ロドリゴ・アマラル

この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はアマラル第二姓(母方の)はペレイラです。

ロドリゴ・ナウエル・アマラル・ペレイラRodrigo Nahuel Amaral Pereira , 1997年3月25日 - )は、ウルグアイモンテビデオ県モンテビデオ出身のプロサッカー選手トルネオ・ウルグアージョ・コパ・コカ・コーラナシオナル・モンテビデオに所属している。ポジションはFW

ロドリゴ・アマラル Football pictogram.svg
名前
本名 ロドリゴ・ナウエル・アマラル・ペレイラ
Rodrigo Nahuel Amaral Pereira
ラテン文字 Rodrigo Amaral
基本情報
国籍 ウルグアイの旗 ウルグアイ
生年月日 (1997-03-25) 1997年3月25日(23歳)
出身地 モンテビデオ
身長 178cm
体重 83kg
選手情報
在籍チーム ウルグアイの旗 ナシオナル・モンテビデオ
ポジション FW
背番号 10
利き足 左足
ユース
ウルグアイの旗 ナシオナル・モンテビデオ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2015-2017 ウルグアイの旗 ナシオナル・モンテビデオ 18 (1)
2017- アルゼンチンの旗 ラシン・クラブ 0 (0)
2019- ウルグアイの旗 ナシオナル・モンテビデオ (loan) 11 (4)
代表歴2
2015-2017 ウルグアイの旗 ウルグアイ U-20 55 (17)
1. 国内リーグ戦に限る。2020年1月28日現在。
2. 2020年1月28日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

来歴編集

2014-15シーズン途中にナシオナル・モンテビデオのトップチームに昇格。同シーズンは出場機会こそなかったもののリーグ優勝を経験。翌2015-16シーズンに正式にデビューの形になり、2015年8月16日のCAビジャ・テレサ戦でプロデビュー。同月24日のリーベル・プレート戦でプロ初ゴールを決めた[1]。しかし、2016年シーズンは1試合の出場にとどまり、更にフロント陣との関係悪化もあり、2017年9月17日にラシン・クラブに移籍。しかしながら出場機会がないまま、2019年1月に古巣にローン移籍の形で復帰。2019年シーズンは11試合で4ゴールを決めた。

代表経歴編集

2015年から飛び級でU-20のウルグアイ代表でプレー。2017年の南米ユース選手権では優勝。2017 FIFA U-20ワールドカップでは、グループリーグのイタリア戦でFKを決め、1-0の勝利に導いた[2][3]。同大会は4位入賞を果たし、アマラル自身は5ゴールを決め、大会得点王に輝いた。

脚注編集

  1. ^ NACIONAL VS. RIVER PLATE 2 - 1”. Soccerway (2016年8月24日). 2020年1月28日閲覧。
  2. ^ 日本が首位発進…ウルグアイ、ビデオ判定で獲得のPKは失敗も圧巻FKでイタリア撃破”. ゲキサカ (2017年5月21日). 2020年1月28日閲覧。
  3. ^ 日本大丈夫か!?「新しいフォルラン」の左足がレコバ級の破壊力だった”. Qoly.jp (2017年5月22日). 2020年1月28日閲覧。

外部リンク編集