ロニー・モントローズ

ロニー・モントローズ(Ronnie Montrose、1947年11月29日 - 2012年3月3日)は、アメリカギタリスト。エドガー・ウィンター・グループへの参加や、モントローズガンマでの中心人物としての経歴、多くのセッション活動やソロ活動で知られる。

ロニー・モントローズ
Ronnie Montrose
Ronnie Montrose 4 - Montrose - 1974.jpg
ロニー・モントローズ(1974年
基本情報
出生名 Ronald Douglas Montrose
生誕 1947年11月29日
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カリフォルニア州サンフランシスコ
死没 (2012-03-03) 2012年3月3日(64歳没)
ジャンル ロック
ハードロック
ヘヴィメタル
インストゥルメンタル
フュージョン
ブルースロック
職業 ミュージシャン
ギタリスト
作曲家
プロデューサー
担当楽器 ギター
マンドリン
マンドロンチェロ
ベース

ボーカル
活動期間 1969年 - 2012年
共同作業者 モントローズ
ガンマ
エドガー・ウィンター
ヴァン・モリソン
公式サイト Ronnie Montrose website
著名使用楽器
ギブソン・レスポール

来歴編集

サンフランシスコに生まれる[1]。幼少時に母親の出身地のコロラド州に移り住む。デンバーで大半の期間を暮らし[2]、16歳のときに家を出た。

1969年、ベーシストのビル・チャーチと「Sawbuck」というバンドを結成。ファースト・アルバム用のレコーディングを行っている頃、プロデューサーのデヴィッド・ルービンソンは丁度ヴァン・モリソンのアルバム制作のためにオーディションを行っていた。Sawbuckのアルバムにモントローズは数曲のみ参加し[3]、ビル・チャーチと共にモリソンのアルバム『テュペロ・ハニー』(1971年)に全面的に参加した。また、このときのセッションで録音された「Listen to the Lion」は『セント・ドミニクの予言』(1972年)に収録された。

ボズ・スキャッグスのバンドに短期間いたのち、1972年、エドガー・ウィンター・グループの結成に参加した。同年11月、『ゼイ・オンリー・カム・アウト・アット・ナイト』を発表。リック・デリンジャーも参加したアルバムであるが、シングルカットされた「フランケンシュタイン」のギターはモントローズである。

1973年、自身のバンド、モントローズを結成した。

ジャズ・フュージョン分野での活動でも知られる。1971年にはハービー・ハンコックの初電化セクステット・アルバム『Mwandishi』に参加。1978年にはトニー・ウィリアムスのバンドの一員として来日しライブ・アンダー・ザ・スカイ'78で日本の聴衆にも生の演奏を披露した。このときの演奏はトニーのアルバム『Joy of Flying』で聞くことができる。

2012年3月3日、死去。64歳没。当初は病死と伝えられたが、後に長らく患っていた鬱病が原因とされる自殺であることが明らかになった。

ディスコグラフィ編集

ソロアルバム編集

モントローズ編集

  • 1973年 Montrose 「ハード・ショック!」
  • 1974年 Paper Money 「ペーパー・マネー」
  • 1975年 Warner Brothers Presents... Montrose! 「ワーナー・ブラザース・プレゼンツ」
  • 1976年 Jump On It 「反逆のジャンプ」
  • 1987年 Mean 「ミーン」
  • 2000年 The Very Best of Montrose 「ヴェリー・ベスト・オブ・モントローズ」

ガンマ編集

  • 1979年 GAMMA 1 「ガンマ生誕」
  • 1980年 GAMMA 2 「ガンマ2」
  • 1982年 GAMMA 3 「ムーヴィング・ヴァイオレーション」
  • 1992年 The Best of GAMMA
  • 2000年 GAMMA 4

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集