ロベール2世 (ブルゴーニュ公)

ロベール2世Robert II, 1248年 - 1306年3月21日)は、ブルゴーニュ公(在位:1271年 - 1306年)。ユーグ4世とその妃であったドルー伯ロベール3世の娘ヨランド・ド・ドルーの三男。

ロベール2世
Robert II
ブルゴーニュ公
Robert II of Burgundy.jpg
ロベール2世のシール
在位 1271年 - 1306年

出生 1248年
死去 1306年3月21日
Flag of France (XII-XIII).svg フランス王国ヴェルノン
配偶者 アニェス・ド・フランス
子女 ユーグ5世
ブランシュ
マルグリット
ジャンヌ
ウード4世
ルイ
マリー
ロベール
家名 ブルゴーニュ家
父親 ブルゴーニュ公ユーグ4世
母親 ヨランド・ド・ドルー
テンプレートを表示

生涯編集

ユーグ4世よりも先に2人の兄が没していたため、1271年に父の死去により公位を嗣いだ。

1279年フランスルイ9世の末娘アニェスと結婚し、4男4女をもうけた。息子たちへ領土を分配し、娘に対しても結婚持参金として与えたため、ブルゴーニュ公の領地は減少した。

ロベール2世はロベール1世の命日である3月21日に死去した。公位は長男のユーグ5世が嗣いだ。

先代:
ユーグ4世
ブルゴーニュ公
1271年 - 1306年
次代:
ユーグ5世