メインメニューを開く

ロックマンワールド2』(ロックマンワールドツー、ROCKMAN WORLD 2)は、1991年12月20日カプコンから発売されたゲームボーイ専用のアクションゲーム

ロックマンワールド2
ジャンル 横スクロールアクション
対応機種 ゲームボーイ
開発元 日本システムハウス[1]
発売元 カプコン
音楽 山崎憲司
シリーズ ロックマンシリーズ
人数 1人
メディア 1メガビットロムカセット
発売日 日本 199112201991年12月20日
アメリカ合衆国 1992021992年2月
ヨーロッパ 199207311992年7月31日
対象年齢 日本 CEROA(全年齢対象)
アメリカ合衆国 ESRBE(6歳以上)
コンテンツ
アイコン
アメリカ合衆国 Mild Cartoon Violence
その他 型式:日本 DMG-W2J
アメリカ合衆国 DMG-W2-USA
ヨーロッパ DMG-W2-UKV
テンプレートを表示

北米、欧州では『Mega Man II』のタイトルで発売された。

目次

概要編集

ゲームボーイのロックマンシリーズ第2作目。ベース作品は『ロックマン2』(1988年、以下『2』)と『ロックマン3』(1990年、以下『3』)。

ベース作品が存在するにもかかわらず、使われているBGMは殆どがナンバリング作品のアレンジや流用ではなく本作オリジナルのものとなっている。システム面では『3』に近く、E缶のほかラッシュやスライディングがゲームボーイ作品の中では初登場している。またシリーズ中本作のみの仕様として、梯子を登っている状態で攻撃を受けても振り落とされずにそのまま登れること、エネルギー回復中に画面が静止せず、ポーズ(武器ウィンドウ開閉)を含めて操作が可能であることなどが挙げられる。

ゲーム内容編集

特殊武器編集

ナンバリング作品との相違点を中心に記述する。特記無きものは特徴はほぼ同じ。

メタルブレード(ME) - メタルマンを撃破 - 消費エネルギー(1/4)
今回は発射時の隙が無くなり、走りながら発射できる。また特定の敵を一撃で破壊可能。
エアーシューター(AR) - エアーマンを撃破 - 消費エネルギー(2)
クラッシュボム(CL) - クラッシュマンを撃破 - 消費エネルギー(4)
リーフシールド(WD) - ウッドマンを撃破 - 消費エネルギー(3)
木の葉の当たり判定が『2』では4枚セットであったが、本作では1枚ずつに変更されている。そのため、4枚あるうちの1枚だけがはね返されて無くなるということがある。また、本作では当たっても木の葉が消えないため、連続でダメージを与える事ができる。
ニードルキャノン(NE) - ニードルマンを撃破 - 消費エネルギー(1/4)
マグネットミサイル(MG) - マグネットマンを撃破 - 消費エネルギー(2)
ハードナックル(HA) - ハードマンを撃破 - 消費エネルギー(2)
『3』と違い、梯子に捕まっているときに使うと落ちてしまう。
タップスピン(TP) - タップマンを撃破 - 消費エネルギー(1)
『3』と違い、側面にしか当たり判定が無い。ただし、効かない敵に連発してもエネルギーを消費しない。
サクガーン(SG) - クイントを撃破 - 消費エネルギー(-)
削岩ロボットを改造したものである。先端の尖ったホッピングを呼び出し、その上に乗ることで使用する。敵を踏みつけることで攻撃するのだが、一撃で破壊できない場合はロックマン自身もダメージを受ける。また、特殊武器ゲージはサクガーンに乗っている間ずっと減り続ける(感覚的にはラッシュジェットやラッシュマリンに近い)。

その他の特殊武器編集

ラッシュコイル(RC) - クラッシュマンを撃破 - 消費エネルギー(2)
乗ると、大ジャンプができる。
なおナンバリング作品と異なり、今作以降のゲームボーイ作品ではロックマンの標準装備ではなく、ボスを倒して入手しなければならない。
ラッシュジェット(RJ) - エアーマンを撃破 - 消費エネルギー(-)
乗って上下左右に移動できる。『3』と違い、水中では使えない。
ラッシュマリン(RM) - メタルマンを撃破 - 消費エネルギー(-)
水中でしか使えないが、ラッシュジェットに似通った能力がある。また慣性が働くようになった。
ラッシュスペース
厳密には特殊武器ではないが、便宜上本項目で説明する。
今作で初登場のジェットとマリンの機能を併せ持ったようなラッシュの変形パターン。外見はラッシュマリンと同様だが、スクリューの代わりにロケットエンジンらしきものが装備されている。その名の通り、宇宙空間用の形態。プレイヤーの操作は出来ず、デモでのみ登場する。
その後『ロックマンワールド4』と『ロックマンワールド5』でも登場するが、この作品でのみワイリーマシンから奪ったミサイルを装備している。

