ロッテワールド韓国語: 롯데월드英語: Lotte World)は、大韓民国ソウル特別市松坡区にあるテーマパーク。運営はロッテグループのホテル事業であるホテルロッテのロッテワールド事業本部。1985年に着工、1989年7月12日にオープンした。マスコットキャラクターは「ロッティ&ローリー」。施設にはロッテ百貨店免税店を併設し観光名所として知られている。ソウル首都圏ではエバーランドソウルランドと合わせ三大娯楽施設と呼ばれることがある。

ロッテワールド
Lotte World
롯데월드
Khitai7.jpg
ロッテワールド・アドベンチャー全景
施設情報
テーマ 小さな地球村(작은 지구 마을
事業主体 株式会社ホテルロッテ
管理運営 株式会社ホテルロッテ
面積 28,246m2
開園 1989年7月12日
所在地 大韓民国の旗 大韓民国
ソウル特別市松坡区オリンピック路240
位置 北緯37度51分 東経127度10分 / 北緯37.850度 東経127.167度 / 37.850; 127.167座標: 北緯37度51分 東経127度10分 / 北緯37.850度 東経127.167度 / 37.850; 127.167
公式サイト http://www.lotteworld.com/
テンプレートを表示
ロッテワールド
各種表記
ハングル 롯데월드
発音 ロッテウォルドゥ
英語案内: Lotte World
テンプレートを表示
ロッテワールドの位置(ソウル特別市内)
ロッテワールド
ソウル特別市内の位置

遊園地であるロッテワールド・アドベンチャー롯데월드 어드벤처Lotte World Adventure)は、屋内のアドベンチャーと、石村湖(西湖)に突き出した屋外のマジック・アイランド매직아일랜드)を合わせた部分であり、その他、ロッテワールド民俗博物館(민속박물관)、アイスリンク、ホテルなどがある。

概要編集

 
ロッテワールド・アドベンチャー内部
 
マジックアイランド正面

ロッテワールド・アドベンチャーは、1989年7月12日に開業し、マジックアイランドは1990年3月24日に開業した。現在は40以上のアトラクションがある韓国内でも大規模のテーマパークである。2011年の来場者数は758万人で、世界のテーマパークランキングで11位を記録した。

2006年3月26日、同年3月5日に起こった従業員の転落死亡事故のお詫びとしてパークを同年3月31日まで無料で開放したが、パークのキャパシティをはるかに超える10万人の観客の殺到により35人の負傷者を出すという事故が起こった[1][2]。これを受けて27日以降の無料開放を中止する措置をとった。

2007年1月、施設の安全性について深刻な問題があるという診断を受け、1月8日からは営業を臨時中止していたが同年7月1日、約85億円が投入された全面的な安全改補修を済ましてから「ロッテワールドシーズン2」を宣言し営業を再開した。

テレビドラマ「天国の階段」や「Running Man」「ボスを守れ」「ジキルとハイドに恋した私」の撮影で使用された。

他展開編集

韓国内編集

2014年から2015年にかけて慶尚南道金海市長有洞に金海ロッテウォーターパークをオープンしていた。2014年10月14日、ロッテワールドの近接地のロッテワールドモール内にロッテワールド水族館をオープンした。その後も2016年には恩平ロッテモールにロッテワールド・キッズパークをオープン。2017年4月3日、ロッテワールドのすぐ向かいにロッテワールドタワーをオープンした。

2021年釜山広域市機張郡の東釜山観光団地のオシリアテーマパークに釜山ロッテワールド・マジックフォレストテーマパークが開場予定である。

ロッテワールド東京編集

1990年代、東京都江戸川区葛西臨海地区のロッテ所有地に「ロッテワールド東京」を建設する計画があり、実際にアセスメントまで実施したが[3][4]、近隣に東京ディズニーシー等競合施設が建設されたことなどを受け、同計画は凍結。着工に至っていない。

ロッテワールド瀋陽編集

中華人民共和国瀋陽市に建設。2014年に一期工事が完成し、ショッピングモールが営業を開始。続いて二期工事のテーマパーク、オフィスビルの建設が始まったが、2016年に韓国内のTHAADミサイル配備に伴い中韓関係が悪化すると、中国当局が消防法違反を理由に工事許可を取り消した。2018年現在も工事完成の目処は立っていない[5]

入場料編集

1989年にオープン当時の入場券価格は4,500ウォン、フリーパスは13,000ウォンだったが、現在はフリーパス59000ウォンとなっている。既存の入場券は、フリーパスに統一された。また、外国人観光客のための外国人のフリーパスも存在する。

アクセス編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ “ロッテワールド、客殺到で負傷者、無料入場の催しで。”. 日本経済新聞 朝刊 (日本経済新聞社): p. 7. (2006年3月27日) 
  2. ^ 修羅場と化したロッテワールド”. 朝鮮日報 (2006年3月27日). 2006年11月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年1月19日閲覧。
  3. ^ 手続きの進捗状況 (仮称)ロッテワールド東京計画”. 東京都環境局 (1997年12月2日). 2018年1月22日閲覧。
  4. ^ “ロッテワールド東京、計画縮小、景観や日照阻害などに配慮――ホテル1棟建設中止。”. 日本経済新聞 朝刊 (日本経済新聞社): p. 15. (1999年1月22日) 
  5. ^ 韓経:「THAAD雪解け」本当に来るのか…ロッテ、中国テーマパーク工事再開に期待感”. 中央日報 (2018年4月2日). 2018年4月6日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集