ロビンソン・クルーソー島

ロビンソン・クルーソー島(ロビンソン・クルーソーとう、スペイン語: Isla Róbinson Crusoe)は、南太平洋ファン・フェルナンデス諸島で2番目に大きい島。旧名をマサティエラ島(Más a Tierra、陸に近いという意味[2])という。諸島の有人島(もう1つはアレハンドロ・セルカーク島英語版)の中で最も人口が多く、そのほとんどは島の北海岸のカンバーランド湾に位置するサン・ファン・バウティスタに住んでいる[1]

ロビンソン・クルーソー島
現地名:
Isla Robinson Crusoe
Robinson Crusoe Island.jpeg
衛星写真
ロビンソン・クルーソー島の位置(チリ内)
ロビンソン・クルーソー島
ロビンソン・クルーソー島
チリ地図
地理
座標 南緯33度38分29秒 西経78度50分28秒 / 南緯33.64139度 西経78.84111度 / -33.64139; -78.84111座標: 南緯33度38分29秒 西経78度50分28秒 / 南緯33.64139度 西経78.84111度 / -33.64139; -78.84111
諸島 ファン・フェルナンデス諸島
隣接水域 太平洋
面積 47.94 km2 (18.51 sq mi)
最高標高 915 m (3002 ft)
行政
人口統計
人口 843[1]
テンプレートを表示

1704年から1709年まで船乗りのアレキサンダー・セルカークが生活していた。セルカークは1719年のダニエル・デフォーの小説『ロビンソン・クルーソー』に部分的に影響を与えたが、この小説は明らかにカリブ海を舞台としている[3]。これは、デフォーが知っていたであろうその時代のいくつかのサバイバルの物語の1つに過ぎなかった[4]。島に関連する文学的な伝承を反映し観光客を引き付けるために、チリ政府は1966年に名称をロビンソン・クルーソー島に変更した[2]

地理編集

 
カンバーランド湾の北岸にあるサン・ファン・バウティスタの町の様子(2005年4月)

ロビンソン・クルーソー島には、多くの火山活動による古代の溶岩流により形成された、山がちで起伏のある地形がある。島の最高地点はEl Yunqueの海抜915mである。激しい浸食により、急峻な谷や尾根が形成されている。Cordón Escarpadoと呼ばれる島の南西部には狭い半島が形成されているサンタ・クララ島は南西海岸のすぐ沖にある[5]

ナスカプレート南アメリカプレートの境界の西に位置し、380万-420万年前に海から隆起した。島の火山噴火は1743年にEl Yunqueから起きたと報告されているが、この出来事は確かではない。1835年2月20日、Punta Bacalaoの北1.6kmにある海底噴出口から1日の噴火が始まった。この出来事は火山爆発指数1と非常に小規模なものだったが、津波とともに爆発と島を照らす炎が生じた[5][要出典]

気候編集

亜熱帯気候であり、島の東を流れる冷たいフンボルト海流と南東の貿易風により穏やかな気候となっている。温度は3 °C (37 °F)から34 °C (93 °F)の範囲であり、年平均は15.4 °C (60 °F)である。標高の高い場所は通常涼しく、ときどき霜が降る。降水量は冬の間の方が多く、標高と照射量により異なる。標高が500mを超えるとほぼ毎日雨が降るが、島の西側の風下側は気温が低く乾燥している[6]

サン・ファン・バウティスタの気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平均最高気温 °C°F 22
(72)
22
(72)
21
(70)
20
(68)
18
(64)
16
(61)
15
(59)
15
(59)
15
(59)
16
(61)
18
(64)
20
(68)
18.2
(64.8)
平均最低気温 °C°F 15
(59)
16
(61)
15
(59)
13
(55)
12
(54)
11
(52)
10
(50)
9
(48)
9
(48)
10
(50)
12
(54)
13
(55)
12.1
(53.8)
雨量 mm (inch) 22
(0.87)
33
(1.3)
40
(1.57)
90
(3.54)
151
(5.94)
159
(6.26)
167
(6.57)
114
(4.49)
78
(3.07)
57
(2.24)
37
(1.46)
28
(1.1)
976
(38.41)
平均降雨日数 (≥0.1 mm) 11 10 13 15 21 23 21 19 16 14 10 10 183
湿度 73 73 73 77 78 78 79 77 77 76 74 73 75.7
平均月間日照時間 248.0 209.0 158.1 123.0 108.5 99.0 93.0 105.4 147.0 204.6 249.0 260.4 2,005
出典:Climate & Temperature[7]

動植物区系編集

フェルナンデス地域は、ファン・フェルナンデス諸島を含む植物区系である。南極植物区系界英語版に属しているが、新熱帯区に含まれることがよくある。1977年から世界生物圏保護区として、諸島は動植物区系の固有ののために、科学的に重要であると考えられてきた。211の在来植物種のうち、132(63%)が固有種であり、230種以上の昆虫が生息している[8]

