メインメニューを開く

概要編集

建設編集

 
クリスマスツリーとアイススケートリンク

大富豪ジョン・D・ロックフェラーによって1930年から建設された。前年に起きた大恐慌の影響でその後建築計画が変更され、全ての建築物が完成したのは9年後の1939年であった。

構造編集

マンハッタンの中心部ともいえる48番街と51番街の22エーカーの土地に、19の商業ビルが四方に建ち、各ビルの低層階はひとつの建物として繋がっている。一番大きいGEビルディングは、高さ259m、70階建てである。

5番街に面するラ・メゾン・フランセーズと大英帝国ビルの屋上には、かつてラルフ・ハンコックが造園した「ガーデン・オブ・ザ・ネイションズ (Gardens of the Nations)[3]」がある。このビルの間の遊歩道は英仏海峡にちなんで「チャネル・ガーデンズ (Channel Gardens)」[4]と呼ばれている。

中心にある半地下のプラザには、万国の国旗プロメテウスの黄金像が立ち、夏にはカフェテラス、冬にはアイススケートリンクとして使用される。特に12月になると特大のクリスマスツリーが飾られることで有名。

センター・アート編集

プロメテウス像やアトラス像が有名。また、2003年秋には村上隆の作品「REVERSED DOUBLE HELIX」が展示された。

三菱地所による買収劇編集

1989年10月三菱地所はロックフェラーセンターを所有するロックフェラーグループ(RGI)の株式51%を取得しておよそ8億4600万ドル(当時のレートで日本円にして約1200億円[5])で買収した[6][7]。これはバブル景気期の成金的な「ジャパンマネー」による海外資産買いあさりの象徴的な例であり、アメリカ国民とニューヨーク市民の大きな反感を買い、ジャパン・バッシングの火に油を注いだ[8]

しかし、後に不動産不況(バブル崩壊)で莫大な赤字を出すことになり、1995年5月連邦倒産法第11章を申請し、運営会社は破産。三菱地所が買収した14棟のうち12棟は売却され、現在は下記の「タイムライフ・ビル」と「マグロウ=ヒル・ビル」の2棟のみが三菱地所の所有となっている。

ビル編集

5番街と6番街の間
 
ラジオ・シティ・ミュージックホール
 
GEビルディング
  • One Rockefeller Plaza - (608,000 平方フィート)
  • 10 Rockefeller Plaza - (288,000 平方フィート) - 元「イースタン航空ビル」。現在はNBCのニュース番組『トゥデイ』のスタジオがある。
  • 30 Rockefeller Plaza - 「GEビル」 - (2.9 百万平方フィート) - 元「RCA&RCAウェストビル」
  • 50 Rockefeller Plaza - 「バンク・オブ・アメリカビル」 - (481,000 平方フィート) - 元「Associated Pressビル」
  • 1230 Avenue of the Americas - サイモン&シュスタービル (706,000 平方フィート)
  • 1260 Avenue of the Americas - 「ラジオ・シティ・ミュージックホール
  • 1270 Avenue of the Americas - (528,000 平方フィート) - 元「RKO」ビル
  • 600 Fifth Avenue - (409,000 平方フィート) - 元「シンクレア・オイル・ビル」
  • 610 Fifth Avenue - 「ラ・メゾン・フランセーズ」(130,000 平方フィート)
  • 620 Fifth Avenue - 「大英帝国ビル」 (130,600 平方フィート)
  • 626 Fifth Avenue - 「パラッツォ・ディタリア」(120,000平方フィート)
  • 630 Fifth Avenue - 「インターナショナル・ビルディング (1.2百万平方フィート)
  • 636 Fifth Avenue - 「インターナショナル・ビルディング・ノース」(120,000 平方フィート)
6番街と7番街の間
  • 1271 Avenue of the Americas - 「タイムライフ・ビルディング」
  • 1221 Avenue of the Americas - 「マグロウ=ヒル・ビルディング」
  • 745 Seventh Avenue - 「バークレイズ・ビルディング」(元リーマンブラザース・ビルディング)。建物はバークレイズが所有し、土地はロックフェラー・グループが所有している。

以前のビル編集

5番街と6番街の間
  • Center Theatre(以前のRKO Roxy Theatre;ロックフェラーセンターの建設当初のビルの中で解体された唯一のビル)1954年に解体されたときはNBC television studioという名称であった。
  • 75 Rockefeller Plaza(元々はEsso Building、後にTime Warner Building)– 現在の所有者はMohamed Al Fayed
6番街と7番街の間

主なテナント編集

現在のアメリカを代表する大企業が入居している。NBCがGEビル内に本社スタジオを置く他、地元局・WNBCもここにある。また、ラジオシティ・ミュージックホールがあるなど、マスコミ、エンターテインメント系の企業が多く存在している。なお、日本企業もいくつか入居している。

万国旗編集

ロックフェラーセンター内のプラザには200の旗用ポールが並んでおり、国際連合加盟国アメリカ合衆国およびアメリカ合衆国の海外領土の旗(および飾り用や季節をモチーフにした旗)が取り付けられている。 アメリカ合衆国の祝日には全てのポールの旗は星条旗となる[11]

クリスマスツリー編集

センター内には高さ20m~30m程のクリスマスツリーが設置されている。毎年11月下旬から12月上旬にかけて行われる点灯式は、NBCテレビによって米国全土に中継される。

ギャラリー編集

屋上展望台からの夜景

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ National Park Service (2007-01-23). "National Register Information System". National Register of Historic Places. National Park Service.
  2. ^ Rockefeller Center”. National Historic Landmark summary listing. National Park Service (2007年9月18日). 2013年11月26日閲覧。
  3. ^ The Gardens of the Nations
  4. ^ Channel Gardens
  5. ^ “三井不動産がニューヨーク最大級ビル建設、報じられない巨額損失リスク…三菱地所の悪夢”. ビジネスジャーナル. (2017年9月27日). https://biz-journal.jp/2017/09/post_20731.html 2019年9月20日閲覧。 
  6. ^ Cole, Robert J. (1989年10月31日). “Japanese Buy New York Cachet With Deal for Rockefeller Center”. ニューヨーク・タイムズ. https://www.nytimes.com/1989/10/31/business/japanese-buy-new-york-cachet-with-deal-for-rockefeller-center.html 2019年9月20日閲覧。 
  7. ^ “三菱地所(株)『丸の内百年のあゆみ : 三菱地所社史. 資料・年表・索引』(1993.03)”. 渋谷社史. (1989年10月31日). https://shashi.shibusawa.or.jp/details_nenpyo.php?sid=11710&query=&class=&d=all&page=178 2019年9月20日閲覧。 
  8. ^ 三菱地所、続きがあったロックフェラー物語” (2013年11月18日). 2019年9月20日閲覧。
  9. ^ 1211 Avenue of the Americas, New York, NY | Rockefeller Group Development Corporation. Rockgroupdevelopment.com. Retrieved on 2013-08-17.
  10. ^ 1251 Avenue of the Americas — The McGraw-Hill Building, NYC | Rockefeller Group Development Corporation. Rockgroupdevelopment.com. Retrieved on 2013-08-17.
  11. ^ Rockefeller Center, New York City - Things to Do”. VirtualTourist. 2012年8月15日閲覧。

外部リンク編集