ロベン・フォード

ロベン・フォードRobben Ford1951年12月16日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州出身のブルースロックジャズフュージョン・ギタリスト。

ロベン・フォード
Robben Ford
Robben Ford.jpg
ロベン・フォード(2007年)
基本情報
出生名 Robben Lee Ford
生誕 (1951-12-16) 1951年12月16日(69歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カリフォルニア州ウッドレイク
ジャンル ブルースジャズフュージョン
職業 ギタリスト作曲家
担当楽器 ギター
活動期間 1969年 -
レーベル MCAワーナー・ブラザース・レコードブルー・サムコンコード・レコード
共同作業者 マイルス・デイヴィスイエロージャケッツチック・コリア
公式サイト www.robbenford.com
モントルーでのマイルス・デイヴィスとロベン・フォード(1986年)

略歴編集

カリフォルニア州ウッドレイクに生まれ、ウキアで育つ。10歳の時サックスを始め、13歳の時にギターを手にした。彼の兄弟マーク(マウスハープ)、パトリック(ドラム)と、父を讃え「チャールズ・フォード・バンド」の名で活動し始めた。

18歳の時にバンドはチャーリー・マッスルホワイトのギグを得てプロの活躍をし始める。また、アルバム『The Charles Ford Band』と、後にアルバム『Discovering the Blues』となる録音も1972年に経験した。その後はジミー・ウィザースプーンや、トム・スコットのL.A.エクスプレス、ジョージ・ハリスンジョニ・ミッチェルのツアーにも参加した。トムから離れた後、アルバム『ギターに愛を (The Inside Story)』を収録する。このアルバムに参加したバック・ミュージシャン達は後にイエロージャケッツを結成、フォードも初期のレコーディングに参加している。

1986年には一時的にマイルス・デイヴィスとも共演する。1988年には彼のブルースのルーツに還ったアルバム『トーク・トゥ・ユア・ドーター』を発表。

以後も精力的に活動。共通したブルース・フィーリングを持つ、ラリー・カールトンとも共演。2006年には彼と共に来日公演をした。

ディスコグラフィ編集

リーダー・アルバム編集

  • 『メロウ・ムード』 - Schizophonic (1976年、LA International)
  • 『ロベン・フォード・ライヴ!』 - Live Jimmy Witherspoon & Robben Ford (1977年、LAX) ※with ジミー・ウィザースプーン
  • 『ギターに愛を』 - The Inside Story (1979年、Elektra)
  • 『Standing On The Outside』 - Standing on the Outside (1983年、Lakeside) ※カズ・マツイ・プロジェクト名義の盤もある。『ホィールズ・オブ・ラヴ (Love's A Heartache)』として再発あり
  • 『トーク・トゥ・ユア・ドーター』 - Talk to Your Daughter (1988年、Warner Bros.)
  • Minor Elegance (1989年、MGI) ※with ジョー・ディオリオ
  • 『ロベン・フォード&ザ・ブルー・ライン』 - Robben Ford & the Blue Line (1992年、Stretch)
  • Live at the Notodden Blues Festival (1992年、Blue Rock'it) ※with ジミー・ウィザースプーン
  • 『ミスティック・マイル』 - Mystic Mile (1993年、Stretch)
  • 『ハンドフル・オブ・ブルース』 - Handful of Blues (1995年、Stretch)
  • Ain't Nothin' New About the Blues (1995年、AIM) ※with ジミー・ウィザースプーン
  • Blues Connotation (1997年、ITM)
  • 『オーソライズド・ブートレッグ〜ライヴ・アット・ヨシズ』 - The Authorized Bootleg (1997年、Blue Thumb)
  • Discovering the Blues (1997年、Avenue) ※1972年録音
  • 『タイガー・ウォーク』 - Tiger Walk (1997年、Blue Thumb)
  • Sunrise (1999年、Avenue)
  • 『スーパーナチュラル』 - Supernatural (1999年、GRP)
  • A Tribute to Paul Butterfield (2001年、Blue Rock'it)
  • 『ブルー・ムーン』 - Blue Moon (2001年、Concord, 2002)
  • 『キープ・オン・ランニング』 - Keep On Running (2003年、Concord)
  • 『トゥルース』 - Truth (2007年、Concord)
  • 『ソウル・オン・テン』 - Soul on Ten (2009年、Concord)
  • 『レネゲイド・クリエイション』 - Renegade Creation (2010年、Blues Bureau) ※with マイケル・ランドウジミー・ハスリップ、ゲイリー・ノヴァック
  • 『ブレット』 - Bullet (2012年、Blues Bureau) ※レネゲイド・クリエイション名義
  • 『ブリンギング・イット・バック・ホーム』 - Bringing It Back Home (2013年、Provogue)
  • 『ア・デイ・イン・ナッシュビル』 - A Day in Nashville (2014年、Provogue)
  • 『イントゥ・ザ・サン』 - Into the Sun (2015年、Provogue)
  • 『パープル・ハウス』 - Purple House (2018年、Ear Music)
  • The Sun Room (2019年、Ear Music)

チャールズ・フォード・バンド編集

  • The Charles Ford Band (1972年、Arhoolie)
  • A Reunion (1983年、Blue Rock'it)
  • As Real As It Gets (1996年、Blue Rock'it)

ジン・チ編集

  • 『ジン・チ』 - Jing Chi (2001年、Tone Center) ※with ヴィニー・カリウタ、ジミー・ハスリップ(以下同)
  • 『ライヴ!』 - Live! (2003年、Tone Center)
  • 『3D』 - 3D (2004年、Tone Center)
  • 『スプリーモ』 - Supremo (2017年、Inakustik Quality Of Music)

外部リンク編集