ロバート・アーバスノット (第2代アーバスノット子爵)

第2代アーバスノット子爵ロバート・アーバスノット英語: Robert Arbuthnott, 2nd Viscount of Arbuthnott、1644年以前 – 1682年6月16日)は、スコットランド貴族

生涯編集

初代アーバスノット子爵ロバート・アーバスノットと1人目の妻マージョリー・カーネギー(1651年12月22日没、初代サウスエスク伯爵デイヴィッド・カーネギーの娘)の息子として生まれた[1]

1655年10月10日に父が死去すると、アーバスノット子爵の爵位を継承した[1]

1682年6月16日に死去、長男ロバートが爵位を継承した[1]

家族編集

1658年3月25日、エリザベス・キース(1664年2月没、第7代マリシャル伯爵ウィリアム・キース英語版の娘)と結婚、1男1女を儲けた[1]

1667年7月30日、キャサリン・ゴードン(1692年11月4日没、ロバート・ゴードンの娘)と再婚[1]、下記の子供を儲けた。

脚注編集

  1. ^ a b c d e Burke's Peerage, Baronetage and Knightage (英語) (99th ed.). London: Burke's Peerage Limited. 1949. p. 70.

関連図書編集

スコットランドの爵位
先代:
ロバート・アーバスノット
アーバスノット子爵
1655年 – 1682年
次代:
ロバート・アーバスノット