ロニー・ジェイムス・ディオ

アメリカ合衆国出身のロックミュージシャン

ロニー・ジェイムス・ディオ[1]Ronnie James Dio、本名: Ronald James Padavona、1942年7月10日 - 2010年5月16日[2])は、アメリカ合衆国出身のロックミュージシャンシンガーソングライター

ロニー・ジェイムス・ディオ
Ronnie James Dio
Ronnie-James-Dio Heaven-N-Hell 2009-06-11 Chicago Photoby Adam-Bielawski.jpg
ヘヴン・アンド・ヘル - USAシカゴ公演(2009年6月)
基本情報
出生名 Ronald James Padavona
別名 Ronnie James Dio
生誕 1942年7月10日
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニューハンプシャー州ポーツマス
死没 (2010-05-16) 2010年5月16日(67歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国テキサス州ヒューストン
ジャンル ハードロック
ヘヴィメタル
職業 ミュージシャンボーカリストシンガーソングライター
担当楽器 ボーカルベース
活動期間 1957年 - 2010年
共同作業者 エルフ
レインボー
ブラック・サバス
ディオ
ヘヴン・アンド・ヘル
公式サイト ronniejamesdio.com

主にHR/HMバンド「レインボー」や「ブラック・サバス」の元ボーカリストとして知られ、自ら率いたグループ「ディオ」でも活動した。音楽活動を始めたのは1957年にまで遡り、遅咲きでもあった。

概要編集

非常に張りのある中音域が特徴の伸びのある声を持ち、また時に演劇的ですらあるドラマチックな発声により、いわゆる様式美ヘヴィメタルの教祖的存在とされ、絶大な存在感を発揮した。欧米人の中では比較的小柄ではあるが声量があり、最後まで非常にパワフルな歌唱を聴かせていた。 ライブでも「絶対音感のボーカリスト」と称されるほど、故意のフェイク以外では音程を外さなかった。これは、幼少期からトランペットのトレーニングを受けてきたことが素地になっているという。また、膨大な量のオペラを聞いて育っており、特にマリオ・ランツァから影響を受けている[3]

60歳を超えてなお、その精力的な活動はメタル界のゴッドファーザーと評されることが多かった。

メロイックサインをヘヴィメタル界に広めた人物である[4]

日本においては「演歌の様にコブシを効かせて歌い上げる圧倒的な存在感」であることからヘヴィメタル界の北島三郎と呼ばれ親しまれていた[5]

来歴編集

 
ブルガリア・カヴァルナに建つ ロニー像

1957年、学生の頃からすでにバンド活動を始め、ボーカリストベーシスト兼任していた。1962年には、「ロニー・ディオ・アンド・ザ・プロフェッツ」というバンドでプロに転身していることから、音楽歴ではザ・ビートルズと肩を並べるベテランである。ディープ・パープルの前座を務めていた頃、リッチー・ブラックモアに見出され、押しも押されもせぬロック・シンガーとなった。

エルフ」「レインボー」「ブラック・サバス」を経て、1982年に自らのバンド「ディオ」を結成。1991年にブラック・サバスに復帰するが、翌年に再び脱退。それ以降はディオに専念するが、メンバーチェンジや音楽性の迷いで、商業的には不振が続いた。

また1986年には、ディオのメンバーを中心にアフリカの飢餓救済を目的としたチャリティ・プロジェクト「ヒア・アンド・エイド」を結成し、当時活躍していたヘヴィメタルミュージシャンが多数参加したアルバム『スターズ』をリリースした。

2007年、ロニーが参加した時期の「ブラック・サバス」のベスト・アルバムをリリースすることに伴い、アルバム『悪魔の掟』のレコーディング・メンバー(ロニー・ジェイムス・ディオ、ヴィニー・アピスギーザー・バトラートニー・アイオミ)と再び組んで同バンドを変名させた「ヘヴン・アンド・ヘル」名義でツアーを行った。