ストーリー編集

毎度敗北を負うDr.ワイリーは、打開策としてある秘策を思いつく。それは、開発段階のタイムマシンを盗み出して過去の家庭用ロボットのロックマンを倒そうと考えた。ところがその盗み出したタイムマシンは未来にしか行けない欠陥がある事が判明、そこでワイリーは未来へ行き、未来のロックマンを捕まえ改造してしまうという計画へと変更した。そしてワイリーの手下となった未来のロックマンが、現在のロックマンに立ちふさがる。

登場キャラクター編集

メインキャラクター編集

DRN.001 ロックマン(Rockman)
Dr.ワイリー(Dr. Wily)

ボスキャラクター編集

ナンバリング作品との相違点を中心に記述する。

ロックマン2』から
前作同様、戦うのは選択ステージの一回のみ。
DWN.009 メタルマン(Metalman)
『2』と違い、床(ベルトコンベア)の流れる方向が切り替わらない。また一定の高さからジャンプして、メタルブレードを二枚投げる。
DWN.010 エアーマン(Airman)
DWN.013 クラッシュマン(Crashman)
弱点武器で与えられるダメージが大幅に減少している。
DWN.016 ウッドマン(Woodman)
ロックマン3』から
後半のワイリーステージにのみ登場。前作同様、部屋にテレポートカプセルが並んだボスラッシュの形式になっているが、カプセルに入るとステージが存在する(つまり、実際には前半ステージと同じく選択式になっている)点が前作と異なる。
DWN.017 ニードルマン(Needleman)
DWN.018 マグネットマン(Magnetman)
DWN.020 ハードマン(Hardman)
今作ではハードナックルに攻撃すると、こちらの攻撃を跳ね返す。
DWN.021 タップマン(Topman)
今作ではコマに攻撃すると、こちらの攻撃を跳ね返す。

その他のボスキャラクター編集

RKN.002クイント(Quint)
Dr.ワイリーがロックマンを倒す刺客として送り込んだロボット。ワイリーが戦闘機能を持たない未来のロックマンを捕らえて改造したものである。複数の説があり、「現代のワイリーが未来の自分と結託したため、未来のロックマンが現代のロックマンを助けに来たが、なんらかの理由で戦闘機能が低下していたためにワイリーに捕まった」[2]という説と、「未来ではワイリーが改心し平和が戻ったため、未来のロックマンも戦闘機能が外されていて、そこを現代のワイリーに襲われて捕まった」[3]という説がある。本来は穏やかで戦いを好まない平凡なタイプであるが、洗脳されているために攻撃を仕掛けてくる。上記の様に元々戦闘機能を持たない為、戦闘では削岩ロボットを改造した「サクガーン」に乗り込んで攻撃してくる。他のボスと異なり、体力ゲージが表示されない(ロックバスターの場合、32発で倒せる)。また、作中では撃破演出がなく生死不明。
オリジナルボスだが、ロックマンキラーとしてはナンバリングされていない。ただし、『ロックマンワールド5』では他のオリジナルボス同様に再登場している。
ロックマン&フォルテ 未来からの挑戦者』でもある場面で登場する。
ワイリーマシン・ワールド2号(Wily Machine World 2)
ワイリーマシン・ワールド2号’(ダッシュ)(Wily Machine World 2 Dash)
ワイリーマシン・ワールド2号”(ツーダッシュ)(Wily Machine World 2 Two Dash)
対ロックマン用兵器。合計3形態との連戦になるが、同じ3連戦の『ロックマン6』のワイリーマシン6号と異なりワイリーカプセル形態の戦闘はない。
また他作品のワイリーマシンと異なり、体力ゲージを0にすると外装がはがれて中身が出るのではなく「飛行機タイプのワイリーカプセルがマシンを破壊されるたびに分離し、次のマシンに乗り継ぐ。」というような方法で形態変化(?)する[4]。ワイリーマシンの中では一番費用を費やした[5]
しかし何より本ボスを印象付けるのは、その小ささである。高さがロックマンより少し高い程度で、搭乗しているワイリーもロックマンの頭一個ほどの大きさになっている。
ロックマンシリーズではかなり珍しく、ワイリーが土下座をせず、カプセルごとその場から逃げ出す。また、撃破するとロックマンがいつもの武器習得を行い(習得武器名が表示されるデモはなし)、ワイリーマシンのミサイルを入手し、ワイリーにとどめをさしている(他の作品でもワイリーを倒した後にワイリーが逃げ出すものがあるが、土下座をした後である(『ロックマン4』など))。また、逃げ出したとしてもワイリーにはとどめをささず、見逃している(『ロックマン7』ではとどめをさそうとしているが、未遂で終わっている)。
1996年に発売された絵本『ロックマン Dr.ワイリーをやっつけろ!!』でもワイリーが乗り込んでいる。

