メインメニューを開く

ロナルド・ハーウッド

ロナルド・ハーウッド(Ronald Harwood CBE, 1934年11月9日 - )は、イギリス劇作家脚本家

ロナルド・ハーウッド
Ronald Harwood
生年月日 (1934-11-09) 1934年11月9日(84歳)
出生地 南アフリカの旗 南アフリカ連邦ケープタウン
配偶者 Natasha Richie

目次

略歴編集

南アフリカ連邦ケープタウンユダヤ系の両親の間に生まれ[1]、1951年にロンドンに移住した。王立演劇学校で演技を学び、1953年から1958年まで著名なシェイクスピア俳優・舞台マネージャーのドナルド・ウォルフィット英語版の付き人となる。後にこの経験を基に舞台劇『ドレッサー』を書いた。

1960年代から脚本家としてキャリアを始める。2002年の『戦場のピアニスト』でロマン・ポランスキーとともにアカデミー脚色賞を受賞した。

主な脚本作品編集

参照編集

  1. ^ Albert Poland forum”. 2010年2月4日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年1月18日閲覧。

外部リンク編集