メインメニューを開く

ロベール・アロンRobert Aron1898年5月25日 - 1975年4月19日)はフランスの著作家。政治や歴史に関する著作を遺した。アカデミー・フランセーズ会員。

生涯編集

イヴリーヌ県ル・ヴェジネに株式仲買人の息子として生まれる。フランス東部の古いユダヤ系ブルジョワジーの家系。コンドルセ高等中学校(Lycée Condorcet)を卒業後、第一次世界大戦末期に出征し、負傷する。

1921年(23歳)、保守派カトリックの『両世界評論』誌に寄稿を開始。文学の教授資格(アグレガシオン)を取得したが教職にはつかず、1922年、ガリマール書店に入社、ひきつづき『両世界評論』にも寄港しつつ、原稿審査員および翻訳課の責任者をつとめる。

1926年、アントナン・アルトー、ロジェ・ヴィトラック(Roger Vitrac)に協力して、アルフレッド・ジャリ劇場(Théâtre Alfred Jarry)を結成。ジャリ(1873年 - 1907年)は、前衛文学の先達である。

1930年前後、ガリマール書店が当時刊行していた映画誌『ルヴュ・デュ・シネマ』(Revue du cinéma)の主筆を勤め、1933年、社長ガストン・ガリマールの後押しで『新映画社』(La Nouvelle Société de film)を創立、ジャン・ルノワール監督の『ボヴァリー夫人』([1])を制作した(翌年公開)。

偶然に再会した高等中学校時代の友人アルノー・ダンデユーとの共著で『フランス国民の衰退』(1931)、『アメリカという癌』(1931)、『必要な革命』(1933)を出版。これらは1930年結成の人格主義団体『新秩序』(L'Ordre nouveau)において重要な理論的支柱となった。『新秩序』は1933年から1938年にかけて同名の機関誌を出版し、アロンもそこで活発に論陣を張った。

1940年、ナチス・ドイツのフランス占領が開始されるとともに、アロンはユダヤ人身分法によりガリマール書店を追われた。1941年、ボルドー近郊のキャンプに監禁され、釈放されるがパリ居住を禁止されてリヨンへ赴く。そこからさらに(当時はフランス領であった)アルジェリアへ渡る。当地ではアンリ・ジローシャルル・ド・ゴールのスタッフとなり、また、リュシー・フォーレ(Lucie Faure)らと『ラ・ネフ誌』(La Nef)を発行した。

第二次世界大戦末期に始まった連邦運動では、常に中心的な役割を果たした。

パリに戻ってからは再び著述に取り組み、1950年代には現代フランス史の研究に力を注ぐ。

1974年、アカデミー・フランセーズの会員に選出されるも、その受諾式典の5日前に急逝。77歳の誕生日を目前にしての死であった。

おもな著作編集

  • フランス国民の衰退(Décadence de la nation française)、(1931)(アルノー・ダンデュー(Arnaud Dandieu)と共著)
  • アメリカという癌(Le Cancer américain)、(1931)(アルノー・ダンデューと共著)
  • 必要な革命(La Révolution nécessaire)、(1933)(アルノー・ダンデューと共著)
  • 自由の独裁(Dictature de la liberté)、(1935)
  • 永劫回帰(Retour à l'Eternel)、(1946)
  • 連邦主義の原理(Principes du Fédéralisme)、(1948)(アレクサンドル・マルク(Alexandre Marc)と共著)
  • 無の国境線(Les Frontaliers du Néant)、(1949)
  • ヴィシーの歴史(Histoire de Vichy)、(1954)(ジョルジェット・エルジェ(Georgette Elgey)と共著)
  • 私が信じること(Ce que je crois)、(1955)
  • 解放の歴史(Histoire de la libération)、(1959)
  • キリストから呼ばれた歳月(Les Années obscures de Jésus)、(1960)
  • 根元の神、シナイへの旅より(Le Dieu des origines, des cavernes au Sinaï)、(1964)
  • 現代史大全(Les grands dossiers de l'histoire contemporaine)(1962 - 1964)
  • マルクス主義と対峙するフランス社会主義(Le Socialisme Français face au marxisme)、(1971)
  • 浄化の歴史(Histoire de l'épuration)
    • 第1巻:1942年11月 - 1944年9月、殺戮への寛容(De l'indulgence aux massacres)、(1967)
    • 第2巻:1944年9月 - 1949年6月、地下の牢獄から除外裁判所へ(Des prisons clandestines aux tribunaux d'exception)、(1969)
    • 第3巻上:1944年 - 1953年の、事件の世界(Le monde des affaires)、(1974)
    • 第3巻下:1944年 - 1953年の、出版、芸術、文学等の世界(Le monde de la presse, des arts, des lettres....)、(1975)
  • 反方法叙説(Discours contre la Méthode)、(1974)、(アルノー・ダンディユー序文)
  • ユダヤ教 - 過去と未来(Le Judaïsme, Hier-Demain)、(1977)(ヴィクトル・マルカ(Victor Malka)、アンドレ・ネー(André Neher)と共著)(没後の出版)

訳書編集

  • 内田 樹訳、ユダヤ教 - 過去と未来(共著)、ヨルダン社(1998)ISBN 9784842802589

関連項目編集

出典編集

  • フランス語版、および、英語版ウィキペディアの当該ページ
  • ピエール・アスリーヌ著、天野恒雄訳:ガストン・ガリマール、みすず書房(1986) ISBN 9784622018032

外部リンク編集