メインメニューを開く
ロビンソン・クルーソー島
チリの島

ファン・フェルナンデス諸島(ファンフェルナンデスしょとう、英語:Juan Fernandez Islands、- 群島とも)とはチリの沖合い約670キロメートルの太平洋上のロビンソン・クルーソー島(旧名マサティエラ島)、アレハンドロ・セルカーク島英語版サンタ・クララ島の3つの島からなる島々。行政上はバルパライソ州に属する。岩肌がむき出した地形の火山性の諸島である。

1574年か1563年ごろにスペインの航海者、ファン・フェルナンデスによって発見された。

ファン・フェルナンデス諸島は国立公園に指定されており、諸島には11種の国有鳥類を始め、一度は絶滅しかけたファンフェルナンデスアシカが生息している。

面積182平方キロメートル、中心地はロビンソン・クルーソー島のサン・ファン・バウティスタである。

18世紀初頭にスコットランド人航海長アレキサンダー・セルカーク置き去り刑にされ、その後、救助されるまでの4年間、一人で生きていたことで知られ、アレハンドロ・セルカーク島は、彼の名前に由来する。また、セルカークの経験をモデルにダニエル・デフォーの小説『ロビンソン・クルーソー』が書かれたと考えられており、諸島最大の島(93平方キロメートル)だったマサティエラ島は、1966年にロビンソン・クルーソー島と改名された。

座標: 南緯33度38分23秒 西経78度51分04秒 / 南緯33.639630度 西経78.851204度 / -33.639630; -78.851204 (ファン・フェルナンデス諸島)