メインメニューを開く

ロックンローラ』(RocknRolla)は、ガイ・リッチー脚本・監督の2008年イギリス映画ロンドンを舞台にした犯罪群像劇。イギリスで初登場1位を記録。

ロックンローラ
RocknRolla
監督 ガイ・リッチー
脚本 ガイ・リッチー
製作 ジョエル・シルバー
スーザン・ダウニー
スティーヴ・クラーク=ホール
ガイ・リッチー
製作総指揮 スティーヴ・リチャーズ
ナヴィド・マッキルハージー
出演者 ジェラルド・バトラー
トム・ウィルキンソン
タンディ・ニュートン
マーク・ストロング
イドリス・エルバ
トム・ハーディ
トビー・ケベル
音楽 スティーヴ・アイルズ
撮影 デヴィッド・ヒッグス
編集 ジェームズ・ハーバート
配給 ワーナー・ブラザース
公開 イギリスの旗 2008年9月5日
日本の旗 2009年2月21日
上映時間 114分
製作国 イギリスの旗 イギリス
言語 英語
製作費 $18,000,000
興行収入 $25,728,089[1]
テンプレートを表示

目次

あらすじ編集

ロンドンのギャングワンツーは裏社会の顔レニーに騙され200万の借金を抱えてしまう。そんななかレニーはロシアの富豪と700万の取引を始め…。

キャスト編集

サウンドトラック編集

ロックンローラ
サウンドトラック
リリース
ジャンル ロック
レゲエ
ガレージ・ロック
ファンク
インディー・ロック
ハード・ロック
ラテン音楽
ビート・ミュージック
レーベル Varese Sarabande
ガイ・リッチー作品のサウンドトラック アルバム 年表
Revolver
(2005)
ロックンローラ
(2008)
Sherlock Holmes
(2009)
テンプレートを表示

トラックリスト編集

  1. "Dialogue Clip: People Ask the Question" by Mark Strong
  2. "I'm a Man" by ブラック・ストロボ
  3. "Have Love, Will Travel" by The Sonics
  4. "Dialogue Clip: No School Like the Old School" by Various Artists
  5. "Bankrobber" by The Clash
  6. "The Trip" by Kim Fowley
  7. "Dialogue Clip: Slap Him!" by Various Artists
  8. "Ruskies" by Steve Isles
  9. "Outlaw" by War
  10. "Waiting for a Train" by Flash and the Pan
  11. "Dialogue Clip: Junkies" by Various Artists
  12. "Rock & Roll Queen" by The Subways
  13. "The Gun" by ルー・リード
  14. "The Stomp" by ザ・ハイヴス
  15. "We Had Love" by The Scientists
  16. "Dialogue Clip: Sausage & Beans" by Various Artists
  17. "Mirror in the Bathroom" by The Beat
  18. "Funnel of Love" by Wanda Jackson
  19. "Such a Fool" by 22-20s
  20. "Dopilsya" by EX SEKTOR GAZA
  21. "Negra Leono" by Miguelito Valdés


脚注編集

  1. ^ RockNRolla (2008)” (英語). Box Office Mojo. 2010年4月11日閲覧。

外部リンク編集