ロバート・パーマー

ロバート・パーマーRobert Palmer、Robert Allen Palmer、1949年1月19日 - 2003年9月26日)は、イギリスの歌手、ミュージシャン。

ロバート・パーマー
Robert Palmer
Robert Palmer.jpg
基本情報
出生名 ロバート・アレン・パーマー
生誕 1949年1月19日
出身地 イギリスの旗 イギリス
ウェスト・ヨークシャー・Batley
死没 (2003-09-26) 2003年9月26日(54歳没)
フランスの旗 フランス パリ
ジャンル ロックブルー・アイド・ソウルポップ・ロック
職業 歌手作曲家プロデューサー
担当楽器 ボーカルギターキーボードドラム
活動期間 1969年 - 2003年
レーベル アイランドEMI
共同作業者 パワー・ステーション
ビネガー・ジョー
公式サイト www.robertpalmer.com

略歴編集

ヨークシャー出身。十代の頃からバンドで歌い始める。1972年R&Bバンドのビネガー・ジョーのボーカリストとしてアイランド・レコードからデビュー。バンドは3枚のアルバムを発表したがセールスには恵まれなかった。しかしパーマーのソウルフルなボーカルは評価が高く、1974年にアルバム『スニーキン・サリー・スルー・ジ・アリー』でソロ・デビューを果たす。

『スニーキン・サリー・スルー・ジ・アリー』はニューオーリンズで録音され、ミーターズがバックを務める。第4作目の『ダブル・ファン』からは「Every Kinda People」が全米シングルチャートの16位を記録するヒットとなる[1]。1年経たずに、続く第5作目『シークレッツ』を1979年発表。このアルバムから、「Bad Case of Loving You」が全米シングルチャートの14位[1]に入るヒットとなると共に、その後もルーツミュージックをベースにレゲエニュー・ウェイヴなど、その時々の流行の音をうまく取り入れながら、精力的に作品を発表。アイランド・レコード1987年までに10枚のアルバムを発表した。ただし、1980年代前半は「Johnny & Mary」「Looking For Clues」「Some Guys Have All The Luck」「Pride」「You Are In My System」などの楽曲によりヨーロッパでは高い人気と評価を維持するものの、アメリカではヒットに恵まれなかった。

1985年には当時人気絶頂だったデュラン・デュランジョン・テイラーアンディ・テイラーシックトニー・トンプソン英語版らが結成したパワー・ステーションに参加した。パーマーは「昔から大ファンだった。是非一緒に」とジョン・テイラーの猛烈なアタックを受けて参加している(レコーディングとテレビ出演のみで、ライブツアー前に脱退)。パワー・ステーションはアメリカ市場を中心に世界的にヒットした。

その後、1985年に発表したアルバム『リップタイド』からシングルカットされた「Disciplin Of Love」はパワー・ステーションで得た知名度とは裏腹にマイナー・ヒットに終わったが、セカンド・シングル「恋におぼれて (Addicted To Love)」[注釈 1]が無表情の女性モデルのバンドを従えて、本人が歌うPVが話題となり、全米シングルチャート1位を記録する大ヒットとなる[1]。「恋におぼれて」はグラミー賞最優秀男性ロック・ボーカル・パフォーマンス賞を受賞し、パーマー初のグラミー受賞となった[1]。また『リップタイド』からは、同様のPVを踏襲した「ターン・ユー・オン (I Didn't Mean to Turn You On)」も全米シングルチャートの2位を記録するヒットとなっている[1]。このPVのスタイルは数多くのパロディが作られた。1985年10月29日、坂本龍一がパーソナリティを務める番組『サウンドストリート』にゲスト出演した。坂本はパーマーの大ファンであることを公言している。

1988年からは古巣のアイランド・レコードを離れて、EMIと契約し、同年『HEAVY NOVA』を発表。ここから「この愛にすべてを (Simply Irresistible)」[注釈 2]が全米シングルチャート2位を記録するヒットとなり、この曲で自身2度目のグラミー賞最優秀男性ロック・ボーカル・パフォーマンス賞を受賞した[1]。続く1990年にリリースされた『ドント・イクスプレイン』ではスティーヴ・スティーヴンスと、1994年に発表された『HONEY』ではヌーノ・ベッテンコートと組むなど、ハードロックヘヴィメタルまで取り込む一方、マーヴィン・ゲイの「マーシー・マーシー・ミー / アイ・ウォント・ユー」のメドレーもカバー。全米では最後のヒットとなる。

1993年より、スイスの経済都市ルガーノに移住。亡くなるまで居住し、この地に埋葬されている。

作曲にコルグ・TRINITYシリーズを愛用していたことを雑誌のインタビューで答えている。

日本にまつわるエピソードとして1997年ウェンブリー・スタジアムで行われたエルヴィス・プレスリー没後20年を記念したロックフェスティバル「songs and visions」で共演した矢沢永吉の楽屋に花束を贈り、「Break a leg」というメッセージ付きで激励した。

テレビ番組『ベストヒットUSA』に出演した際、「ウィ・アー・ザ・ワールド」におけるブルース・スプリングスティーンの歌唱を皮肉交じりに批判した。

2003年9月26日、パリ滞在中に心臓発作により死去[2]

ディスコグラフィ編集

スタジオ・アルバム編集

  • 『スニーキン・サリー・スルー・ジ・アリー』 - Sneakin' Sally Through the Alley (1974年)
  • 『プレッシャー・ドロップ』 - Pressure Drop (1975年)
  • 『サム・ピープル』 - Some People Can Do What They Like (1976年)
  • 『ダブル・ファン』 - Double Fun (1978年)
  • 『シークレッツ』 - Secrets (1979年)
  • 『クルーズ』 - Clues (1980年)
  • 『プライド』 - Pride (1983年)
  • 『リップタイド』 - Riptide (1985年)
  • 『HEAVY NOVA』 - Heavy Nova (1988年)
  • 『ドント・イクスプレイン』 - Don't Explain (1990年)
  • 『ライディン・ハイ』 - Ridin' High (1992年)
  • 『HONEY』 - Honey (1994年)
  • リズム&ブルース』 - Rhythm & Blues (1998年)
  • 『ドライヴ』 - Drive (2003年)

ライブ・アルバム編集

  • Maybe It's Live (1982年)
  • 『ライヴ・アット・ジ・アポロ』 - Live at the Apollo (2001年)
  • At the BBC (2010年)

パワー・ステーション編集

  • 『ザ・パワー・ステーション』 - The Power Station (1985年)
  • 『リヴィング・イン・フィア』 - Living in Fear (1996年)

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ のちに2002年松下電器産業のDVDのCMでBGMに起用されて、話題になると共に、翌年リリースされた洋楽コンピレーション盤『Hits on TV 2003』にも収録されている。
  2. ^ 1999年に上演されたブロードウェイ・ミュージカル「コンタクト」で第2幕の劇中曲として、起用されている。

出典編集

  1. ^ a b c d e f Robert Palmer | Awards | AllMusic
  2. ^ ロバート・パーマー 死去。”. CDJournal ニュース. 音楽出版社 (2003年9月29日). 2015年12月26日閲覧。

外部リンク編集