ロッコーのモダンライフ

ロッコーのモダンライフ』(英名 Rocko's Modern Life)は、ジョー・マレー(Joe Murray)が創作し、1993年から1996年の間アメリカで放映されたテレビアニメーションシリーズ。日本では、ニコロデオンが開局した1998年から放送された。 2019年にはNetflixにてスペシャルアニメ『ロッコーのモダンライフ 〜ハイテクな21世紀〜』が配信された。

登場キャラクター編集

なお、吹き替え声優はテレビシリーズの物とする。

ロッコー (Rocko, en)
声:カルロス・アラズラキ/吹き替え:遠近孝一
オーストラリア生まれのワラビーで、コミック店で働いている。但し日本語版のセリフ中ではカンガルーと表現されるのが殆ど。
スパンキー (Spunky, en)
声:カルロス・アラズラキ/吹き替え:原語版流用
ロッコーの飼い犬。
ヘッファー・ウルフ (Heffer Wolfe, en)
声:トム・ケニー/吹き替え:?
ロッコーの親友であるウシ。家族は全員オオカミ。
食いしん坊で、チャッピーチキンが好き。
フィルバート・タートル (Filburt Turtle, en)
声:ダグ・ローレンス/吹き替え:高塚正也
ロッコーの親友のカメで、眼鏡をかけた。
エド・ビッグヘッド (Ed Bighead (en))
声:チャーリー・アドラー/吹き替え:加藤精三→???
ロッコーの家の隣に住むカエル。コングロモ社に勤務している。ロッコーとの仲は悪い。
ベブ・ビッグヘッド (Bev Bighead(en))
声:チャーリー・アドラー/吹き替え:?
エドの妻。ロッコーとの仲は良好。
ラルフ・ビッグヘッド (Ralph Bighead)
声:ジョー・マレー/吹き替え:?
ビッグヘッド夫妻の息子。当初は、父親のエドが働いているコングロモ社に就職予定だったが、それを断った。
ハリウッドで、テレビアニメシリーズファットヘッドを制作。
ハチソン先生 (Dr. Paula Hutchinson)
フィルバートの彼女であり、後に彼とは結婚する。回によって様々な職についている。
ハチソン先生の母親はネコで、父親がカメである。

他作品への影響編集

本作にディレクターとして参加したステファン・ヒレンバーグは後に『スポンジ・ボブ』を手掛ける[1]。主人公スポンジ・ボブ役の声優であるトム・ケニーは本作にて端役を演じており、この時の声がスポンジ・ボブの声の元になっている[1]

脚注編集

  1. ^ a b Fequiere, Pedro. “日本人はほぼ知らない「スポンジボブ」の裏エピソード15選” (日本語). BuzzFeed. 2021年5月12日閲覧。

外部リンク編集