他機種版編集

No.タイトル発売日対応機種開発元発売元メディア型式売上本数
1ロックマンワールド2
バーチャルコンソール
  201309252013年9月25日
  201405082014年5月8日
PAL 201408072014年8月7日
ニンテンドー3DS任天堂開発第一部任天堂ダウンロード--

開発編集

本作はBGMだけでなく、操作感覚や画面演出にも他のシリーズ作品と異なる部分が多い。これについてプロデューサー稲船敬二は「外注先が『ロックマンワールド』とは別の会社で、そこがあまりロックマンをわかっていなかった」とコメントしている[6]。このことから『ロックマンワールド3』以降のゲームボーイ作品は『ロックマンワールド』と同じ会社に発注することにしたという[7]

また、シリーズ作品の中でも難易度が低いという声があり、漫画家有賀ヒトシは発売当時の思い出として「前作ロックマンワールドと比べて、かなり簡単になったのですぐクリアできてしまった」と語っている[8]

評価編集

評価
レビュー結果
媒体結果
Electronic Gaming Monthly32/40点[9]
ファミ通22/40点[10]
ファミリーコンピュータMagazine22.3/30点[11]
Aktueller Software Markt8/12点[9]

ゲーム誌『ファミコン通信』のクロスレビューでは、5・6・6・5の合計22点(満40点)[10]、『ファミリーコンピュータMagazine』の読者投票による「ゲーム通信簿」での評価は以下の通りとなっており、22.3点(満30点)となっている[11]

項目 キャラクタ 音楽 お買得度 操作性 熱中度 オリジナリティ 総合
得点 4.0 3.6 3.7 3.8 3.8 3.4 22.3

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ Biox Co., Ltd. - MobyGames” (英語). Blue Flame Labs. 2018年6月17日閲覧。
  2. ^ 講談社『コミックボンボンスペシャル87 ロックマン大図鑑』ほか
  3. ^ カプコン発行の非売品冊子『クラブ☆カプコン 1993 AUTUMN 創刊号』
  4. ^ 実質、別型3台のワイリーマシンが用意されているような対決になる。
  5. ^ 講談社まんが百科ロックマン&ロックマンX大図鑑』監修: カプコン、講談社、1994年、ISBN 4-062-59006-9、p.84。
  6. ^ 『R20 ロックマン&ロックマンX オフィシャルコンプリートワークス』(2008年 株式会社カプコン発行、ISBN 978-4-86233-178-6)66ページ
  7. ^ 『R20 ロックマン&ロックマンX オフィシャルコンプリートワークス』(2008年 株式会社カプコン発行、ISBN 978-4-86233-178-6)67ページ
  8. ^ コミックボンボンスペシャル118 ロックマン10年史大辞典』(1998年 講談社発行、ISBN 4-06-103318-2)24ページ
  9. ^ a b Mega Man II for Game Boy (1991) - MobyGames” (英語). Blue Flame Labs. 2018年6月17日閲覧。
  10. ^ a b ロックマンワールド2 まとめ [ゲームボーイ]/ ファミ通.com” (日本語). KADOKAWA CORPORATION. 2018年6月17日閲覧。
  11. ^ a b 「超絶 大技林 '98年春版」『Play Station Magazine』増刊4月15日号、徳間書店/インターメディア・カンパニー、1998年4月15日、 542頁、 ISBN 雑誌26556-4/15{{ISBN2}}のパラメータエラー: 無効なISBNです。

外部リンク編集