メインメニューを開く

ロベルト・チェコン(Roberto Cecon 1971年12月28日- )はイタリアウーディネ県ジェモーナ・デル・フリウーリ出身の元スキージャンプ選手。1987年から2003年までの16年間ワールドカップに出場した。その間スキージャンプ・ワールドカップで6勝、サマーグランプリでも1勝を挙げ1994-95年シーズンはシーズン総合2位となっている。

ロベルト・チェコン
基本情報
フルネーム Roberto Cecon
愛称 Cek
誕生日 (1971-12-28) 1971年12月28日(47歳)
出身地 イタリアの旗 イタリア
ウーディネ県ジェモーナ・デル・フリウーリ
使用メーカー Elan
ワールドカップ
シーズン 1986年-2003年
優勝回数 6回
他の表彰台 11回
表彰台獲得数 17回
 
獲得メダル
男子 スキージャンプ
スキーフライング世界選手権
1992 ハラホフ 個人
1994 プラニツァ 個人
最終更新日:2003年
テンプレートを表示

彼はその輝かしい業績にもかかわらずイタリアでは知名度が低く、他の国において高く評価されている。[1]

彼は16歳の誕生日のわずか2日後の1987年12月30日にオーベルストドルフでワールドカップ初参戦を果たした。ジャンプ週間4戦の最高順位は初戦の54位であった。1989年の1月29日にはシャモニーで2位となり初の表彰台に登り1990年2月16日には地元イタリアのヴァル・ディ・フィエンメで初優勝を飾った。1992年にはチェコスロバキアハラホフで行われた世界フライング選手権で銅メダルを獲得、1994年のスロベニアプラニツァで行われた世界フライング選手権でも銅メダルを獲得した。2001年のサマーグランプリ最終戦にあたるオーストリアのシュタムスで行われた大会でも優勝を飾った。[2]2003年シーズンのプラニツァで行われたフライングヒルの大会を最後に引退した。この大会で彼の現役最後のジャンプが行われた後、引退を祝して大会の数分間にわたる中断がなされた。引退後イタリアナショナルチームのコーチとなり、2006年トリノオリンピック2010年バンクーバーオリンピックでも選手団を指導した。

その他の成績編集

脚注編集

  1. ^ ノルウェーフィンランドなどと異なり、イタリア、ドイツスイスオーストリアスロベニアなどではアルペンスキーの方が人気を集めているためである
  2. ^ FIS SG 第四戦(スキージャンプ)

外部リンク編集