メインメニューを開く

ロペ・デ・ベガ

LopedeVega.jpg

ロペ・デ・ベガ(Lope de Vega, 1562年11月25日 - 1635年8月27日)はスペイン劇作家詩人。本名はフェリクス・ロペ・デ・ベガ・イ・カルピオ (Félix Lope de Vega y Carpio)。1,500から2,500の戯曲を書いたといわれるが、現在まで残っているのは425である。スペイン黄金世紀演劇を代表する劇作家である。

生涯編集

マドリードで生まれたベガは、子供のころからその類まれな才能の片鱗を見せ始めた。父のフェリクス・デ・ベガ・カルピオは刺繍職人、母のフランシスカ・フェルナンデス・フロレスは5人兄弟の3番目であった。5歳の時にはスペイン語ラテン語を読み、12歳で4幕の戯曲を書いたという。

マドリードのイエズス会の学院に学び、イエズス会劇に影響を受けた。アルカラ・デ・エナーレス大学に進学して1582年まで学んでいるが、修了していない。現存する最初の戯曲『ガルシラソの偉業』は、1579年に書かれている。

1583年、20歳になったばかりのベガは、女優ですでに人妻であったエレナ・オソリナと恋に落ちる。オソリナは、当時ベガが台本を書いていた劇団の座長の娘であった。ベガは恋の対象を作品中に登場させるのを常とし、オソリナはフィリスという名でロマンセの中に現れ、晩年の『ラ・ドロアテ』では主人公ドロアテとして若き日の美貌を伝えている。

17世紀に入る頃にはスペイン最高の劇作家として認知され、その作品は王家や貴族から庶民に至るまで、広く愛された。

作品編集

その他編集