ロバート・ハンプデン=トレヴァー (初代ハンプデン子爵)

初代ハンプデン子爵ロバート・ハンプデン=トレヴァー英語: Robert Hampden-Trevor, 1st Viscount Hampden1706年2月17日 - 1783年8月22日)は、グレートブリテン王国政治家外交官作家郵政長官英語版を務めた。

生涯編集

ロバートは1706年2月17日に、トマス・トレヴァーと彼の2番目の妻との間に長男として生まれた。1725年オックスフォード大学のクイーンズ・カレッジ英語版を卒業し、次いでオール・ソウルズ・カレッジの研究員となった。

1729年国務省英語版の書記官に任命された。1734年ホレーショ・ウォルポールの下、秘書として連合州大使館に移った。1739年に大使職を引き継ぎ、特命使節を経て1741年から全権公使となった。この頃、ホレス・ウォルポールと定期的に交流している[1]

1750年アイルランドの税務局長へ就任。1754年、ロバートは資産を継承したことを受け、ジョン・ハンプデン英語版よりハンプデンの名を受けた。彼の兄からトレヴァー男爵位英語版を襲爵してから12年後に当たる1776年ハンプデン子爵位英語版を創設した[1]

ロバート・ハンプデン=トレヴァーは1759年から1765年まで郵政長官英語版を務めた。彼はラテン語による詩作も行っており、その作品は1792年パルマで『ポエマータ・ハンプデニアーナ』(ハンプデンの詩)として出版されている。彼の次男であるジョン・ハンプデン=トレヴァー1749年 - 1824年)は、兄であるトマス・ハンプデン=トレヴァーよりハンプデン子爵位を襲爵してからわずか3週間後に死去したため、ロバートが創設した子爵位は3代目で断絶した[1]

脚注編集

  1. ^ a b c   この記述にはアメリカ合衆国内で著作権が消滅した次の百科事典本文を含む: Chisholm, Hugh, ed. (1911). "Trevor, Sir John § Robert, 4th Baron Trevor and 1st Viscount Hampden". Encyclopædia Britannica (英語). 27 (11th ed.). Cambridge University Press. p. 257.

参考文献編集

外交職
先代:
ホレイショ・ウォルポール
在オランダイギリス大使
1739年 – 1746年
次代:
サンドウィッチ伯爵
官職
先代:
レスター伯爵
エヴェラード・フォークナー英語版
郵政長官英語版
1759年 – 1765年
同職:ベスバラ伯爵英語版 1759年 – 1762年
エグモント伯爵英語版 1762年 – 1763年
ハイド男爵 1763年 – 1765年
次代:
グランサム男爵
ベスバラ伯爵英語版
グレートブリテンの爵位
爵位創設 ハンプデン子爵英語版
第1期
1776年 – 1783年
次代:
トマス・ハンプデン=トレヴァー
先代:
ジョン・トレヴァー
トレヴァー男爵英語版
第2期
1764年 – 1783年