メインメニューを開く

ロビンフットの夢』は、1924年(大正13年)製作・公開、金森万象監督による日本の劇映画である。「ロビンフッ」は誤り。サイレント映画剣戟映画である。

ロビンフットの夢
Robinfuttonoyume.jpg
一つのシーン
監督 金森万象
脚本 金森万象
製作総指揮 牧野省三
出演者 高木新平
マキノ輝子
撮影 田中重太郎
製作会社 東亜キネマ等持院撮影所
配給 東亜キネマ
公開 日本の旗 1924年10月17日
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

略歴・概要編集

1922年(大正11年)、アメリカ合衆国ユナイテッド・アーティスツが、アラン・ドワン監督、ダグラス・フェアバンクス主演のサイレント映画『ロビン・フッドRobin Hood にインスパイアされた、東亜キネマ等持院撮影所所長の牧野省三指揮のもと、1924年(大正13年)、金森万象が脚本を執筆・監督したのが、本作『ロビンフットの夢』である。

同撮影所では同年、フレッド・ニブロ監督、フェアバンクス主演の『奇傑ゾロ』を下敷きに、『快傑鷹』が製作されている[1]。どちらも主演は高木新平である。撮影は、『快傑鷹』に田中重次郎としてクレジットされている田中十三が、田中重太郎としてクレジットされている[2]

舞台は当時の「現代」に置き換えられてあるが、フェアバンクスが演じたロビン・フッド(本作では加藤良三 / ロビンフット)を高木新平、エニッド・ベネットが演じたメイドのマリアン(艶子 / マリアン姫)をマキノ輝子ウォーレス・ビアリーが演じたリチャード1世(中山平七 / リチャード王)を中根龍太郎サム・ド・グラッスが演じたジョン王子(不良青年 / ズヨン大公)を牧実ウィラード・ルイスが演じたタック神父(近所の腕白小僧 / タツカ坊主)がそれぞれ演じている[3]

スタッフ・作品データ編集

キャスト編集

関連事項編集

編集

  1. ^ 無声映画人物録、「高木新平」の項、マツダ映画社、2009年10月26日閲覧。
  2. ^ 田中十三日本映画データベース、2009年11月1日閲覧。
  3. ^ #外部リンク、「ロビンフットの夢」、日本映画データベース、2009年11月1日閲覧。

外部リンク編集