ロバート・デヴァルー (第3代エセックス伯)

第3代エセックス伯ロバート・デヴァルー

第3代エセックス伯爵ロバート・デヴァルー英語: Robert Devereux, 3rd Earl of EssexKB, PC1591年1月11日 - 1646年9月14日)は、イングランドの貴族、軍人。

清教徒革命の際に議会軍の総司令官だった。

目次

経歴編集

1591年1月22日、第2代エセックス伯ロバート・デヴァルーとその妻フランセス英語版(国王秘書長官英語版フランシス・ウォルシンガムの娘)の長男としてロンドンに生まれる[1][2]

イートン校を経てオックスフォード大学マートン・カレッジ英語版へ進学した[1]。イートン校在学中の1604年4月18日議会の議決により、大逆罪で処刑・爵位剥奪されていた父の爵位を回復し、第3代エセックス伯爵、第4代ヘレフォード子爵、第12代チャートリーのフェラーズ男爵英語版、第10代バウチャー男爵英語版を継承した[1][2]

1612年から1646年までスタッフォードシャー知事英語版を務めた[1][2]1620年代には三十年戦争に従軍して各地を転戦し、1625年カディス遠征にも従軍した[3]1641年2月に枢密顧問官(PC)に列する[1][2]

1639年主教戦争ではチャールズ1世の命を受けてスコットランド征伐軍の指揮官を務めたが、1642年清教徒革命が発生すると議会側に転じ、議会軍総司令官に就任している[3]

しかし1644年ロストウィシエルの戦い英語版で王軍に敗北したことや従来からの決断力のなさをクロムウェルら部下の将校たちから批判されるようになった。これが1645年に議会軍が州や貴族による連合型の軍隊から単一の新型陸軍英語版へと転換する契機となった[4]

さらに同年4月3日の長期議会において無能指揮官の追放を目的とする辞任条例英語版(上下両院議員は軍指揮官を辞職する内容)が可決されたことでエセックス伯は議会軍総司令官職を辞することになった[5]

その翌年の1646年9月14日にロンドン・ストランド英語版にあるエセックス・ハウス英語版で死去した。55歳だった[1]

一人息子に先立たれていたため、彼の死とともにエセックス伯爵位は廃絶した。ヘレフォード子爵位は初代ヘレフォード子爵ウォルター・デヴァルーの末息子の家系であるウォルター・デヴァルーによって継承された。議会招集令状英語版により創設された爵位であるフェラーズ男爵とバウチャー男爵は、男子なき場合に姉妹間に優劣がない女系継承が可能だが、彼の姉は2人あったため、継承者が決まらず、停止(abeyance)となった。しかしフェラーズ男爵位は1677年になってロバート・シャーリー英語版が継承者に確定した[2]

栄典編集

爵位編集

1604年4月18日の議会の決議により以下の剥奪されていた父の爵位が回復され、継承を認められた[2][1][6][7]

(1572年5月4日勅許状によるイングランド貴族爵位)
(1550年2月2日の勅許状によるイングランド貴族爵位)
(1299年2月6日議会招集令状英語版によるイングランド貴族爵位)
(1348年11月20日の議会招集令状によるイングランド貴族爵位)

勲章編集

家族編集

1606年に初代サフォーク伯トマス・ハワードの娘フランセスと最初の結婚をしたが、1613年に性的無能力者だと言いがかりを付けられて離婚している[1]

ついで1631年にサー・ウィリアム・ポーレット(第3代ウィンチェスター侯爵ウィリアム・ポーレット英語版の子)の娘エリザベスと再婚。彼女との間に一人息子のヘレフォード子爵(儀礼称号)ロバート・デヴァルー(1632-1637)を儲けたが、この息子は夭折した[1][2]

脚注編集

[ヘルプ]

出典編集

  1. ^ a b c d e f g h i Lundy, Darryl. “Robert Devereux, 3rd Earl of Essex” (英語). thepeerage.com. 2015年12月19日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g Heraldic Media Limited. “Essex, Earl of (E, 1572 - 1646)” (英語). Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2015年12月19日閲覧。
  3. ^ a b 松村赳 & 富田虎男 2000, p. 238.
  4. ^ 松村赳 & 富田虎男 2000, p. 238/516.
  5. ^ 松村赳 & 富田虎男 2000, p. 238/674.
  6. ^ Heraldic Media Limited. “Bourchier, Baron (E, 1348 - abeyant 1646)” (英語). Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2015年12月19日閲覧。
  7. ^ Heraldic Media Limited. “Ferrers of Chartley, Baron (E, 1299 - abeyant 1855)” (英語). Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2015年12月19日閲覧。
  8. ^ William A. Shaw (1906). The Knights of England, Volume I. Sherratt and Hughes, London. p. 163. 

参考文献編集

外部リンク編集

公職
空位
最後の在位者
第6代シュルーズベリー伯爵英語版
スタッフォードシャー知事英語版
1612年 – 1627年
次代:
初代モンマス伯爵英語版
先代:
リチャード・リピントン
サットン・コールドフィールド大夫英語版
1612年 – 1646年
次代:
リチャード・ニューディゲート英語版
先代:
初代ジェラルド男爵英語版
スタッフォードシャー首席治安判事英語版
1617年 – 1627年
次代:
サー・エドワード・リトルトン英語版
先代:
サー・エドワード・リトルトン英語版
スタッフォードシャー首席治安判事英語版
1628年 – 1642年
次代:
サー・エドワード・リトルトン準男爵英語版
先代:
初代モンマス伯爵英語版
スタッフォードシャー知事英語版
1629年 – 1642年
空位
先代:
第4代ペンブルック伯爵英語版
宮内長官英語版
1641年 – 1642年
次代:
第4代ドーセット伯爵英語版
先代:
初代サヴィル子爵英語版
ヨークシャー知事英語版
1641年 – 1642年
廃止
イングランドの爵位
先代:
ロバート・デヴァルー
第3代エセックス伯爵
1604年 – 1646年
廃絶
第4代ヘレフォード子爵
1604年 – 1646年
次代:
ウォルター・デヴァルー
第12代チャートリーのフェラーズ男爵英語版
1604年 – 1646年
停止
次代の在位者
ロバート・シャーリー英語版
第10代バウチャー男爵英語版
1604年 – 1646年
停止