2009年、ヘヴン・アンド・ヘル初となるアルバムをリリース。ヴァッケン・オープン・エアラウドパークを含むツアーを行った。しかし11月27日、自身の公式サイトにて早期の胃癌と診断されたことを明かし、予定されていたヘヴン・アンド・ヘル及びディオのヨーロッパ・ツアーをすべてキャンセル、闘病生活に入るも、翌2010年5月16日午前7時45分(米中部夏時間)、ヒューストンで死去。67歳であった[6]

在籍したバンド編集

ディスコグラフィ編集

ロニー・ディオ・アンド・ザ・プロフェッツ編集

  • Dio At The Domino's (1963年)

エルフ編集

  • 『エルフ』 - Elf (1972年)
  • 『キャロライナ・カウンティ・ボール』 - Carolina County Ball (1974年) ※米国盤タイトル『L.A./59』
  • 『バーン・ザ・サン』 - Trying to Burn the Sun (1975年)

レインボー編集

ブラック・サバス編集

ディオ編集

  • 『情念の炎〜ホーリィ・ダイヴァー』 - Holy Diver (1983年)
  • 『ラスト・イン・ライン』 - The Last in Line (1984年)
  • 『セイクレッド・ハート』 - Sacred Heart (1985年)
  • 『インターミッション』 - Intermission (1986年) ※ライブ
  • 『ドリーム・イーヴル』 - Dream Evil (1987年)
  • 『ロック・アップ・ザ・ウルブス』 - Lock up the Wolves (1990年)
  • 『ダイアモンズ - ベスト・オブ・ディオ』 - Diamonds – The Best of Dio (1992年) ※コンピレーション
  • 『ストレンジ・ハイウェイズ』 - Strange Highways (1994年)
  • 『アングリー・マシーンズ』 - Angry Machines (1996年)
  • 『インフェルノ - ラスト・イン・ライヴ』 - Inferno - Last in Live (1998年) ※ライブ
  • 『マジカ』 - Magica (2000年)
  • 『ザ・ベリー・ベスト・オブ・ディオ』 - The Very Beast of Dio (2000年) ※コンピレーション
  • 『キリング・ザ・ドラゴン』 - Killing the Dragon (2002年)
  • 『マスター・オブ・ザ・ムーン』 - Master of the Moon (2004年)
  • 『イーヴル・オア・ディヴァイン - ライヴ・イン・ニューヨーク・シティ』 - Evil or Divine - Live In New York City (2005年) ※ライブ
  • 『ホーリー・ダイヴァー・ライヴ』 - Holy Diver - Live (2006年) ※ライブ
  • 『ヒット・コレクション』 - Hit Collection (2008年) ※コンピレーション

ヘヴン・アンド・ヘル編集

  • 『ライヴ・フロム・レディオ・ミュージック・シティ・ホール』 - Live from Radio City Music Hall (2007年) ※ライブ
  • 『ザ・デヴィル・ユー・ノウ』 - The Devil You Know (2009年)
  • 『ネオンナイツ30イヤーズ・オブ・ヘヴン・アンド・ヘル』 - Neon Nights: Live At Wacken 2009 (2010年) ※ライブ

脚注編集

  1. ^ ロニー・ジェイムズ・ディオ」の表記もある。
  2. ^ Heavy metal singer Ronnie James Dio dies at 67 - BBC News
  3. ^ Talk Today - Ronnie James Dio”. USA Today (2002年6月17日). 2013年6月26日閲覧。
  4. ^ ロニー・ジェイムス・ディオの妻、ハンドサインを商標登録しようとしているジーン・シモンズを批判”. NME JAPAN (2017年6月19日). 2017年12月16日閲覧。
  5. ^ 「ヘビメタ界の北島三郎」 ロニー・J・ディオに追悼続々 J-CASTニュース 2010年5月17日 2015年5月21日閲覧
  6. ^ ロニー・ジェイムズ・ディオ、死去”. BARKS (2010年5月18日). 2017年12月16日閲覧。

外部リンク編集