ロベルト・バウティスタ・アグート

ロベルト・バウティスタ・アグートRoberto Bautista Agut, 1988年4月14日 - )は、スペインカステリョン・デ・ラ・プラナ出身の男子プロテニス選手。ATPランキング自己最高位はシングルス9位、ダブルス169位。これまでにATPツアーでシングルス11勝を挙げている。身長183cm、75kg。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。

ロベルト・バウティスタ・アグート
Roberto Bautista Agut
2023年モンテカルロ・マスターズでのロベルト・バウティスタ・アグート
基本情報
フルネーム Roberto Bautista Agut
愛称 バティ(Bati)
国籍 スペインの旗 スペイン
出身地 同・カステリョン・デ・ラ・プラナ
生年月日 (1988-04-14) 1988年4月14日(36歳)
身長 183cm
体重 75kg
利き手
バックハンド 両手打ち
ツアー経歴
デビュー年 2005年
ツアー通算 11勝
シングルス 11勝
ダブルス 0勝
生涯獲得賞金 17,674,562 アメリカ合衆国ドル
4大大会最高成績・シングルス
全豪 ベスト8(2019)
全仏 4回戦(2016・17)
ウィンブルドン(英) ベスト4(2019)
全米 4回戦(2014・15)
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 1回戦(2013・14)
全仏 3回戦(2013)
ウィンブルドン(英) 2回戦(2014)
全米 2回戦(2013)
国別対抗戦最高成績
デビス杯 優勝(2019)
ATP杯 準優勝(2020・22)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 9位(2019年11月4日)
ダブルス 169位(2014年3月3日)
2024年3月21日現在

選手経歴 編集

ジュニア時代 編集

元々はサッカー選手で、その後銀行員となった父親と服屋を営んでいた母親の元に生まれた。母の勧めで5歳からテニスを始めた。ビジャレアルでもサッカーをしており、14歳のときにテニスに専念した。憧れていた選手は同胞のフアン・カルロス・フェレーロダビド・フェレールであった。

2005年 プロ転向 編集

2005年にプロ転向。ジュニア時代のシングルスでの戦績は41勝13敗。2006年7月にジュニアの自己最高ランキング47位を更新した。

2013年 ツアー初の決勝進出 編集

 
2013年ウィンブルドン選手権でのロベルト・バウティスタ・アグート

2013年チェンナイ・オープン準々決勝で世界ランキング6位のトマーシュ・ベルディハを7–5, 2–6, 6–3で倒し注目を集めた。

2014年 ツアー初優勝 編集

ハイネケン・オープンでベスト4に進出。全豪オープンでは2回戦で第5シードのフアン・マルティン・デル・ポトロに4-6, 6-3, 5-7, 6-4, 7-5で勝利。3回戦でブノワ・ペールを破り4回戦進出。4回戦でグリゴール・ディミトロフに敗れるもグランドスラム自己最高成績を残す。デビスカップ2014ではドイツ戦でスペイン代表に選ばれるも2敗。オープン13では2回戦敗退。ドバイ・テニス選手権では2回戦で世界2位のノバク・ジョコビッチに敗れる。

BNPパリバ・オープンでは2回戦で第4シードのトマーシュ・ベルディハに4-6, 6-2, 6-2で勝利した。3回戦でヤルコ・ニエミネンを破るも4回戦エルネスツ・グルビスに敗れる。マドリード・オープンでは第16シードのトミー・ロブレドフェルナンド・ベルダスコルカシュ・クボットサンティアゴ・ヒラルドらを倒し、準決勝でラファエル・ナダルに敗れるもマスターズ1000初のベスト4に進出。6月21日トップシェルフ・オープンではベンジャミン・ベッカーを倒しATP250シリーズ初優勝。全仏オープンでは第27シードで出場。3回戦に進出。

7月13日メルセデス・カップではルカシュ・ロソルを倒し2勝目を飾った。第17シードで出た全米オープンは4回戦まで進むもロジャー・フェデラーに敗れる。10月20日のランキングで自己最高の14位にランクインされる。シーズン後、ATP Most Improved Player awardを受賞。[1]年間最終ランキングは14位。

