メインメニューを開く

ロバート・ローウェルRobert Lowell1917年3月1日 - 1977年9月12日)はアメリカ合衆国詩人ローエルロウエルとも。

ロバート・ローウェル
Robert Lowell
Robert-lowell-by-elsa-dorfman.jpg
生誕 (1917-03-01) 1917年3月1日
死没 (1977-09-12) 1977年9月12日(60歳没)

ボストン生まれ。ボストン大学ハーバード大学で教え、第二次大戦時徴兵拒否で投獄される。1967年にはベトナム反戦集会で自作の詩を朗読する。著書に「不似の国」(’44年)、ピュリッツァー詩賞受賞「ウィアリー卿の城」(’46年)、全米図書賞受賞「人生研究」(’59年)、「ノートブック」(’69年)、「歴史」、ピュリッツァー賞受賞「ドルフィン」(’73年)、「日毎に」(’77年)などがあり、J.R.ローウェルの子孫でランサム(John Crowe Ransom)の教え子である[1]

詩人J・R・ローウェル、女流詩人A・ローウェルの家系に属する1人で、『ウィアリー卿(きょう)の城』(1946)でピュリッツァー詩賞を受け、第二次世界大戦後のアメリカ詩壇の中心的存在となった。初期の詩風は難解で修辞的だが、『人生研究』(1959)以降は平易な口語調に近づいた。内容も大胆に自伝的、告白的で、シルビア・プラスアン・セクストンなどの詩風に大きな影響を与えた。『連邦軍死者に捧(ささ)ぐ』(1964)、『海のほとり』(1967)、『ノート・ブック67―68年』(1970)などの詩集のほかに、訳詩集『模倣』(1961)や、ホーソンメルビルの短編から取材した三部作の詩劇『むかしの栄光』(1965)がある[2]

脚注編集

外部リンク編集