メインメニューを開く

ロック・オペラ(Rock operas)とは、ロックオペラのことである。

目次

歴史編集

それまでのロック・アルバムでは、収録されている曲はそれぞれが独立した曲で、相互の関連性もなかった。それに対し、一貫したストーリーを持たせたのが、ロック・オペラやコンセプト・アルバム[1]などである。コンセプト・アルバムはストーリーの統一と、テーマの一貫性があれば成り立つが、ロック・オペラの歌詞はキャラクターの一人称形式をとる場合が多い。

音楽・演劇の専門書の中で、「ロック・オペラ」という言葉は誤りである、と指摘されたことがある。オペラを「役を演じる歌手たちによって展開されるドラマ」と定義するならば、ロック・オペラはまさにそれに当てはまる。逆に、歌手が役を演じるのでなく、ストーリーの内容を歌うだけならば、それはロック・オペラではない。

1960年代編集

1966年、カナダでロック・オペラという言葉が、トロントの雑誌「RPMマガジン1966年7月4日号に載った。「ブルース・コバーンと(ウィリアム・)ホーキンス氏がロック・オペラの準備中」と報道したのが初期の例である[2]

同じく1966年ザ・フー[3]ギタリストピート・タウンゼントと仲間たちが、非公式の集まりで使ったのが最初だと言われている。そこでタウンゼントは、ザ・フーのマネージャーのキット・ランバートのために冗談で作った『Gratis Amatis』というテープを流した。仲間たちは大笑いし、その中の一人が言った。「その変な歌はまるでロック・オペラだな」。それを聞いたランバートも「そいつはいい!」と言った[4]

他のロックのジャンルと区別される「ロック・オペラ」の原型を最初に作ったのは、やはりピート・タウンゼントだった。それは、ザ・フーのセカンド・アルバム『ア・クイック・ワン』(1966年)に収録されている『A Quick One While He's Away』という曲で、9分という長さの中に、アイヴァーという名前の機関士(歌うのはジョン・エントウィッスル)が若いガイドの娘(歌タウンゼント)を誘惑するというオペラ的なストーリーが語られていた。

一方、1967年5月には、イタリアローマのパイパー・クラブで、ティート・スキーパ・ジュニアが、ビート・オペラなる『ゼン・アン・アレイ/Then an Alley』を企画・上演した。バックに「ボブ・ディランの曲18曲を流した」この作品は、イタリア国内で話題になったが、それ以外の国で話題になることはなかった。スキーパ・ジュニアはさらに『Orfeo 9』という舞台作品を書いた。これが最初の「イタリア語の」ロック・オペラで、初演は1970年1月だった。『Orfeo 9』は2枚組アルバムと、テレビ映画[5]になった。ちなみにテレビ映画の音楽監督は、後のアカデミー賞受賞者ビル・コンティ[6]だった。

1968年、イギリスのロックバンド、ザ・プリティ・シングスが『S.F. Sorrow』というアルバムをリリースした。このアルバムで何よりの価値があったのは、一つの物語体のコンセプトを持っていたことで、ロック・バンドによる最初の試みであった。あらすじは、セバスチャン・F・ソローという人物が主人公の成年向けの話だが、後のロック・オペラほど筋は通っていなかった。ヒッピー・ミュージカル「ヘアー」はロック・オペラとは呼ばれず、ロック・ミュージカルと呼ばれた。1960年代後半の『ヘアー』はヒット作になった。ヘアーは反戦、ヒッピー、フリーセックス、フリーラヴがテーマで、ヌードシーンも登場する。「The American Tribal Love-Rock Musical」という副題がつけられた『ヘアー』は、1967年、ジョセフ・パップ・パブリック・シアターで初演された[7]

1969年、ザ・フーが『トミー』をリリース。『トミー』こそ本格的なロック・オペラの第1号で、広告にもはっきりと「ロック・オペラ」と謳っていた(ただし、いくつかの広告には「トミー(1914-1984)」と書かれてあった)。同作品には「ピンボールの魔術師」「シー・ミー・フィール・ミー」などの優れた曲が含まれていた。「ピンボールの魔術師」は76年にエルトン・ジョンのカバーで、日本でも小ヒットしている。曲の大部分はタウンゼントが作曲している。ベースのジョン・エントウィッスルが2曲、ドラムスのキース・ムーンが1曲、作曲したことになっているが、実際にはタウンゼントが書いていたようだ[8]。その中の『光を与えて(The Hawker)』には、ブルース歌手サニー・ボーイ・ウィリアムソンIIの初期の曲『Eyesight to the Blind』が組み入れられている。『トミー』は今も変わらずロック・オペラの代表作で、コンサート、映画、バレエ、舞台化されている。ザ・フーはさらに『四重人格』(1973年)も発表し、これも映画化されている。2006年発表のアルバム『Endless Wire』に収録されているタウンゼンド作曲のミニ・ロック・オペラ『Wire & Glass』は、より大きなコンセプトを持つロック・オペラ『The Boy Who Heard Music』の一部に使われた。

