ロベルト・バッジョ

イタリアのサッカー選手

ロベルト・バッジョRoberto Baggio1967年2月18日 - )は、イタリアヴェネト州ヴィチェンツァ県カルドーニョ出身のサッカー選手バッジオバッジォと表記することも。

ロベルト・バッジョ Football pictogram.svg
Roberto Baggio cropped.jpg
2013年のバッジョ
名前
愛称 ロビー、コディーノ
ラテン文字 Roberto BAGGIO
基本情報
国籍 イタリアの旗 イタリア
生年月日 (1967-02-18) 1967年2月18日(53歳)
出身地 カルドーニョ
身長 174cm
体重 73kg
選手情報
ポジション FW / MF
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1982-1985 イタリアの旗 ヴィチェンツァ 36 (13)
1985-1990 イタリアの旗 ACFフィオレンティーナ 94 (39)
1990-1995 イタリアの旗 ユヴェントス 141 (78)
1995-1997 イタリアの旗 ACミラン 51 (12)
1997-1998 イタリアの旗 ボローニャFC 30 (22)
1998-2000 イタリアの旗 インテル・ミラノ 41 (9)
2000-2004 イタリアの旗 ブレシア 95 (45)
代表歴
1988-2004[1] イタリアの旗 イタリア 56 (27)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

1993年度欧州年間最優秀選手、1993年度FIFA世界年間最優秀選手。03-04シーズンで現役引退。セリエAでは通算205ゴールを挙げ[2]、キャリア通算では318ゴールを挙げた。弟のエディ・バッジョも元サッカー選手である。

趣味はハンティング。通称は「ロビー」、愛称は「コディーノ」(馬の尻尾。髪型に由来する)[3]

2002年に国連食糧農業機関 (FAO) の親善大使に就任。世界の貧困や飢餓撲滅のための慈善活動に取り組む。病院への寄付、ハイチ地震への寄付、アウンサンスーチー解放への協力などの功績が認められた。2010年11月14日、ノーベル平和賞受賞者世界サミットの事務局から「平和サミット賞」を授与された[4]

クラブ経歴編集

 
ヴィチェンツァ時代のバッジョ

キャリアを通じてイタリア国内リーグで活躍。1981年にセリエC1のヴィチェンツァでデビュー。1984-85シーズンに12得点を記録。1985年にはセリエAのフィオレンティーナに移籍した。ところが契約成立からわずか2日後、右膝十字靭帯断裂の大怪我を負った。それでもフィオレンティーナは契約を破棄せずに辛抱強く回復を待った[要出典]。移籍直後の1985-86シーズン、怪我でコッパ・イタリアでの5試合のみの出場となり全てのリーグ戦を欠場、1986-87シーズン5月10日、第29節のナポリ戦でセリエA初ゴールを決めたが[5]、怪我で僅か5試合のみの出場に終わった[6]。だが、怪我の回復した1988-89シーズンには15得点をあげ、フィオレンティーナはUEFAカップ出場権を獲得した。1989-1990シーズンには第12節のFCアスコリ戦でセリエAで初のハットトリックを決めるなど[5]、リーグ戦で17得点の活躍を見せた。

1990年、当時史上最高額の150億リラという移籍金でユヴェントスに移籍、フィレンツェではクラブに対する暴動が起こっている。バッジョ自身も望まぬ移籍だったため困惑していた。ユヴェントスの選手として初めてフィレンツェに戻ってきた試合では、地元のティフォージから裏切り者扱いされ、彼がボールを持つ度にブーイングを浴びせられた[7]。しかし、後半になると状況が一変する。チームは決勝点のチャンスとなるPKを獲得するが、通常のPKキッカーであるバッジョは蹴るのを拒否した[7]。監督の怒りを買ったバッジョは即座に交代を命じられたが、スタンドから拍手を受けながらピッチを去った[7]。1992-93シーズンはリーグ戦で21得点を挙げ、またUEFAカップ決勝のボルシア・ドルトムント戦では1stレグで2ゴールを挙げ[5]、チームを優勝に導いた。これはユヴェントスにとっては1985年以来以来のヨーロッパタイトルだった。この功績・貢献が認められ、同シーズンのFIFA最優秀選手賞とバロンドールを受賞した。1994-95シーズンは怪我で多くの試合を欠場したが、シーズン後半には復調し[8]、ユベントスの9年ぶりのリーグ優勝、コッパイタリア獲得に貢献した。