2015年 グランドスラム4回戦進出 編集

全豪オープンは第13シードで出場するも、2回戦でジル・ミュラーに敗れる。ウィンブルドン選手権では4回戦に進出し、ロジャー・フェデラーに2-6, 2-6, 3-6で敗れた。全米オープンでは3回戦でダビド・ゴファンが棄権したのてグランドスラム3度目の4回戦進出。4回戦では世界ランク1位のノバク・ジョコビッチに3-6, 6-4, 4-6, 3-6で敗れるも第2セットを奪った。年間最終ランキングは25位。

2016年 マスターズ準優勝 編集

全豪オープン前哨戦のASBクラシックでは準々決勝で世界ランク11位ジョン・イズナーに、準決勝で世界ランク10位のジョー=ウィルフリード・ツォンガに勝利。決勝ではジャック・ソックが途中棄権したため、ツアー3勝目を挙げた。全豪オープンでは3回戦で第12シードのマリン・チリッチに6-4, 7-6(5), 7-5で勝利し、2年ぶりの4回戦進出。4回戦では第6シードのトマーシュ・ベルディハに6-4, 4-6, 3-6, 6-1, 3-6のフルセットで敗れた。2月のソフィア・オープンでは決勝でビクトル・トロイツキを6–3, 6–4で破り、今季2勝目を挙げた。

全仏オープンでは初めて4回戦に進出。4回戦でノバク・ジョコビッチに敗れた。ウィンブルドンでは3回戦でバーナード・トミックに敗れた。全米オープンでは3回戦でリュカ・プイユとのフルセットの試合で、6-3, 5-7, 6-2, 5-7, 2-6の末に敗れた。

 
2016年全米オープンでのロベルト・バウティスタ・アグート

上海マスターズでは準決勝で世界ランキング1位のノバク・ジョコビッチを6-4, 6-4で破り、ATPマスターズ1000で初の決勝に進出して、本人にとって初めての世界ランク1位を撃破した瞬間になった。決勝では第2シードのアンディ・マリーに6-7(1), 1-6で敗退して、準優勝となり、その後世界ランキングで自己最高の13位を更新した。

この年、レースランキング14位となり、ATPワールドツアー・ファイナルズの交替選手の2番手に選出された。ただ、出場機会はなかった。年間最終ランキングは14位。

2017年 ツアー6勝目 編集

年初のチェンナイ・オープンでは順当に決勝進出。決勝でダニール・メドベージェフに6-3, 6-4のストレートで勝利し、ツアー5勝目を挙げた。全豪オープンでは2年連続4回戦進出して、世界ランキング3位のミロシュ・ラオニッチに敗れた。マイアミ・オープンでは4回戦でロジャー・フェデラーに敗れた。

モンテカルロ・マスターズでは2回戦でディエゴ・シュワルツマンに敗れた。BMWオープンではベスト4入りするも、準決勝でアレクサンダー・ズベレフに5-7, 5-7のストレートで敗れた。全仏オープンでは4回戦でラファエル・ナダルに1-6, 4-6, 4-6のストレートで敗れた。

 
2017年ウィンブルドン選手権でのロベルト・バウティスタ・アグート

ウィンブルドン選手権では3回戦で第9シードの錦織圭に勝利するも、4回戦で第7シードのマリン・チリッチに2-6, 2-6, 2-6のストレートで敗北。

スイス・オープンではベスト4入りするも、準決勝でファビオ・フォニーニに敗れた。ナショナル・バンク・オープンではベスト8入り。準々決勝でロジャー・フェデラーに4-6, 4-6のストレートで敗れた。8月のウィンストン・セーラム・オープンでは決勝に進出。決勝戦でダミル・ジュムールを6-4, 6-4のストレートで下して、ツアー6勝目を挙げた。全米オープンでは3回戦で第24シードのフアン・マルティン・デル・ポトロに3-6, 3-6, 4-6のストレートで敗戦。サンクトペテルブルク・オープンではベスト4入り。準決勝でフォニーニに敗れた。パリ・マスターズでは3回戦でチリッチに敗れた。年間最終ランキングは20位。

