メインメニューを開く
テイクツー・インタラクティブ > ロックスター・ゲームス

ロックスター・ゲームス: Rockstar Games, Inc.)は、1998年12月イギリス出身のサム・ハウザーダン・ハウザーによって設立され、現在アメリカニューヨーク州ニューヨーク本社を置く大手ゲームソフトメーカー。複数のゲーム開発専門とする子会社を所有しており、テイクツー・インタラクティブブランドでもある[1][2]

ロックスター・ゲームス
Rockstar Games, Inc.
Rockstar Games Logo.svg
種類 公開会社
子会社
略称 RG
本社所在地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ニューヨーク州ニューヨーク
設立 1998年12月(20年前) (1998-12
業種 エンターテインメント
事業内容 ゲームを制作・販売・宣伝・発表・オンライン運営
代表者 サム・ハウザー(創業者・代表)
ダン・ハウザー(創業者・VP
従業員数 2,000人(2018年)[1]
支店舗数 10店舗
決算期 不明
所有者 テイクツー・インタラクティブ
主要株主 テイクツー・インタラクティブ
主要部門 ロックスター・ノース
ロックスター・リーズ
ロックスター・サンディエゴ
主要子会社 ロックスター・ノース
ロックスター・トロント
ロックスター・リーズ
ロックスター・サンディエゴ
ロックスター・インディア
ロックスター・インターナショナル
ロックスター・リンカン
ロックスター・ロンドン
ロックスター・ニューイングランド
RAGEテクノロジーグループ
関係する人物 サム・ハウザー
ダン・ハウザー
外部リンク https://www.rockstargames.com/jp/
テンプレートを表示

日本では主にグランド・セフト・オートシリーズ(GTAシリーズ)やレッド・デッドシリーズ(RDシリーズ)、マックスペインシリーズ(MPシリーズ)などのゲームシリーズ、単独ソフトでは『L.A.ノワール』、『ブリー』などで知られている。

概要編集

主にオープンワールドクライムアクションゲームを開発・販売することが多い。全世界で2億2000万本以上売り上げ[3]、世界的有名なグランド・セフト・オートシリーズを生み出したことで全世界的に広く知れ渡ることになった。

ロックスター・ゲームスといっても、実際は複数の「ロックスター・ブランド」を冠する会社からなる。ロックスターのゲームの起動時に色違いの同じようなロゴが複数回表示されるのは、それぞれ、最初のロゴがロックスター・ゲームス全体(黄色)を、次がロックスター・ゲームスのどの子会社(傘下)が関連開発したかを示すロゴである。

作品内容に暴力性的表現反社会的内容、タブーが多く含まれるため、日本などの国によっては大幅な表現規制をかけられたり、タイではGTAシリーズ全作品が発売禁止になっている事も多い[4]

日本やヨーロッパではマンハントシリーズが発売禁止、アメリカではESRBレーティングを下げてから発売されるなど問題になっている。

また、違法な表現が多いために、市民団体やゲーム規制団体、銃規制団体からや『グランド・セフト・オートIV』では、飲酒運転が可能のため、飲酒運転撲滅団体から反感を買い、訴訟問題にまで発展した事例もある[5]。その最も有名なものが、ヒラリー・クリントン氏が訴訟した『グランド・セフト・オート・サンアンドレアス』の「ホットコーヒー問題」である。

日本では、神奈川県が『グランド・セフト・オートIII』を有害図書に指定し[注 1]CEROが新しいレーティング区分である「CERO: Z(18才以上のみ対象)」を設定するきっかけになった。

しかし、過激な表現のゲームソフトを開発するだけでなく、リアリスティックで大人向けな脚本風刺が含まれるなど、他社が影響を受けるほどのゲームシステムや高い技術力で表現される映像美(グラフィック)については、ゲーム業界から高い評価を得ている。

歴史編集

1998年5月 - テイクツー・インタラクティブはロックスター・ゲームスを買収し、グランド・セフト・オートシリーズなどの人気コンテツを取得した。

2002年 - ロックスター・ノースを買収

ロックスター作品一覧編集

*エージェント (全世界未発売作品)

制作された短編映画編集

  • 1999年公開『グランド・セフト・オート2:ザ・ムービー』 ジャンル:犯罪ドラマ
  • 2004年公開『サッカー工場』ジャンル:ドラマ
  • 2004年公開『グランド・セフト・オート・サンアンドレアス 紹介』ジャンル:犯罪ドラマ
  • 2005年公開『日曜日の運転手』ジャンル:ドキュメンタリー
  • 2010年公開『レッド・デッド・リデンプション:ブラックウォーターからの男』ジャンル:西部劇

子会社編集

活動中のゲーム開発スタジオ編集

ロゴ 社名 所在地 稼働年 備考
  ロックスター・インディア インドバンガロール 2016年
  ロックスター・リーズ イギリスリーズ 2004年
  ロックスター・リンカン イギリスリンカンシャー 2002年
  ロックスター・ロンドン イギリスロンドン 2005年
  ロックスター・ニューイングランド アメリカアンドーバー 2008年
  ロックスター・ノース スコットランドエディンバラ 2002年
  ロックスター・サンディエゴ アメリカカールスバッド 2002年
  ロックスター・トロント カナダオークビル 1999年

かつて存在したゲーム開発スタジオ編集

ロゴ 社名 所在地 稼働年 廃止年 備考
  ロックスター・バンクーバー カナダバンクーバー 2002年 2012年 2012年7月9日、ロックスター・トロントと合併し、ゲーム開発を正式に終了した。
  ロックスター・ウィーン オーストリアウィーン 2003年 2006年 2006年5月11日、ゲーム開発スタジオを閉鎖し、すべての従業員が解雇された。