1つの固有植物の科であるLactoridaceaeがある。マゼランペンギンもいる[9]フェルナンデスベニイタダキハチドリは針のように細い黒いくちばしと絹のような羽毛で覆われていることでよく知られる、固有種で絶滅の危機に瀕している赤いハチドリである。Masatierra petrelは、島の旧称にちなんで名づけられた[8]。Masatierra petrel、pink-footed shearwater、フェルナンデスベニイタダキハチドリ、Juan Fernandez tit-tyrantの個体群を支えていることから、近くのサンタ・クララ島とともにバードライフ・インターナショナルにより重要野鳥生息地 (IBA) として認められている[10]

2014年に核実験禁止の水中音響モニタリングステーションでの作業中にCS Responder から見たロビンソン・クルーソー島[11]

歴史編集

1574年に最初に上陸したスペインの船長であり探検家でもあったフアン・フェルナンデス英語版にちなんで最初はファン・フェルナンデス島と命名された。マサティエラという名前でも知られていた[2]イースター島と近いが、ポリネシア人アメリカ先住民によりそれより早く発見されたという証拠はない[12]

1681年から1684年までWillとして知られるミスキート族の男性が島に取り残された。20年後の1704年に船乗りのアレキサンダー・セルカークも置き去りにされ、4年と4か月間一人で生活した。セルカークは自身が乗る船であるシンク・ポーツ号英語版(その後すぐに沈没した)の耐航性について深刻な懸念を抱いており、航海中に補給のために停泊しているときに島に残されることを望んだ。私掠船船長で探検家ウィリアム・ダンピアの仲間であったシンク・ポーツ号船長トーマス・ストラドリングは、その反対意見にうんざりしたが受け入れた。セルカークに残されたのはマスケット銃、火薬、大工道具、ナイフ、聖書、衣服だけであった[13]。セルカークの救出の話はエドワード・クックの1712年の著書A Voyage to the South Sea, and Round the Worldに含まれている。

1840年の物語『帆船航海記』(Two Years Before the Mast)において、リチャード・ヘンリー・デイナはファン・フェルナンデスの港を若い刑務所植民地として記述した[14]。刑務所はすぐに放棄され、島は再び無人になり[15]19世紀後半には恒久的な植民地が最終的に確立された。Joshua Slocumは、スループ型帆船のSprayで世界一周の航海中であった1896年4月26日から5月5日にこの島を訪れた。島とその45人の住民についてはSlocumの回顧録であるSailing Alone Around the Worldにおいて詳細に言及されている[16]

第一次世界大戦編集

 
カンバーランド湾で自沈する直前のSMSドレスデン

第一次世界大戦中、海軍中将マクシミリアン・フォン・シュペー東洋艦隊は、コロネル沖海戦の4日前の1914年10月26-28日に島に停泊し再合流した。島にいる間に、海軍提督はオーストラリア海域で連合国の船舶を攻撃するためにその前に分かれた武装商船Prinz Eitel Friedrichと予期せず再合流した。1915年3月9日、フォークランド沖海戦で戦死したフォン・シュペーの艦隊の最後の巡洋艦であったSMSドレスデンは、チリ当局による抑留を望み、島のカンバーランド湾に戻った。3月14日のマサティエラの戦い英語版でイギリスの艦隊に捕まり発射され、乗員により自沈した[17]

2010年の津波編集

2010年2月27日にマグニチュード8.8の地震により生じた津波に見舞われた。津波が島に到達したときの高さは約3mであった[18]。16人が命を落とし、サン・ファン・バウティスタの海岸沿いの村のほとんどが流された[19]。島への唯一の警告は、12歳の少女からであり[20]、津波の到来を予兆する海の突然の後退に気づき、多くの人を危機から救った[19]

社会編集

 
2匹のイセエビを持つ漁師

2012年の推定人口は843人である。島の住民のほとんどはカンバーランド湾の北海岸にあるサン・ファン・バウティスタの村に住んでいる[1]。コミュニティはイセエビの取引に依存し田舎っぽい静けさを維持しているが、住民は数台の車、衛星インターネット接続、テレビを使用している。主な滑走路であるロビンソン・クルーソー飛行場英語版は、島の南西半島の先端近くにある。サンティアゴからのフライトは3時間弱である。飛行場からサン・ファン・バウティスタまでのフェリーが運航している[21]

観光客は年間数百人である。人気のアクティビティの1つはスキューバダイビングであり[21]、特に第一次世界大戦中にカンバーランド湾で沈没したドイツの軽巡洋艦ドレスデンへのダイビングである[17]

マヤの像の仮説編集

ヒストリーチャンネルのドキュメンタリーがロビンソン・クルーソー島で撮影されている。2010年1月3日に放送され、カナダの探検家ジム・ターナーがひどく劣化したマヤの像と主張した2つの岩層を示した[22]先コロンブスの人間が島に存在したことを示す他の兆候はないが[12]、番組は科学的信頼性を欠いていると批判されている[23]

 
サン・ファン・バウティスタの町からのロビンソン・クルーソー島のベイサイドの景観
 
サン・ファン・バウティスタにあるロビンソン・クルーソーの像
 
ロビンソン・クルーソー島のDendroseris litoralis(ファン・フェルナンデスのキャベツヤシ)