1970年代以降編集

ピート・タウンゼントのロック・オペラは、多くのミュージシャンに影響を与えた。作曲家アンドルー・ロイド・ウェバーもその一人で、作詞家のティム・ライスと組んで、『ジーザス・クライスト・スーパースター』を作曲。1970年、コンセプト・アルバムとして録音・リリース。アルバムのヒットで得た資金で、1971年には舞台化した。『ジーザス・クライスト・スーパースター』も広告で「ロック・オペラ」と謳っていたが、ブロードウェイで有名になると、ロック・ミュージカルと呼ばれるようになった。だが、日本では株式会社「劇団四季」が複数回上演することで、商業主義の娯楽作と見られるようになってしまった。

ピーター・ガブリエルが中心だった頃のジェネシス (バンド)も『眩惑のブロードウェイ(ザ・ラム・ライズ・ダウン・オン・ブロードウェイ)』という大作を発表した。ニューヨークに住むラエルという非行少年が地底世界に迷い込み、失っていた自分の一部を探すという内容で、欲望、奇怪なクリーチャー、狂気、救いとストーリーは転がってゆく。

ピンク・フロイドのロック・オペラ『ザ・ウォール』は1,900万[9]を売り上げた。曲を書いたのは主にロジャー・ウォーターズである。『トミー』と同じく、『サ・ウォール』も大がかりなセットを使ったパフォーマンスが行われた(1980年1981年にピンク・フロイドによって、1991年にウォーターズによってベルリンの壁で)。また、そのプロットを使って長編映画『ピンク・フロイド ザ・ウォール』が作られた。ウォーターズはさらにブロードウェイ・スタイルのものにも潤色している。

他には、1996年、ジョン・マイナーがロック・オペラ『Heavens Cafe』をラスベガスのフラミンゴ劇場で上演。2004年にはロサンゼルスで再演された。

ファット・ボーイズはラップ・オペラを制作している。また、パンク・ロック・バンド、グリーン・デイは、2004年の反戦アルバム『アメリカン・イディオット』でロック・オペラ作品を発表した。同作品は、大統領ブッシュの戦争を批判したものである。

ロック・オペラはさまざまな言語で制作されてきた。たとえば、スペインのロック・グループ、マゴ・デ・オズの『Gaia II - La Voz Dormida』(2005年)などである。

2005年9月22日、ロック・バンドのLudoがリリースしたロック・オペラ『ブロウクン・ブライド/Broken Bride』は、ザ・トラベラーと呼ばれる男が愛する人を亡くして、数年後タイム・マシーンで彼女を救いに時間を遡るというストーリーである。彼の旅が年代記的に語られていく。2006年にニュー・ジャージーの4人組ロックバンド、マイ・ケミカル・ロマンスは、を患った男を主人公としたオルタナティブ・ロック・オペラ『ザ・ブラック・パレード』を発表した。

脚注編集

  1. ^ ビートルズのサージェント・ペパーズが初期の作品である
  2. ^ Maconie, Stuart (2013). The People’s Songs: The Story of Modern Britain in 50 Records. p. 167. https://books.google.com/books?id=6xmq82qoq70C&pg=PA167. 
  3. ^ 「サマー・タイム・ブルース」などの代表曲がある
  4. ^ 原文(英語版)には書かれていないが、1996年に再発されたCD『トミー』のライナー・ノートに寄せられた、リチャード・バーネスの『Deaf, Dumb and Blind Boy』という一文が出典である
  5. ^ IMDB
  6. ^ 「ロッキー」のテーマをヒットさせた
  7. ^ Kenrick, John, "Rock: 'The Age of Aquarius'" article at the Musicals101 website
  8. ^ http://www.thewho.net/discography/songs/TommysHolidayCamp.html
  9. ^ 売り上げの数字に関しては、ザ・ウォールを参照のこと。

関連項目編集