メインメニューを開く

ロベール1世 老公フランス語Robert Ier, 1011年 - 1076年3月21日)は、ブルゴーニュ公(在位:1032年 - 1076年)。フランス王ロベール2世の息子で、アンリ1世の弟。

ロベール1世
Robert Ier
ブルゴーニュ公
Robert le Vieux.jpg
出生 1011年
死去 1076年3月21日
フランス王国
ブルゴーニュ公国、フルーレ=シュル=ウシュ
配偶者 エリー・ド・スミュール
  エルマンガルド・ダンジュー
子女 エリー・ド・スミュールとの子
ユーグ
アンリ
ロベール
シモン
コンスタンス
エルマンガルド・ダンジューとの子
イルデガルド
父親 フランス王ロベール2世
母親 コンスタンス・ダルル
テンプレートを表示

生涯編集

1031年に父ロベール2世が死去した後、新王アンリ1世に対する反乱が起きた。ロベールは母コンスタンス・ダルルの援助を受けてこれに加担したが、兄王からブルゴーニュ公国を与えられて講和を結んだ。暴力的で気性が激しい性格で知られていた[1]

ロベール1世は1033年頃に又従妹に当たるエリー・ド・スミュールスミュール家 ダルマス1世の長女)(1016年 - 1055年以降4月22日)と結婚し、4男1女をもうけた。

しかし1048年に義父ダルマス1世と晩餐会で喧嘩になり、介入したダルマス1世の四男でエリーの弟ジョスラン・ド・スミュールを双方怒りに任せて殺害したとされる。エリーとは近親結婚であることを教会に主張し1055年に離婚。離婚後のエリーはマルシーニ修道院に篭り以降は尼僧として晩年まで過ごしたと伝えられている。

2番目の妻も又従妹に当たるアンジューフルク3世[2]の娘でガティネ伯ジョフロワ2世Geoffroy II de Gâtinais)の未亡人エルマンガルドで、彼女との間には1女が生まれた。

ロベール1世は1076年に死去[3]し、次男アンリの長男ユーグ1世が公位を嗣いだ。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ “Robert Ier de Bourgogne” (フランス語). Wikipédia. (2018-01-14). https://fr.wikipedia.org/w/index.php?title=Robert_Ier_de_Bourgogne&oldid=144461929. 
  2. ^ 最初の妻エリーを近親婚での婚姻の無効を訴えて離婚したにもかかわらず、後妻に選んだエルマンガルドも親族であったため、教会から非難された
  3. ^ フルーレ=シュル=ウシュの教会で悲惨な事故に遭ったとされている
先代:
アンリ
 
ブルゴーニュ公
1032年 - 1076年
次代:
ユーグ1世