ロベール1世 (ブルゴーニュ公)

ロベール1世 老公フランス語Robert Ier, 1011年 - 1076年3月21日)は、ブルゴーニュ公(在位:1032年 - 1076年)。フランス王ロベール2世の息子で、アンリ1世の弟。

ロベール1世
Robert Ier
ブルゴーニュ公
Robert le Vieux.jpg
在位 1032年 - 1076年

出生 1011年
死去 1076年3月21日
フランス王国
ブルゴーニュ公国、フルーレ=シュル=ウシュ
配偶者 エリー・ド・スミュール
  エルマンガルド・ダンジュー
子女 エリー・ド・スミュールとの子
ユーグ
アンリ
ロベール
シモン
コンスタンス
エルマンガルド・ダンジューとの子
イルデガルド
家名 ブルゴーニュ家
父親 フランス王ロベール2世
母親 コンスタンス・ダルル
テンプレートを表示

生涯編集

1030年に、母コンスタンス・ダルルに押され、兄のアンリ1世と共に彼らの父王ロベール2世に対して反逆を起こし、アンリはドルーの城を、ロベールはボーヌアヴァロンを略取した。

2人はディジョンにあるサン=ベニーユ修道院のギヨーム・ド・ボルピアーノの命での扇動で父と和解した。

その翌年の1031年に父ロベール2世が死去した後、新王アンリ1世に対する反乱が起きた。ロベールは母コンスタンス・ダルルの援助[1]を受けてこれに加担したが、兄王からブルゴーニュ公国を与えられて講和を結んだ。暴力的で気性が激しい性格で知られていた[2]

ブルゴーニュ公国治世中のロベールは家臣を取り締まれない強盗騎士でしかなく、自分の領地の、特に教会をよく荒らし、オータン主教区の所得とディジョン司教座聖堂参事会からワインを奪うなどの略奪をしていた他、オセールのサンジェルマン修道院にも荒らしに入った。

ロベール1世は1033年頃に又従妹に当たるエリー・ド・スミュールスミュール家 ダルマス1世の長女)(1016年 - 1055年以降4月22日)と結婚し、4男1女をもうけた。

しかし、1048年にロベール1世は妻エリーとは近親結婚であることを教会に主張し離婚し、必然的にエリーの実家であるスミュール家との関係が悪化した。

晩餐会でロベール1世はダルマス1世と喧嘩になり、それに介入したダルマス1世の四男でエリーの弟ジョスラン・ド・スミュール共々、双方怒りに任せて殺害した、もしくはオセールのサンジェルマン修道院を襲撃してダルマス1世を暗殺したとされる。

この事件により、贖罪としてロベール1世はローマへの巡礼とスミュール=アン=ノーソワ教会を建設した。教会の左側の柱廊には、ロベール1世のダルマス1世殺害場面が描かれ、彫刻されたレリーフが存在する。

離婚後のエリーはマルシーニ修道院に篭り以降、歴史家によれば、名をペトロニーユと改め、尼僧として晩年まで過ごしたた数年後に亡くなっている[3]

2番目の妻も又従妹に当たるアンジューフルク3世[4]の娘でガティネ伯ジョフロワ2世Geoffroy II de Gâtinais)の未亡人エルマンガルドで、彼女との間には1女が生まれた。

ロベール1世は1076年に死去[5]し、次男アンリの長男ユーグ1世が公位を嗣いだ。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ コンスタンス・ダルルは王位を継承したアンリよりウードとロベールを可愛がっており、ロベールを王位継承者に推していた
  2. ^ “Robert Ier de Bourgogne” (フランス語). Wikipédia. (2018-01-14). https://fr.wikipedia.org/w/index.php?title=Robert_Ier_de_Bourgogne&oldid=144461929. 
  3. ^ J.リチャードは、エリーの弟によって創設されたマルシニー修道院またはボーヌにはその当時、尼僧はいなかったことから、そのどちらの修道院にもエリーは隠棲しなかったとしている。
  4. ^ 最初の妻エリーを近親婚での婚姻の無効を訴えて離婚したにもかかわらず、後妻に選んだエルマンガルドも親族であったため、教会から非難された
  5. ^ フルーレ=シュル=ウシュの教会で悲惨な事故(暗殺説有)遭ったとされている
先代:
アンリ
 
ブルゴーニュ公
1032年 - 1076年
次代:
ユーグ1世