3大主要部門編集

ロックスター・ノース編集

スコットランドエディンバラを拠点とする最も知名度の高いロックスター・ゲームスの子会社である。以前、DMA Designとして知られていた。グランド・セフト・オートシリーズで有名。

ロックスター・リーズ編集

以前、Mobius Entertainmentとして知られていた。イングランド北部の都市のリーズに拠点を置く。『グランド・セフト・オート・リバティーシティ・ストーリーズ』の責任会社でもある。

ロックスター・サンディエゴ編集

以前、Angel Studiosとして知られていた。カリフォルニア州サンディエゴに拠点を置いている。湾岸ミッドナイトクラブシリーズレッド・デッドシリーズで有名。

ゲームエンジン編集

ロックスター・ゲームス社傘下のロックスター・サンディエゴ社の一部門である「RAGEテクノロジーグループ」によって開発されたロックスター・ゲームス社オリジナルゲームエンジン

PlayStation 3PlayStation 4Xbox 360Xbox OneMicrosoft Windows(PC)、OS XWiiなどのシステムでのゲーム開発を容易にするための基盤として開発された。

グランド・セフト・オートV』や『レッド・デッド・リデンプションII』などのゲームに使用されている。

ソーシャルクラブ編集

ロックスター・ゲームス社がゲーム内で使用するために提供しているデジタル著作権管理マルチプレイヤー共有コミュニケーションのためのサービス(無料)。

全世界中(日本語サービス対応)で1億人以上[7]のユーザーがサインインしており、世界中のプレイヤーとコンテンツを共有できる。

主に『グランド・セフト・オートV』や『レッド・デッド・リデンプションII』などのオンラインモード「GTAオンライン」や「レッド・デッド・オンライン」が人気で、ゲーム内で撮影した画像動画などを世界中のプレイヤーと共有や投稿YouTubeなどへ)が出来る。

ロックスター・ゲームス・ランチャー編集

ロックスター・ゲームス・ランチャー(Rockstar Games Launcher)とは2019年9月18日Microsoft Windowsデスクトップアプリケーションとして発表した[8][9][10]。ロックスター・ゲームスがサービスを開始[10]し、ロックスターの掲げる最大の目的は、同社が販売するPCゲームのタイトルにプレイヤーが素早く簡単にアクセスできるようにするもので、インストールされているゲームタイトルを管理するだけでなく、クラウドセーブや自動更新にも対応させたいという事から始まった[11][12][10]

サービス開始直後では『グランド・セフト・オート・サンアンドレアス』が無料配布[8][12]された。

ランチャー内にあるゲーム作品一覧。編集

  • 『グランド・セフト・オートIII』
  • 『グランド・セフト・オート・バイスシティ』
  • 『グランド・セフト・オート・サンアンドレアス』
  • 『ブリー』
  • 『L.A.ノワール』
  • 『マックス・ペイン3』
  • 『グランド・セフト・オートV』
  • 『レッド・デッド・リデンプションII』

関連項目編集

脚注・出典編集

注釈編集

  1. ^ 残虐性を理由にしたゲームソフトの有害図書類指定は全国で初めてであった[6]

出典編集

  1. ^ 会社情報ロックスターゲームス日本語版公式サイト
  2. ^ ABOUT USテイクツー日本語公式サイト
  3. ^ “Take-Two Q2 2019 Earnings report - Red Dead Redemption 2 has sold 17 Million Copies worldwide, GTAV sells 100 Million” (英語). RockstarINTEL. (2018年11月7日). https://rockstarintel.com/red-dead-redemption-2-has-sold-17-million-copies-worlwide/ 2018年11月8日閲覧。 
  4. ^ 18歳の少年が『Grand Theft Auto IV』を真似てタクシージャック−タイGame spark
  5. ^ 『GTA IV』 “飲酒運転”に対しMADDが非難声明 レーティングの変更を求めるGame spark
  6. ^ 「グランド・セフト・オート3」を有害図書類指定へ――神奈川県”. www.itmedia.co.jp. ITメディア (2005年5月30日). 2005年6月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年12月28日閲覧。
  7. ^ North, Rockstar. “Rockstar Games Social Club” (日本語). socialclub.rockstargames.com. 2019年3月22日閲覧。
  8. ^ a b Inc, Aetas. “PCゲームランチャー「Rockstar Games Launcher」が登場。期間限定で「Grand Theft Auto: San Andreas」の無料配信も” (日本語). www.4gamer.net. 2019年11月9日閲覧。
  9. ^ PCゲームランチャー「Rockstar Games Launcher」登場!『Grand Theft Auto: San Andreas』無料配信も” (日本語). Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト. 2019年11月9日閲覧。
  10. ^ a b c Rockstar GamesがPCゲーム配信プラットフォーム「Rockstar Games Launcher」をリリース、ランチャー乱立時代の波に乗る” (日本語). 電ファミニコゲーマー – ゲームの面白い記事読んでみない?. 2019年11月9日閲覧。
  11. ^ Tane, Kiyoshi. “Rockstar Gamesが PC向け独自ランチャーをリリース。期間限定で「GTA SA」が無料でもらえる - Engadget Japanese” (日本語). Engadget JP. 2019年11月9日閲覧。
  12. ^ a b ロックスター・ゲームスの最新PCゲームをDL&プレイできる“ROCKSTAR GAMES LAUNCHER”が登場。いまなら『GTA:サンアンドレアス』が無料で遊べる” (日本語). ファミ通.com. 2019年11月9日閲覧。

外部リンク編集