メインメニューを開く

ロドニー・バーナード・ペドラザRodney Bernard Pedraza[1], 1969年12月28日 - )は、アメリカ合衆国テキサス州出身の元プロ野球選手投手)。

ロドニー・ペドラザ
Rodney Pedraza
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 テキサス州サンアントニオ
生年月日 (1969-12-28) 1969年12月28日(49歳)
身長
体重
186 cm
98 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1991年 MLBドラフト2巡目
初出場 NPB / 1999年5月1日
最終出場 NPB / 2003年5月25日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

目次

経歴編集

1991年のMLBドラフト2巡目で、テキサス大学から、モントリオール・エクスポズに指名され契約。1994年にはコロラド・ロッキーズに移籍。それぞれのマイナーチームでプレーした。

1997年は、独立リーグであるノーザンリーグウィニペグ・ゴールドアイズでプレー。1998年テキサス・レンジャーズと契約した。1999年4月7日、当時はレンジャーズ傘下の2Aタルサより福岡ダイエーホークスに入団した。メジャー経験はない。

当初は先発要員としての獲得だったが、当時の尾花高夫投手コーチがクローザーとしての適性を見極め、抑えに転向させると大活躍。勝利の方程式の一員としてチームの日本一に大きく貢献した。この年、リーグ優勝と日本一の胴上げ投手になる。翌2000年には3勝35セーブを挙げ、最優秀救援投手のタイトルを獲得し、再びリーグ優勝の胴上げ投手となる。2001年は他球団のマークが厳しくなった中ながらも4勝34セーブを挙げ、2度目の最優秀救援投手のタイトルを獲得した。

2002年は年々の勤続疲労、制球の乱れ、球威低下などによる成績不振により同年9月25日にダイエーを退団。同年11月18日巨人移籍が決まる。王貞治は「ペドラザはウェイトトレーニングのしすぎだよ。投手はあんな体になっちゃいけないんだ」と評している。巨人ではコリー・ベイリーとともに中継ぎ、また河原純一が故障した場合の代役抑えとして期待されたが、右肩の故障や年齢などによる衰えを隠せず、目立った活躍のないままシーズン序盤の2003年6月16日に解雇された。

引退後は、テキサス州にてヤフオク!ドーム20個分の敷地を持つ牧場を経営している。

2018年7月16日にヤフオクドームで行われたソフトバンク対西武戦で始球式を行った。2002年以来の同ドームのマウンドでの投球となった。

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
1999 ダイエー 48 0 0 0 0 3 1 27 -- .750 231 59.0 44 0 10 2 4 38 0 2 15 13 1.98 0.92
2000 51 0 0 0 0 3 4 35 -- .429 189 50.1 35 3 4 1 1 40 0 0 13 12 2.15 0.77
2001 54 0 0 0 0 4 4 34 -- .500 238 56.2 63 10 10 2 2 32 0 2 24 23 3.65 1.29
2002 34 0 0 0 0 1 2 21 -- .333 128 30.0 36 4 5 1 0 16 0 0 11 11 3.30 1.37
2003 巨人 7 0 0 0 0 1 1 0 -- .500 36 6.0 16 1 1 1 1 0 1 1 10 8 12.00 2.83
通算:5年 194 0 0 0 0 12 12 117 -- .500 822 202.0 194 18 30 7 8 126 1 5 73 67 2.99 1.11
  • 各年度の太字はリーグ最高

タイトル編集

表彰編集

記録編集

NPB
  • 初登板:1999年5月1日、対西武ライオンズ4回戦(福岡ドーム)、8回表に4番手として救援登板・完了、2回1失点
  • 初奪三振:同上、8回表に鈴木健から
  • 初セーブ:1999年5月8日、対西武ライオンズ7回戦(西武ドーム)、8回裏に3番手として救援登板・完了、2回無失点
  • 初勝利:1999年7月17日、対西武ライオンズ17回戦(福岡ドーム)、10回表に5番手として救援登板・完了、1回無失点
  • 通算100セーブ:2002年4月29日、対千葉ロッテマリーンズ4回戦(千葉マリンスタジアム)、9回裏に3番手で救援登板・完了、1回無失点 ※史上11人目
  • オールスターゲーム出場:4回 (1999年 - 2002年)

背番号編集

  • 50 (1999年 - 2002年)
  • 42 (2003年)

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ ウェイン・グラシック『2002 JAPAN PRO BASEBALL - 英語版 日本プロ野球メディアガイド』日本洋書販売、2002年、ISBN 9784901178778

関連項目編集

外部リンク編集