2018年 ツアー8勝目 編集

年始のASBクラシックでは決勝でフアン・マルティン・デル・ポトロに6-1, 4-6, 7-5で勝利して、ツアー7勝目を挙げた。全豪オープンでは第14シードとして出場するも、同胞のフェルナンド・ベルダスコに1-6, 5-7, 5-7のストレートで初戦敗退。しかし、3月のドバイ・テニス選手権では決勝でリュカ・プイユに6-3, 6-4のストレートで勝利して、ツアー8勝目を挙げた。BNPパリバ・オープンでは3回戦でボルナ・チョリッチに1-6, 3-6のストレートで敗れた。マイアミ・オープンではマイケル・モーに初戦敗退。

モンテカルロ・マスターズでは3回戦でダビド・ゴファンに4-6, 5-7のストレートで敗れた。続くバルセロナ・オープンでも準々決勝でゴファンに敗退。BMWオープンでは準々決勝でフィリップ・コールシュライバーに4-6, 4-6のストレートで敗れた。続くマドリード・オープンでもコールシュライバーに3-6, 6-4, 5-7で敗れた。第13シードで迎えた全仏オープンでは3回戦で第20シードのノバク・ジョコビッチに4-6, 7-6(6), 6-7(4), 2-6で敗れた。

ハレ・オープンではベスト4入りするも、準決勝のチョリッチ戦で2-3の時点で途中棄権。そこから芝シーズンは欠場。復帰後のスイス・オープンでは決勝進出するも、マッテオ・ベレッティーニに6-7(9), 4-6のストレートで敗れて、準優勝。第19シードとして迎えた全米オープンではジェイソン・クブラーに3-6, 3-6, 4-6のストレートで敗れ、初戦敗退。サンクトペテルブルク・オープンではベスト4入りするも、準決勝でドミニク・ティームに4-6, 3-6で敗退。上海マスターズでは3回戦で第1シードのロジャー・フェデラーに3-6, 6-2, 4-6で敗れた。スイス・インドアでは準々決勝でアレクサンダー・ズベレフに5-7, 3-6のストレートで敗れた。パリ・マスターズでは2回戦でグリゴール・ディミトロフに6-7(10), 4-6のストレートで敗退。年間最終ランキングは24位。

2019年 全豪ベスト8 ウィンブルドンベスト4 デビス杯初優勝 世界9位 編集

シーズン初戦のカタール・オープンでは準決勝でノバク・ジョコビッチに3-6, 7-6(6), 6-4で勝利する大金星を挙げ、決勝でトマーシュ・ベルディハに6-4, 3-6, 6-3で勝利し優勝を飾った[2]

全豪オープンでは第22シードで出場し、1回戦で今季で引退を表明しているアンディ・マリーに6-4, 6-4, 6-7(5), 6-7(4), 6-2のフルセットで勝利し、3回戦で第10シードのカレン・ハチャノフ、4回戦で第6シードのマリン・チリッチといったシード勢に勝利したが、準々決勝でステファノス・チチパスに5-7, 6-4, 4-6, 6-7(2)で敗れた。

ドバイ・テニス選手権では2回戦ニコロズ・バシラシビリで敗退。BNPパリバ・オープンでは西岡良仁に初戦敗退。マイアミ・オープンではノバク・ジョコビッチを下してベスト8入り。準決勝でジョン・イズナーに敗れた。

モンテカルロ・マスターズでは2回戦でラファエル・ナダルに惨敗。BMWオープンでは準決勝でマッテオ・ベレッティーニに敗れた。マドリード・オープンでは母国スペインの先輩ダビド・フェレールに初戦敗退。BNLイタリア国際では2回戦でカレン・ハチャノフに敗れた。リヨン・オープンでは準々決勝でテイラー・フリッツに敗退。

全仏オープンでは第18シードで出場して、3回戦進出するも好調の第9シードのファビオ・フォニーニに敗れた。ハレ・オープンでは準々決勝でロジャー・フェデラーに敗れた。 ウィンブルドン選手権では準々決勝でギド・ページャを下して、初のグランドスラムベスト4入りを決めた[3]。準決勝ではジョコビッチに2-6, 6-4, 3-6, 2-6で敗れた。

スイス・オープンジョアン・ソウザに、ロジャーズ・カップガエル・モンフィスに、ウエスタン・アンド・サザン・オープンではリシャール・ガスケにそれぞれ敗れたが、8月19日付のランキングで10位となり、31歳で初のトップ10入りを果たす。

