード(フィニッシュライン)を超えた後「おめでとう」と日本語で短く祝いの言葉を本人に伝えている。

2018年1月に佐藤がメインゲストとして出演した、NHKの地上波番組である『嵐・相葉のグッと!スポーツ』でスタジオにサプライズ登場。二人の絆の深さが紹介された。

関連項目編集

参照編集

外部リンク編集