ロスチャイルド&カンパニー

ロスチャイルド & カンパニー英語: Rothschild & Co旧社名: ParisOrléans)は、ヨーロッパ財閥であるロスチャイルド家パリ家ロンドン家が共同所有する金融持株会社仏語ではロチルド・エ・コもしくはロチルド・エ・コンパニ ( - Compagnie)。

ロスチャイルド&カンパニー
Rothschild & Co
種類 株式公開会社
市場情報 EuronextROTH
本社所在地 フランスの旗 フランス
イギリスの旗 イギリス
パリ8区メッスィーヌ大通り (Avenue de messine) 23b番地、
ロンドン・シティ ニューコート (New Court)
設立 1838年 (183年前) (1838)
業種 金融業
事業内容 投資銀行
普通銀行業
アセットマネジメント
プライベート・エクイティ
プライベート・バンキング
代表者 ダヴィド・ド・ロチルド(会長)
ナイジェル・ヒギンズ(CEO)
オリビエ・ペコー(COO)
発行済株式総数 7761万7,512株(2019年)
売上高 減少 18億7200万ユーロ(2019年)
営業利益 減少 4億4600万ユーロ(2019年)
純利益 減少 2億3300万ユーロ(2019年)
純資産 減少 43億8200万ユーロ(2019年)
総資産 増加 141億5700万ユーロ(2019年)
従業員数 3,559人(2019年)
支店舗数 43ヶ国62ヶ所
決算期 12月末日
会計監査人 KPMG
所有者 ロスチャイルド家
主要株主 Rothschild Concordia SAS(34.21%)
Maurel Bernard Family(5.45%)
ジャーディン・マセソン(5.43%)
Holding Financier Jean Goujon SAS(5.23%)
2019年12月31日時点
主要子会社 イギリスの旗 N・M・ロスチャイルド&サンズ
フランスの旗 Rothschild & Cie Banque
関係する人物 アレクサンドル・ド・ロスチャイルド
外部リンク Official Website
テンプレートを表示

ロスチャイルド銀行グループの中核企業としてN・M・ロスチャイルド&サンズ(イギリス)やRothschild & Cie Banque(フランス)などを所有し統括している。
同社は当初、ロスチャイルド家によってパリ・オルレアン鉄道として設立され、フランス国鉄の設立に際する国有化などいくつかの変遷を経て、2015年9月に「ParisOrléans」から現在の「Rothschild & Company」へと改称された。

創業以来、現在も創業家のロスチャイルド家によって所有、経営がなされている。

歴史編集

鉄道会社としての興り編集

同社の歴史はロスチャイルド家によって1838年に創設されたフランスの鉄道会社、パリ・オルレアン鉄道によって始まる。同社はいくつもの買収と合併を繰り返し11,700kmを超える鉄道網を築き上げ、フランスの主要な鉄道会社の一つへと成長した。

1938年にフランス国鉄の創設に際しては他の4つのフランス国内の主要鉄道会社と共に事業は国有化され、同社は不動産会社へと事業を転換した。

主要株主編集

ロスチャイルド家は全体で同社の発行済株式の49.7%、議決権ベースで62.7%を所有している。

Rothschild Concordia SAS編集

ロスチャイルド家によって完全所有される資産管理会社。現在、同社の株式はギー・ド・ロチルドの長男でパリ・ロチルド家嫡流五代目当主ダヴィド・ド・ロチルド男爵の系統によって支配される持株会社を通じて39.42%、アラン・ド・ロチルドの子どもであるエリック、ローバート・ド・ロチルド男爵兄弟(パリ・ロチルド家)の系統によって支配される持株会社を通じて55.58%が所有され、残る5%をロンドン・ロスチャイルド家によって支配される持株会社を通じて所有されている。ロンドン家は2018年末日時点で同社の21.04%を所有していたが、2019年末日までにデヴィッド男爵系の持株会社に6.4%、エリック・ロバート男爵系の持株会社に9.51%の所有株式を売却している。

Holding Financier Jean Goujon SAS編集

パリ・ロチルド家嫡流四代目当主ギー・ド・ロチルドの次男エドゥアール・ド・ロチルドによって所有される持株会社。フランスのチャレンジ誌によればエドゥアールは2019年時点で3億3000万ユーロの純資産を有しており、フランス国内では289番目の大富豪とされる[1]

脚注編集

[脚注の使い方]

関連項目編集

外部リンク編集