その好調ぶりに迎えた全米オープンでは第10シードで出場するも、6-3, 1-6, 6-4, 6-3, 3-6のフルセットでミハイル・ククシュキンに1回戦敗退。

上海マスターズでは2回戦でマッテオ・ベレッティーニに敗れた。スイス・インドアでは準々決勝でライリー・オペルカに敗退。パリ・マスターズでは初戦でアレックス・デミノーに2セットタイブレークにもつれ込んだが敗退。レースランキング8位のマッテオ・ベレッティーニを逆転できずATPファイナルズは補欠に回ることになった。

しかし、その後のデビスカップで母国スペイン代表として、決勝でカナダフェリックス・オジェ=アリアシムをストレートで破り、優勝に貢献することができた。大会開催中に父親を亡くしたが、その逆境にも負けずにシーズンを終えることができた。年間最終ランキングは9位。

2020年 ATP杯準優勝 ツアー通算300勝 編集

ATPカップでは準決勝でオーストラリアニック・キリオスを破り、チームは決勝進出。決勝でセルビアドゥシャン・ラヨビッチを破るも、スペイン代表は準優勝。

全豪オープンでは第9シードで出場して、3回戦で昨年4回戦で下したマリン・チリッチに7-6(3), 4-6, 0-6, 7-5, 3-6のフルセット末に敗れた。

ウエスタン・アンド・サザン・オープンでは第8シードとして出場。第11シードのカレン・ハチャノフと第3シードのダニール・メドベージェフに勝利し、ATPマスターズ1000ベスト4入りを果たした。準決勝では第1シードのノバク・ジョコビッチに敗れた。

全米オープンでは第8シードで出場。1回戦でテニーズ・サンドグレンを破ったことでツアー通算300勝を記録。そして2回戦でミオミル・キツマノビッチを下したが、3回戦でバセク・ポシュピシルに5-7, 6-2, 6-4, 3-6, 2-6のフルセットの末に敗れた。全仏オープンでは第8シードで出場し、3回戦で第17シードのパブロ・カレーニョ・ブスタに4-6, 3-6, 7-5, 4-6で敗退。年間最終ランキングは13位。

2021年 マスターズベスト4 編集

ATPカップではグループステージを勝ち抜きベスト4入り。準決勝ではイタリアマッテオ・ベレッティーニに敗れた。

全豪オープンでは第12シードで出場するも、ラドゥ・アルボットに初戦敗退。南フランス・オープンでは決勝まで進出。ダビド・ゴファンに敗れ、準優勝。カタール・エクソンモービル・オープンでもドミニク・ティエムアンドレイ・ルブレフといったトップ10選手に勝利を収めて決勝進出するも、決勝ではニコロズ・バシラシビリに敗れ、準優勝。

マイアミ・オープンでは初のベスト4入りしたが、準決勝ではヤニック・シナーに敗れた。モンテカルロ・マスターズでは3回戦でルブレフに敗れた。マドリード・オープンでは2回戦でジョン・イズナーに敗退。BNLイタリア国際では3回戦でルブレフに敗退。全仏オープンでは第11シードとして出場したが、2回戦敗退。

ウィンブルドン選手権では第8シードとして4回戦に進出するも、第10シードのデニス・シャポバロフに1-6, 3-6, 5-7のストレートで敗退。

ナショナル・バンク・オープンでは準々決勝でライリー・オペルカに敗れた。ウエスタン・アンド・サザン・オープンではグリゴール・ディミトロフに初戦敗退。全米オープンでは1回戦でニック・キリオスを6-3, 6-4, 6-0のストレートで圧倒。2回戦のエーミル・ルースヴオリも6-1, 6-3, 6-2のストレートで破る。3回戦では第12シードのフェリックス・オジェ=アリアシムに3-6, 4-6, 6-4, 6-3, 3-6のフルセットの末に敗れた。

BNPパリバ・オープンでは3回戦でキャメロン・ノリーに敗退。サンクトペテルブルク・オープンでは準々決勝でマリン・チリッチに敗退。パリ・マスターズは初戦敗退。年間最終ランキングは18位。