1995-96シーズンを迎えるにあたり、スタメンを保証されないことを言い渡されるとともに、チームからは減給を要求された[8]。この時レアル・マドリードマンチェスターユナイテッドらが獲得に興味を示したが[8]、1995-96シーズン、ACミランへの移籍を選択、ここで自身にとっては2期連続のリーグ制覇に貢献した[9] 。ユベントス時代にはアウェーでのフィオレンティーナ戦でPKを蹴ることを拒否したが、同シーズン第15節では、自らが志願しPKキッカーを務めて得点を挙げた[10]。1996-97シーズン、第10節、第27節とミラノダービーでは2試合でゴールを挙げたが[5]タバレス監督からアリゴ・サッキ監督に代わると、ベンチスタートとなるなど、出場機会を減らすこととなり、起用は限定的なものとなり、目立った活躍を見せることはなかった[8]

1997-98シーズン、マンチェスターユナイテッドが引退したカントナの後釜に据えるべく獲得に動き[8]、FCバルセロナからも興味を示されたが[8]、ワールドカップ代表招集を目指すべく先発起用を目的に中堅クラブのボローニャに移籍、第7節のナポリ戦ではハットトリック[5]、古巣第30節のミラン戦[5]、第33節のユヴェントス戦でもゴールを挙げるなど[5]、自己最多の22得点をマークし、ワールドカップ予選では呼ばれなかったが、本大会でのメンバー入りを果たした。

1998-99シーズンから、インテルで2シーズンプレー、ロナウドのパートナーとしてと期待されたが[8]、同シーズンのUEFAチャンピオンズリーググループリーグのレアル・マドリード戦で2ゴールを挙げ、ASローマ戦では4アシストを決める[8]などの活躍もあった一方、負傷欠場も少なくなく、期待されたロナウドとのプレーもほとんどなかった。翌1999-00シーズンからユベントス時代にバッジョを重要視せず確執も伝えられていたマルチェロ・リッピ監督が就任[8]、シーズン前にリッピと面会し、戦力として見ていることや、スタメンで起用される可能性も十分であることを聞かされたが[8]、行き違いなどもあり次第に冷遇され[8]、1月の移籍市場ではローンでの移籍にリヴァプールアーセナル等が獲得に興味を示したが[8]、代表に復帰してユーロ2000への出場を目指していたことから残留を選択した[8]

インテル退団が半ば既定となった後の2000年5月23日のCL出場権プレーオフパルマ戦では、前半35分にFKで先制、さらに同点にされた後半38分左足ボレーで決勝点と2ゴール奪い[5]、翌日のガゼッタ・デロ・スポルト誌で満点の "10" を獲得した。この試合を最後に、解雇に近い形でチームを離れた[11]。この頃、Jリーグの某チームから破格の条件でオファーを受け、移籍を真剣に検討、次のワールドカップへの出場を目指していたことから、トラパットーニ代表監督に日本でプレーしても代表に呼ばれる可能性が有るか尋ね、イタリアに留まる決断をした[12]

2000-01シーズン、イングランド、スペインといったチームからブレシアの3倍以上の年俸でオファーを受けたが[11]、ヴィチェンツァから近かったこと[11]カルロ・マッツォーネ監督の存在もあり[11]ブレシアで4シーズンを過ごした。

2001-02シーズンでは、2002年FIFAワールドカップ出場を目指すべく、シーズン前半にゴールを量産。しかし、2002年1月31日のコッパ・イタリア準決勝パルマ戦で左膝十字靭帯に全治6ヶ月の負傷、しかしワールドカップへの出場を目指し、リハビリを経て僅か2ヶ月で復帰、4月21日、第32節のフィオレンティーナ戦で後半25分に途中出場、2ゴールを挙げ[5]、第34節のボローニャ戦でも1ゴールを挙げた[5]、しかしワールドカップへの出場は叶わなかった。

2003-04シーズン、第33節のラツィオ戦でシーズン12ゴール目にして現役最後のゴールを挙げた[5]、5月16日、リーグ最終節のサン・シーロでの古巣ACミラン戦が現役最後となり、先発出場し83分の途中交代時には客席全体からスタンディングオベーションが送られた。

代表経歴編集

イタリア代表としては1988年11月16日に行われたオランダとの国際親善試合でデビュー[1]。1989年4月22日に行われたウルグアイとの国際親善試合で初ゴールをあげた[1]

FIFAワールドカップにはイタリアW杯(背番号は15)、アメリカW杯(背番号は10)、フランスW杯(背番号は18)に出場し、3位、準優勝、準々決勝進出と、いずれもベスト8に入った。ちなみに3大会の敗退はいずれもPK戦によるもので、バッジョは3大会ともPKキッカーを務めている。一方、欧州選手権にはキャリアを通じて縁がなかった。

1990年イタリア大会編集

 
1990 FIFAワールドカップに出場したバッジョ

1990年の地元開催では当初はスーパーサブ的存在であったが、グループリーグ第3戦目のチェコスロバキア戦において、中盤から単独ドリブル突破を仕掛け、ディフェンダーを次々と抜き去ってゴールを決めた。