出典編集

  1. ^ a b c "Censos de poblacion y vivienda". Instituto Nacional de Estadísticas (2012). Retrieved 2 January 2013.
  2. ^ a b c Severin, Tim (2002). In Search of Robinson Crusoe. New York: Basic Books. pp. 23–24. ISBN 978-046-50-7698-7. https://archive.org/details/insearchofrobins00seve_0/page/23 
  3. ^ Severin, Tim (2002). In Search of Robinson Crusoe. New York: Basic Books. pp. 17–19. ISBN 978-046-50-7698-7. https://archive.org/details/insearchofrobins00seve_0/page/17 
  4. ^ Little, Becky (2016年9月28日). “Debunking the Myth of the 'Real' Robinson Crusoe”. National Geographic. 2016年9月30日閲覧。
  5. ^ a b Torres Santibáñez, Hernán; Torres Cerda, Marcela (2004) (スペイン語). Los parques nacionales de Chile: una guía para el visitante. Editorial Universitaria. p. 49. ISBN 978-956-11-1701-3. https://books.google.com/books?id=83iezgMwh3EC&pg=PA49 
  6. ^ "Parque Nacional Archipiélago de Juan Fernández" Corporacion Nacional Forestal de Chile (2010). Retrieved 27 May 2010. Archived 23 August 2012 at the Wayback Machine.
  7. ^ San Juan Bautista Climate Guide to the Average Weather & Temperatures with Graphs Elucidating Sunshine and Rainfall Data & Information about Wind Speeds & Humidity:”. Climate & Temperature. 2010年3月6日閲覧。
  8. ^ a b "Forest on Robinson Crusoe Island". Wondermondo (2012). Retrieved 18 October 2012.
  9. ^ Hogan, C. Michael (2008). Magellanic Penguin. GlobalTwitcher. Retrieved 18 October 2012.
  10. ^ Islas Robinson Crusoe and Santa Clara”. BirdLife Data Zone. BirdLife International (2021年). 2021年1月22日閲覧。
  11. ^ "Welcome Back HA03—Robinson Crusoe Island", Preparatory Commission for the Comprehensive Nuclear-Test-Ban Treaty Organization (2014). Retrieved 5 April 2014.
  12. ^ a b Anderson, Atholl; Haberle, Simon; Rojas, Gloria; Seelenfreund, Andrea; Smith, Ian & Worthy, Trevor (2002). An Archeological Exploration of Robinson Crusoe Island, Juan Fernandez Archipelago, Chile. New Zealand Archaeological Association.
  13. ^ Rogers, Woodes (1712). A Cruising Voyage Round the World: First to the South-seas, Thence to the East-Indies, and Homewards by the Cape of Good Hope. London: A. Bell and B. Lintot. pp. 125–126. https://books.google.com/books?id=e1GmdIw7fpgC&pg=PA125 
  14. ^ Dana, Richard Henry (1840). Two Years Before the Mast: A Personal Narrative of Life at Sea. New York: Harper & Brothers. pp. 28–32. https://books.google.com/books?id=dS6jsZLYWNAC&pg=PA28 
  15. ^ Coulter, John (1845). Adventures in the Pacific: With Observations on the Natural Productions, Manners and Customs of the Natives of the Various Islands. London: Longmans, Brown & Co. pp. 32–33. https://books.google.com/books?id=A-E-AAAAYAAJ&pg=PA32 
  16. ^ Slocum, Joshua (2012). Sailing Alone Around the World. Oxford: Beaufoy Publishing. pp. 77–82. ISBN 978-190-67-8034-0 
  17. ^ a b Delgado, James P. (2004). Adventures of a Sea Hunter: In Search of Famous Shipwrecks. Vancouver: Douglas & McIntyre. pp. 168–174. ISBN 978-1-926685-60-1. https://books.google.com/books?id=4rVtqI4-_vQC&pg=PA168 
  18. ^ Ricketts, Colin (17 August 2011). "Tsunami warning came too late for Robinson Crusoe Island". Earth Times. Retrieved 18 October 2012.
  19. ^ a b Bodenham, Patrick (9 December 2010). "Adrift on Robinson Crusoe Island, the forgotten few". The Independent. Retrieved 7 April 2014.
  20. ^ Harrell, Eben (2 March 2010). "Chile's president: Why did tsunami warnings fail?". Time Magazine. Retrieved 4 March 2010.
  21. ^ a b Gordon, Nick (14 December 2004). "Chile: The real Crusoe had it easy". The Telegraph. Retrieved 18 October 2012.
  22. ^ "Armageddon: Apocalypse Island". A&E Television Networks (2009). Retrieved 18 October 2012. Archived 13 January 2012 at the Wayback Machine.
  23. ^ Lowry, Brian (26 June 2010). "Wackadoodle Demo Widens". Variety. Retrieved 9 February 2014.

参考文献編集

  • Perez Ibarra, Martin (2014) (スペイン語). Señales del Dresden. Chile: Uqbar Editores. ISBN 978-956-9171-36-9  The story of German light cruiser Dresden which was scuttled in this island during World War I.

外部リンク編集