2022年 ATP杯準優勝 ツアー11勝目 ツアー通算350勝 編集

ATPカップでは準決勝ではポーランドホベルト・ホルカシュを下し、決勝進出。カナダフェリックス・オジェ=アリアシムに敗れ、2度目の準優勝となった。

全豪オープンでは第15シードで出場。3回戦で第20シードのテイラー・フリッツに0-6, 6-3, 6-3, 4-6, 3-6のフルセットで敗れた。南フランス・オープンでは準々決勝でアレクサンダー・ブブリクに敗れるも、続くカタール・エクソンモービル・オープンでは2年連続決勝進出。昨年の決勝で敗れたニコロズ・バシラシビリを6-3, 6-4で下して、ツアー10勝目を挙げた[4]。2月にはツアー通算350勝を挙げた。

BNPパリバ・オープンでは2回戦で同胞の新鋭のカルロス・アルカラスに敗れた。マイアミ・オープンでは2回戦でジェンソン・ブルックスビーに敗れた。マドリード・オープンではブルックスビーにリベンジを果たすも、2回戦でダニエル・エバンスに敗れた。全仏オープンは欠場。

マヨルカ・オープンでは決勝進出するも、ステファノス・チチパスに4-6, 6-3, 6-7(2)に敗れて準優勝。ウィンブルドン選手権では2回戦で新型コロナウイルスの陽性反応により、棄権を余儀なくされた。

オーストリア・オープンでは決勝でフィリップ・ミソリック英語版を6-2, 6-2のストレートで破り、ツアー11勝目を挙げた。ナショナル・バンク・オープンでは3回戦でキャスパー・ルードに7-6(4), 6-7(4), 4-6の逆転で敗退。ウエスタン・アンド・サザン・オープンでは3回戦でボルナ・チョリッチに2-6, 3-6のストレートで敗れた。第16シードとして迎えた全米オープンではジェフリー・ジョン・ウルフ英語版に4-6, 4-6, 4-6のストレートで初戦敗退。スイス・インドアではベスト4入り。準決勝でホルガ・ルーネに6-7(1), 6-7(6)の熱戦で敗れた。パリ・マスターズではトミー・ポール(テニス選手)英語版に4-6, 4-6のストレートで敗れて、シーズン終了。年間最終ランキングは21位。

2023年 グランドスラム4回戦進出 編集

 
2023年モンテカルロ・マスターズでのロベルト・バウティスタ・アグート

1月、アデレード国際2では決勝で權順宇に4-6, 6-3, 6-7(4)で敗れ、準優勝。全豪オープンでは第24シードとして出場。1回戦ではジョアン・ソウザを6-3, 6-2, 6-2のストレートで下す。2回戦ではブランドン・ホルト英語版を4-6, 2-6, 6-3, 6-2, 6-2の2セットダウンからのフルセットでの逆転で勝利する。3回戦では2019年1回戦ぶりにアンディ・マリーと対決し、6-1, 6-7(7), 6-3, 6-4で勝利。4回戦ではトミー・ポール(テニス選手)英語版に2-6, 6-4, 2-6, 5-7で敗れた。

3月、BNPパリバ・オープンマイアミ・オープンでは両大会ともエーミル・ルースヴオリに初戦敗退。

6月、テラ・ウォルトマン・オープンでは初戦でアンドレア・ババソリを6-3 6-4、2回戦でブランドン・ナカシマを7-5 7-6(2)で下し準々決勝に進出。準々決勝では第1シードのダニール・メドベデフを7-5 7-6(3)で下した。準決勝ではアンドレイ・ルブレフに3-6 4-6で敗退。