準決勝の相手はマラドーナ率いるアルゼンチンであったが、この試合はバッジョはスタメンから外れ、チームもアルゼンチンに1-1に追いつかれた後、PK戦で破れてしまい、バッジョを先発させなかったビチーニ監督に非難が集中した[要出典]

フル出場した3位決定戦のイングランド戦ではピーター・シルトンの致命的なミスを突いて先制点を記録し、さらには決勝点となるPKを誘った(彼はキッカーを大会得点王のかかったスキラッチに譲った)。

1994年アメリカ大会編集

前年の1993年に、バロンドールを受賞していたこともあって、周囲の期待は大いに高まっていた。しかし本大会直前に右足のアキレス腱を痛めてしまい、万全でない状態で1994年ワールドカップを迎えた。

イタリアは、グループリーグ初戦・アイルランド戦を落とし、グループリーグ第2戦ノルウェー戦では、ペナルティーエリア外での故意のハンドの反則をしたGKジャンルカ・パリュウカが退場処分となった際には、アリゴ・サッキ監督により控えGKルカ・マルケジャーニの投入のためにバッジョはベンチに下げられてしまった[13]このとき、バッジョはサッキに対して「狂っている」と漏らしたといわれる。試合後にサッキは「(足を怪我して)走れないバッジョを人数の少なくなった状況では使いづらいから」と説明した。[要出典] グループリーグ第3戦メキシコ代表戦も引き分け結局、イタリアは1勝1敗1分けで辛うじて決勝トーナメントに進出(当時の規定でグループ3位ながら救われた)。無得点と精彩を欠くバッジョへの風当たりは厳しく、地元メディアはジャンフランコ・ゾラへの交代を唱えた。

決勝トーナメント1回戦のナイジェリア戦でも先制を許し、反撃の切り札で投入したゾラは不可解な判定で退場処分となり1点を追い掛ける苦しい試合展開になる。しかし、試合終了直前の89分、ついにバッジョが同点弾を決め、延長戦でもPKを沈めた[14]

準々決勝のスペイン戦でも再び終了直前にカウンターから角度のない所から決勝点をあげて、2-1で勝利。準決勝のブルガリア戦でも続けざまに2得点を挙げて2-1と勝利した[15]。決勝トーナメントの準決勝までの3試合でチーム6得点中5得点、どのゴールも試合を逆転・決定するもので、酷評から一転して救世主扱いとなった。しかし、準決勝で右足のふくらはぎを痛め、決勝への出場が危ぶまれた。

決勝のブラジル戦、バッジョは強行出場したものの精彩を欠き、試合はワールドカップ決勝史上初のPK戦となった。ブラジルがリードを保ったまま最終キッカーであるバッジョの番となるが、彼はゴール左上にはるか高く打ち上げてしまう。これによってイタリアは優勝を逃した[16]

1998年フランス大会編集

ボローニャでゴールを量産した好調さを買われ、1998年フランスワールドカップのメンバーにサプライズ選出された。大会を通じて2得点1アシストを記録した。

初戦チリ戦で先発出場。パオロ・マルディーニからのロングボールを、バッジョがダイレクトでスルーパスを走りこんだクリスティアン・ヴィエリに通しアシストを記録。その後追いつかれるが、バッジョ自らPKを誘い、これを決めた[17]。グループリーグ最終戦のオーストリア戦では決勝ゴールを決める活躍を見せた[18]

準々決勝のフランス戦では途中出場し、延長後半に決定的ともいえるボレーシュートを放つが、ボールはクロスバーをわずかに越えていった[19]。結局、この試合も決着はつかず、PK戦に突入。バッジョは1番手でPKを決めたが、イタリアは3大会連続でPK戦で敗退した。

1999年以降編集

1999年以降は代表からは遠ざかる。本人は2002年日韓大会出場を熱望し、所属クラブでゴールを挙げ続け、全治6か月の負傷を懸命のリハビリで2か月で復帰するなどアピールを行なったものの招集されることはなかった。現役引退を表明後の2004年4月28日ジェノヴァで行われたスペインとの親善試合にキャリアへの敬意から特別招集され、この試合を最後に代表を引退した[1]。イタリア代表での通算成績は国際Aマッチ56試合出場27得点[1]

選手としての特徴編集

優れたテクニックと、誰も予想できないようなタイミングや方法でパスやシュートをするなど、アイデア溢れるプレーをする選手であり、「ファンタジスタ」という言葉はまさにバッジョのためにあると言われた[20]

幼少の頃憧れた選手はジーコで、フリーキックの蹴り方を真似るなどしていた[21]

