メインメニューを開く

ロベルト・ズメリク(Robert Změlík、1969年4月18日 - )は、チェコチェコスロバキア)の陸上競技選手。1990年代に活躍した十種競技の選手。1992年バルセロナオリンピックの金メダリストである。チェコ共和国オロモウツ州プロスチェヨフ出身。

獲得メダル
チェコスロバキアの旗 チェコスロバキア
陸上競技
オリンピック
1992 バルセロナ 男子 十種競技

経歴編集

ズメリクは、1990年のヨーロッパ選手権で8249ポイントをあげ、3位の東ドイツクリスチャン・シェンクに84ポイント差の4位という成績を残す。翌年の東京で開催された世界選手権でも8379ポイントで、3位のドイツのシェンクにわずか15ポイント差まで迫り4位となる。

ズメリクは、1992年のバルセロナオリンピック直前の5月30日、31日に、自己ベストとなる8627ポイントを記録。8月5日から行われたオリンピックの十種競技では、初日に一度はトップに立ったものの、5種目を終わったところで85ポイント差の2位で折り返した。ズメリクは、2日目の最初の種目の110mハードルで出場選手中唯一の13秒台を出しトップに返り咲くと、そのままトップをキープし、2位のスペインアントニオ・ペニャルベルに199ポイント差をつけ金メダルを獲得した。

ズメリクは、1992年のシーズンの以降不調に陥り、ベストのパフォーマンスとはほど遠くなる。1996年アトランタオリンピックでは、8422ポイントとまずまずの結果を残したものの、順位は7位と、同じチェコのトマシュ・ドヴォルザーク(3位)の後塵を拝した。

ズメリクは、1997年のヨーロッパ室内選手権の七種競技で優勝し、最後の輝きを見せた。

自己ベスト編集

  • 十種競技 - 8627pt (1992年5月31日)

主な実績編集

大会 場所 種目 結果 記録
1990 ヨーロッパ陸上選手権 スプリト(ユーゴスラビア) 十種競技 4位 8249pt
1991 世界陸上選手権 東京(日本) 十種競技 4位 8379pt
1992 ヨーロッパ室内陸上選手権 ジェノバ(イタリア) 七種競技 2位 6118pt
1992 オリンピック バルセロナ(スペイン) 十種競技 1位 8611pt
1993 世界陸上選手権 シュトゥットガルト(ドイツ) 十種競技 - DNF
1995 世界陸上選手権 イェーテボリ(スウェーデン) 十種競技 14位 7963pt
1996 オリンピック アトランタ(アメリカ合衆国) 十種競技 7位 8422pt
1997 世界室内陸上選手権 パリ(フランス) 七種競技 1位 6228pt
1997 世界陸上選手権 アテネ(ギリシャ) 十種競技 - DNF

外部リンク編集