ATPツアー決勝進出結果 編集

シングルス: 21回 (10勝11敗) 編集

大会カテゴリ
グランドスラム (0–0)
ATPファイナルズ (0–0)
ATPツアー・マスターズ1000 (0–1)
ATPツアー500 (1–0)
ATPツアー250 (9–10)
サーフェス別タイトル
ハード (8–9)
クレー (1–1)
芝 (1–1)
結果 No. 決勝日 大会 サーフェス 対戦相手 スコア
準優勝 1. 2013年1月6日   チェンナイ ハード   ヤンコ・ティプサレビッチ 6-3, 1-6, 3-6
優勝 1. 2014年6月21日   スヘルトーヘンボス   ベンヤミン・ベッカー 2-6, 7-6(7-2), 6-4
優勝 2. 2014年7月13日   シュトゥットガルト クレー   ルカシュ・ロソル 6-3, 4-6, 6-2
準優勝 2. 2014年10月19日   モスクワ ハード (室内)   マリン・チリッチ 4-6, 4-6
準優勝 3. 2015年10月25日   モスクワ ハード (室内)   マリン・チリッチ 4-6, 4-6
準優勝 4. 2015年11月1日   バレンシア ハード (室内)   ジョアン・ソウザ 6-3, 3-6, 4-6
優勝 3. 2016年1月16日   オークランド ハード   ジャック・ソック 6-1, 1-0 途中棄権
優勝 4. 2016年2月7日   ソフィア ハード (室内)   ビクトル・トロイツキ 6-3, 6-4
準優勝 5. 2016年8月27日   ウィンストン・セーラム ハード   パブロ・カレーニョ・ブスタ 7-6(8-6), 6-7(1-7), 4-6
準優勝 6. 2016年10月16日   上海 ハード   アンディ・マリー 6-7(1-7), 1-6
優勝 5. 2017年1月8日   チェンナイ ハード   ダニール・メドベージェフ 6-3, 6-4
優勝 6. 2017年8月26日   ウィンストン・セーラム ハード   ダミル・ジュムール 6-4, 6-4
優勝 7. 2018年1月13日   オークランド ハード   フアン・マルティン・デル・ポトロ 6-1, 4-6, 7-5
優勝 8. 2018年3月3日   ドバイ ハード   リュカ・プイユ 6-3, 6-4
準優勝 7. 2018年7月29日   グシュタード クレー   マッテオ・ベレッティーニ 6-7(9-11), 4-6
優勝 9. 2019年1月5日   ドーハ ハード   トマーシュ・ベルディヒ 6-4, 3-6, 6-3
準優勝 8. 2021年2月28日   モンペリエ ハード (室内)   ダビド・ゴファン 7-5, 4-6, 2-6
準優勝 9. 2021年3月13日   ドーハ ハード   ニコロズ・バシラシビリ 6-7(7-9), 2-6
優勝 10. 2022年2月19日   ドーハ ハード   ニコロズ・バシラシビリ 6-3, 6-4
準優勝 10. 2022年6月25日   マヨルカ   ステファノス・チチパス 4-6, 6-3, 6-7(2-7)
準優勝 11. 2023年1月14日   アデレード2 ハード   權順宇 4-6, 6-3, 6-7(4-7)

成績 編集

略語の説明
 W   F  SF QF #R RR Q# LQ  A  Z# PO  G   S   B  NMS  P  NH

W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加, Z#=デビスカップ/BJKカップ地域ゾーン, PO=デビスカップ/BJKカッププレーオフ, G=オリンピック金メダル, S=オリンピック銀メダル, B=オリンピック銅メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, P=開催延期, NH=開催なし.

シングルス 編集

グランドスラム大会 編集

大会 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017 2018 2019 2020 2021 2022 2023 通算成績
全豪オープン Q3 Q1 1R 2R 4R 2R 4R 4R 1R QF 3R 1R 3R 4R 22–12
全仏オープン Q2 Q2 Q1 2R 3R 2R 4R 4R 3R 3R 3R 2R A 2R 18–10
ウィンブルドン選手権 Q2 Q3 Q3 2R 3R 4R 3R 4R A SF NH 4R 2R 1R 19–8
全米オープン A Q1 Q3 2R 4R 4R 3R 3R 1R 1R 3R 3R 1R A 15–10

大会最高成績 編集

大会 成績
ATPファイナルズ Alt 2016, 2019
インディアンウェルズ 4R 2014
マイアミ SF 2021
モンテカルロ 3R 2015, 2016, 2018, 2021
マドリード SF 2014
ローマ 3R 2017, 2021
カナダ QF 2017, 2019, 2021
シンシナティ SF 2020
上海 F 2016
パリ 3R 2014, 2017
オリンピック QF 2016
デビスカップ W 2019
ATPカップ F 2020, 2022

脚注 編集

外部リンク 編集

受賞
先代
  パブロ・カレーニョ・ブスタ
ATP最も上達した選手賞
2014
次代
  鄭現