個人成績編集

クラブでの成績編集

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
イタリア リーグ戦 イタリア杯オープン杯 期間通算
1982-83 ヴィチェンツァ 9 セリエC1 1 0
1983-84 10 6 1
1984-85 29 12
1985-86 フィオレンティーナ セリエA 0 0
1986-87 5 1
1987-88 27 6
1988-89 30 15
1989-90 32 17
1990-91 ユヴェントス 33 14
1991-92 32 18
1992-93 27 21
1993-94 32 17
1994-95 17 8
1995-96 ミラン 18 28 7
1996-97 23 5
1997-98 ボローニャ 10 30 22
1998-99 インテル 23 5
1999-00 19 4
2000-01 ブレシア 25 10
2001-02 12 11
2002-03 32 12
2003-04 26 12
通算 イタリア セリエA 452 205
イタリア セリエC1 36 13
総通算 488 218

代表での成績編集

出典[1]


イタリア代表国際Aマッチ
出場得点
1988 1 0
1989 6 3
1990 9 4
1991 2 1
1992 7 6
1993 7 5
1994 12 5
1995 1 0
1996 0 0
1997 2 1
1998 6 2
1999 2 0
2000 0 0
2001 0 0
2002 0 0
2003 0 0
2004 0 0
通算 56 27

タイトル編集

クラブ編集

個人編集

出典編集

  1. ^ a b c d e f “Roberto Baggio - Goals in International Matches” (英語). The Rec.Sport.Soccer Statistics Foundation. http://www.rsssf.com/miscellaneous/rbaggio-intlg.html 
  2. ^ “[ディ・ナターレ、通算200ゴールを達成「天国の両親に感謝する」”. www.soccer-king.jp. 2020年9月27日閲覧。
  3. ^ Buddisti Soka Gakkai. Una Sabina vi convertirà
  4. ^ “平和サミット賞:バッジョ氏、スーチーさん解放に尽力” (日本語). 毎日新聞. (2010年11月15日). http://mainichi.jp/select/wadai/news/20101115k0000e040032000c.html 2010年12月4日閲覧。 
  5. ^ a b c d e f g h i j k Roberto Baggio All goals”. www.transfermarket. 2020年9月7日閲覧。
  6. ^ Roberto Baggio 1986/87”. www.transfermarket. 2020年9月7日閲覧。
  7. ^ a b c No.347 クラブを活性化する移籍”. サッカーの話をしよう 大住良之オフィシャルアーカイブサイト (2001年1月24日). 2013年9月7日閲覧。
  8. ^ a b c d e f g h i j k l m BAGGIO VS LIPPI: THE ANATOMY OF AN UNFORGETTABLE FEUD BETWEEN TWO LEGENDS AT INTER”. thesefootballtimes.co. 2020年9月27日閲覧。
  9. ^ 15° scudetto rossonero-Il Corriere della Sera 
  10. ^ ワールドサッカーダイジェスト 1996年3月号 no.17 p.37-39
  11. ^ a b c d ワールドサッカーダイジェスト 2000年10月19日 no.85号 p.4-5
  12. ^ 週刊サッカーダイジェスト 2002年5月29日 no.623 p114-115 日本スポーツ企画出版社
  13. ^ Mondiali 1994: Italia-Norvegia 1-0-stoliedicalcio 2018年1月21日
  14. ^ : Italia-Nigeria 2-1-stoliedicalcio 2018年1月25日
  15. ^ Mondiali 1994: Italia-Bulgaria 2-1-stoliedicalcio 2018年1月25日
  16. ^ Mondiali 1994: Brasile-Italia 0-0; 3-2 d.c.r-strie dicalcio 2018年1月8日
  17. ^ Mondiali 1998: Italia-Cile 2-2-stoliedicalcio 2018年1月21日
  18. ^ Mondiali 1998: Italia-Austria 2-1-stoliedicalcio 2018年1月21日
  19. ^ Italia 1998: la traversa di Di Biagio. Del Piero o Baggio? Voto 5 in simpatia-blitzquotidiano.it 2018年1月25日
  20. ^ 田嶋幸三『これだけは知っておきたい(30) サッカーの大常識』株式会社ポプラ社、2006年、104ページ、ISBN 4-591-09115-5
  21. ^ “第11回 ロベルト・バッジオ、“独占取材”の夜(後編)”. www.ninomiyasports.com. (2008年8月8日). https://www.ninomiyasports.com/archives/11279 2020年6月1日閲覧。 

関連書籍編集

  • ロベルト・バッジョ 著/片野道郎 訳「ロベルト・バッジョ自伝 天の扉」 2002年4月 潮出版社
  • ロベルト・バッジョ 著/片野道郎 訳「ロベルト・バッジョ自伝II 夢の続き」 2003年4月 潮出版社

関連作品編集

  • ビデオ 「21世紀へ 栄光のゴール」 1999年11月 シナノ企画
  • ビデオ 「ロベルト・バッジョ」 2004年1月 シナノ企画