ロス・トーマス (作家)

ロス·トーマス(Ross Thomas、1926年2月19日 - 1995年12月18日)は、アメリカ合衆国作家脚本家。 別筆名にオリバー・ブリーク。

ロス·トーマス
Ross Thomas
生年月日 (1926-02-19) 1926年2月19日
没年月日 (1995-12-18) 1995年12月18日(69歳没)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国オクラホマ州オクラホマシティ
死没地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国カリフォルニア州サンタモニカ
職業 脚本家・作家
テンプレートを表示

オクラホマシティ出身。オクラホマ大学卒業後、兵役をへてジャーナリスト、編集者、政府の新聞担当広報マン等となり、ヨーロッパやアフリカに滞在する。

1966年のデビュー作『冷戦交換ゲーム』でアメリカ探偵作家クラブの最優秀処女長編賞を受賞。1984年の『女刑事の死』で同クラブの最優秀長編賞を受賞。サスペンス、スパイ小説の巨匠とされる。

1995年12月、肺癌のため死去。

翻訳された著作編集

  • 『冷戦交換ゲーム』(丸本聡明訳、早川書房、世界ミステリシリーズ) 1968
  • 『可愛い娘』(筒井正明,近見昌三共訳、立風書房) 1974
  • 『ポークチョッパー : 悪徳選挙屋』(筒井正明訳、立風書房) 1974
  • 『強盗心理学』(オリバー・ブリーク名義、尾坂力訳、立風書房) 1976
  • 『恐喝 : シンガポールウインク』(筒井正明,近見昌三共訳、立風書房) 1976
  • 『クラシックな殺し屋たち』(筒井正明訳、立風書房) 1976
  • 『悪魔の麦』(筒井正明訳、立風書房) 1980
  • 『大博奕』(志摩政美訳、立風書房) 1982
  • 『女刑事の死』(藤本和子訳、早川書房、Hayakawa novels) 1986、のちハヤカワミステリアス・プレス文庫、のちハヤカワミステリ文庫
  • 『五百万ドルの迷宮』(菊池光訳、早川書房、The Mysterious Press) 1988、のちハヤカワミステリアス・プレス文庫
  • 『モルディダ・マン』(山本やよい訳、早川書房、ハヤカワミステリアス・プレス文庫) 1989
  • 『八番目の小人』(藤本和子訳、早川書房、ハヤカワミステリアス・プレス文庫) 1989
  • 『神が忘れた町』(藤本和子訳、早川書房、The Mysterious Press) 1990、のちハヤカワミステリアス・プレス文庫
  • 『黄昏にマックの店で』(藤本和子訳、早川書房、The Mysterious Press) 1992、のちハヤカワミステリアス・プレス文庫
  • 『獲物』(菊地よしみ訳、早川書房、The Mysterious Press) 1995
  • 『欺かれた男』(菊地よしみ訳、早川書房、The Mysterious Press) 1996
  • 『暗殺のジャムセッション』(真崎義博訳、早川書房、Hayakawa pocket mystery books) 2009

映画編集

原作・原案編集

脚本編集

外部リンク編集