ロックオペラ モーツァルト

ロックオペラ モーツァルト』(原題:Mozart, l'opéra rock)はフランスのミュージカルロック・オペラ。2009年9月22日にパリで初演。

曲目編集

第一幕編集

  • Overture
  • Penser l'impossible(レオポルト、ナンネル)
  • La chanson de l'aubergiste(The Innkeeper)
  • Le Trublion(ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト)
  • Bim bam boum(アロイジア)
  • Ah! Vous dirais-je maman(コンスタンツェ)
  • Six pieds sous terre(コンスタンツェ、アロイジア)
  • J'accuse mon père(レオポルト
  • Tatoue-moi(ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト)
  • La procession(instrumental)
  • La mascarade(instrumental)
  • Je dors sur des roses(ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト)

第二幕編集

  • Comédie-tragédie(The Clown)
  • Place je passe(ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト)
  • Si je défaille(コンスタンツェ)
  • Le bien qui fait mal(アントニオ・サリエリ)
  • Les solos sous les draps(コンスタンツェ、ナンネル、レオポルト)
  • L'assasymphonie(アントニオ・サリエリ)
  • Dors mon ange(ナンネル)
  • Victime de ma victoire(アントニオ・サリエリ)
  • Vivre à en crever(ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト、アントニオ・サリエリ)
  • C'est bientôt la fin(全キャスト)

登場人物編集

日本版公演編集

2013年版編集

山本耕史と中川晃教がモーツァルトとサリエリを交互に演じ、それぞれ「インディゴバージョン」「レッドバージョン」とされた。サリエリにも光を当て、モーツァルトとの対比をより強く描く[1]ネルケプランニング制作、演出はフィリップ・マッキンリー[2][3]

公演日程編集

スタッフ編集

キャスト編集

2019年版編集

宝塚歌劇団星組で上演。礼真琴舞空瞳トップコンビのお披露目公演となる。演出は石田昌也[4]

公演日程編集

スタッフ編集

キャスト編集

受賞編集

NRJミュージックアワード:

  • Group / Duo / French Cast of the Year
  • French Discovery of the Year - フローレン・モス
  • French Song of the Year - 「L'assasymphonie

脚注編集

  1. ^ 【公演評】ロックオペラ モーツァルト 情熱と悲しみ、2つのモーツァルト - スターファイル”. 朝日新聞社. 2019年12月10日閲覧。
  2. ^ Staff:『ロックオペラ モーツァルト』公式サイト - ウェイバックマシン(2013年5月13日アーカイブ分)
  3. ^ 『ロックオペラ モーツァルト』”. Nelke Planning / ネルケプランニング. 2019年12月19日閲覧。
  4. ^ 星組次期トップコンビは礼真琴&舞空瞳「ロックオペラ モーツァルト」でお披露目”. ステージナタリー. 2019年6月1日閲覧。

外部リンク編集